食事の雑学

ハロウィンのならではのお菓子は気持ち悪い

ハロウィンと言えば

トリックオアトリート!

 

 

お菓子くれないとイタズラしちゃうぞ!
という

なんとも微笑ましいものですが

仮装した子供たちは可愛いのですが
はっきり言ってハロウィンのお菓子は怖いです。

 

 

眼玉にみせかけたマシュマロをゼリーに浮かべたり。

指の形のクッキーをリアルに作ったり

 

 


 

 

見た目がグロい

 

味は普通のクッキーだったり飴なのですが

正直、もらった飴が眼玉だったら引くな
((((;゚Д゚)))))))

動画で一例をまとめてみた

これはひどいな〜

歯と歯茎のケーキとか眼玉のジェリーは
怖いただあんまりクオリティは高くないな

 

この前見た幼虫グミの方がよっぽど怖い

 

何故、ハロウィンでお菓子を配るのか?

日本で言うところの厄除けなんだそうです。

子供たちがお化けに扮してもらい、お菓子を差し出す代わりに帰ってもらう。

つまり、災いを避けたという事になります。

 

 

そういう意味があるそうです。

「Trick or Treat」は直訳すると【いたずらかお菓子か】になります。

 

お菓子を渡してお化け、良くないものに帰ってもらうというのはなんだかメルヘン。

 

ハロウィン自体はケルトの年末に行われるお祭りが由来

年末に厄払いしよう的な感じだと思います。

 

 

 


 

ハロウィン独特のお菓子はホラーテイストなのか?

魔女の指クッキー、脳ミソパンナコッタ、目玉のキャンディ

 

欧米ではハロウィンに気持ち悪いお菓子を作る風習があるみたい

シャレみたいなものなのかな〜

気持ち悪いから食べたくないけど

 

フィンガークッキーとか目玉のゼリーとかはやっぱり悪霊よけなのでしょうかね?

ジャックオーランタンは悪霊よけみたいですがこれもそういう事なのでしょう。

日本じゃジャックオーランタンの形をしたクッキーくらいしかないから新鮮な感じがしますね。

 

 

おばけに似合うお菓子を渡しているのかそれともおばけに対して仕返しをしているのか

そのあたりは良く分かりませんが作っている方はすごくノリノリでこういうの作るんだろうな

 

 

お菓子作りがスキな人しか作らないだろうし

 

ではでは(^○^)ノシ

この記事もおすすめ

人工甘味料は危険!デトックスしよう

 

行者にんにくの見分け方!イヌサフランと間違えて食べて死亡するぞ!

 

 

 


 

 

 

 

 

-食事の雑学
-, ,

© 2020 トリビアとノウハウノート