個人のSNS活用法

知らない間に個人情報流出!SNSは超危険?

SNSで知らず知らずのうちに情報流出が起きているかもしれません。

個人情報が抜かれているかもしれません。

家族構成やどこに住んでいるのか?所属している団体などなど

 

 

うっかりSNSで公開してしまい後悔してしまう事があるかもしれません。

ネットという電子の海から何年も前に投稿して忘れてしまったものですらサルベージが可能。

 

なので自分の情報を守る心構えが大切。

 

 

SNSから無意識に情報流出

gmailのパスワードや流出や
ベネッセの個人情報流出事件などがあったので書いてみた

知らない間に情報が流出しているSNSとかいたけど

 

 

 

本当は無自覚なまま情報を流出させている場合が多い。

例えばこんな感じで

 

 

 

これで中の人が東海道線に乗っていることが分かります

 

 

 

 

 

 

 

このツイートで子供を預かる仕事をしていることがわかる。

品川駅周辺の職場で保育園、幼稚園、または小学校など

その辺が職場だとわかります。

 

 

こういツイートを漁ればかなりの情報が手に入ります。

Facebookでもおなじです。

むしろFacebookの方が文書が長いからよりたくさんの情報が手に入ります。

女性の方は気をつけてくださいね。

 

ストーカーが舌舐めずりするような情報がSNSにある場合もあるのです。

 

 

個人情報の流出が怖いというのならどこまでの情報を公開するのか

自分で線引きしておくべきです。

人によっては個人名とかを呟いていたり、職場の具体的な場所をツイートしてしまったりしている。

 

 

これは大変に危険です。

SNSをする上で心構えをキチンと持って遊ぶようにしないと危ない。

 

 

 

 

 

SNSで情報を抜かれないためには?

 

SNSで情報をスッパ抜かれないようにするには。

  1. 日常の投稿記事で地名や駅名はださない。
  2. フォロワーを厳選しておく。
  3. 職場(仕事)関係のことは書かない。
  4. 顔写真を公開しない。

 

 

1、日常の投稿記事で地名や駅名はださない。

普段から遊びに行く場所や職場のある駅名、地名なんかを出すのは危ない

行動範囲が広くてたまにしか行かない場所ならともかく、頻繁に同じ駅名や地名を出すのは行動範囲が知られてしまう。

 

 

例えば、渋谷に来た、109で買い物とかそういうツイートを頻繁にしていると危ない。

地名や駅名が出る日を分析すれば大体の行動範囲や休日の行動パターンが見抜かれてしまう。

 

 

なので地名や駅名は書かないようにしましょう。

普通に買い物したとかそういうツイートなら場所や行動範囲を悟られる事もありません。

 

 

2、フォロワーを厳選しておく。

リアルの知り合いだけをフォローしたTwitterとか逆にリアルな知り合いは絶対にいれないTwitterアカウントなど

 

誰に対して情報を公開するのかをきちんと決めておく。

基本的にはリアルな知り合いとのやり取りはダイレクトメッセージでいいと思います。

不特定多数に情報を公開するのだからどういう人物に対して情報を発信するのかをきちんと把握しておいて

 

 

場合によってはブロックをしておくことが大事。

リアルの知り合いだけをフォローするなら鍵垢を使いましょう。

 

 

友達とか家族間での小さなコミュニティとして使うなら鍵垢は必須。

 

3、職場(仕事)関係のことは書かない。

 

あんまり細かく職場の事を投稿しない。

ついつい愚痴を書きたくなる事がありますが業務内容とかならまだしも個人名とか取引先の事を書くのは職場の機密に関わる事だったりする場合もある。

 

 

ストーカーとか変質者にバレるとやばいってのもあるし会社にバレた場合もトラブルになる。

なのでレストランに芸能人がお忍びデートをしていてもつぶやいてはいけない。

 

 

確かに共有したい情報であるけど、自分がどこに勤めているか知られてしまうリスク、会社からのペナルティを考えたらやらない方がいい

 

仕事でのやり取りなんかは企業秘密に触れていないかをきちんと確認しましょう。

 

 

 

4.顔写真を公開しない。

 

Facebookだと顔写真が必須らしいのだけど、殆どの人が自分以外の顔だからな

むしろ写メのアイコンの方が珍しい気がする。

これは僕がフォローしている人がそうってだけか?

 

 

こんな感じでSNSは情報を公開してしまうことがある。

逆に大震災の時は生存確認ができて便利なんだけどね。

 

 

顔写真というのは思っている以上に鍵になる情報。

例えば顔写真を公開している事によって駅名や学校などが分かってしまった時点で個人の特定が出来てしまう。

 

 

〇〇駅、制服は~〇〇高校、顔写真、ここまで揃うと後は最寄り駅で張り込むだけで個人を特定する事は可能だと思います。

 

調査には根気と手間暇がかかるけど、個人を特定するのはわけない。

 

 

世の中にはそういう手間を惜しまない暇人がそれなりにいる事を忘れてはいけません。

 

 

 

まとめ

SNSで発信している情報、投稿や写真から個人情報が流出して個人を特定されてしまう可能性はあります。

 

なのでSNSやブログにアップする内容は厳選した方がいいです。

少なくと普段から活動する場所の固有名詞を投稿するのはアウト

 

 

ではでは(^○^)ノシ

 

 

 

-個人のSNS活用法

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.