ブログ検索

ブログ検索

簡単ダイエット方法 短期間 食事の雑学

タバコを止めると太る!?理由を知れば納得

更新日:

タバコを止めたら太ったという人が多い

僕自身、タバコを吸った事がないからピンとこないが様々な理由があるそうです。

 

 

今までと同じ食生活でも太るとか妙にご飯を食べてしまうなど禁煙すると太ってしまう理由について検証してみよう。

 

 

 

タバコは胃腸の働きを妨げる。

 

タバコを止めると胃腸の動きが活発になって今まで栄養を上手く吸収できてなかったが上手く吸収できるようになるので太る。
タバコが胃腸に与える影響はまだあって

胃・十二指腸潰瘍になるリスクがタバコを吸わない人の約2倍もある。

 

タバコは血管を細くする作用があり、それによって胃腸へ十分な栄養や酸素が送られていない場合は胃腸の動きが鈍くなる。

そうなれば自然と吸収できない栄養というのも出てくる。

 

 

禁煙する事で自然と血流が戻り、胃腸に十分な栄養と酸素が送られるようになれば当然、栄養が効率よく得られるから太る。

今までと同じように食べていても太るのはそのため。

 

 

タバコと逆流性食道炎

 

タバコを吸うと胃腸に煙が入る。

一酸化炭素も胃腸に入り結果、余計な胃酸が分泌され逆流性食道炎になりやすい。

逆流性食道炎になるとたくさん食べると胃もたれ、胸焼けするからたくさん食べれない。
味覚や嗅覚の能力低下

 

逆流性食道炎は結構、苦しい常に胸焼けしているような感じになるので思い切り食べられない

禁煙する事で逆流性食道炎が治ったため食べる量が増えた、だから太る。

 

タバコのニコチンやタールが味覚を狂わせる

タバコのニコチンやタールが口の中にこびりつき味覚を狂わせる。

人によっては「タバコは一回吸った事があるけど、タバコを吸うと飯が不味くなるから吸わない」

という人もいるくらいだ

 

 

味来についたニコチンやタールが取り除かれ味覚が鋭敏になると自然とご飯が美味しくなる。

美味しいご飯だと自然とたくさん食べてしまうというわけです。

 

 

まとめ

タバコを吸う人は胃腸の調子が悪く、たくさん食べると胸焼けしやすい、味覚と嗅覚が低下してるからご飯が美味しくない。
タバコを止めると胃腸の動きが活発化して胃酸が余計に分泌されないから逆流性食道炎も治り胸焼けしない、舌や鼻の粘膜からニコチンやタールが剥がれ味覚と嗅覚が元に戻る。
これって健康になったからご飯がいっぱい食べれるためタバコを止めると太るという結論になる。

 

いろいろ書いたけど一個一個詳しく書いてくと太って当たり前という感じ。
タバコを止めた後に食欲をコントロールできるかが太らないコツ。
タバコって害が大きいな(−_−;)

胃腸とか食道、舌、鼻全部に影響あるじゃん。

 

タバコ止めると太るのは健康になってご飯が美味しいから!

百害あって一利なしとはまさにこの事ですね。

 

ではでは(^○^)ノシ


-簡単ダイエット方法 短期間, 食事の雑学
-, ,