身だしなみ

中学生男子によるシェービングクリームの選び方とは?

更新日:

髭剃りを始めたばかりの中学生男子の悩みは髭剃りが上手くできなかったりニキビが潰れたり、カミソリ負けとかですよね。

シェービングクリームの選び方で大分変わってきます。

 

 

 

・ジェルは避けよう

シェービングジェルは深く剃ってしまいがち、カミソリ負けの原因になるので避けよう!

シェービングジェルは潤滑性が高く、カミソリの動きがより滑らかになります。

 

 

ジェルはどちらかと言うとしっかり深剃りしたい人向け

まだヒゲの生え始めた中学生のヒゲには合わない。

 

 

 

・シェービングクリームは刺激弱めで

シェービングクリームもいろいろあって合うもの合わないものがあるのでいろいろ試してみよう。

 

 

 

まだヒゲも薄く肌も弱い中学生なら刺激の弱い成分のものを選ぶべき。

低刺激のシェービングクリームがオススメ。

シェービングクリームがないからと言って石けんはNG

 

 

 

石けんを使うと弱酸性の肌がアルカリ性に傾き刺激を受けやすくなる。
そこにカミソリをあてれば傷がつくのは当たり前です。

後、カミソリの切れ味がわるくなったりするので使わない方が良いですよ。

 

 

 

ニキビは避けよう

 

ニキビがある場合はそこは避けて髭剃りをしよう。

シェービングクリームもつけずにニキビは触らない。

ニキビの上をカミソリが通ればニキビは潰れてしまう。

そうしないためにもニキビは触らない。

 

 

中学生くらいなら1ヶ月〜2ヶ月髭剃り剃らなくてもヒゲが目立たないから早く治してしまおう。

大人になると毎日剃らなきゃいけないくらいヒゲが濃くなるけど

中学生なら大丈夫だ!

 

 

 

話がずれた閑話休題

シェービングクリームはなるべく天然成分のものを使うといいですよ。

値段が高いのが玉に瑕だけど

 

 

 

後、アフターシェイプローションは忘れずにつけよう。

10年〜20年後の肌が変わりますよ

 

 

まとめ

・シェービングジェルよりシェービングクリームを使う

・石けんで髭剃りはNG

・ニキビがあるところヒゲ剃らない

・髭剃り後のローションは必須!

 

ではでは(^○^)ノシ

 

-身だしなみ
-