面白いネタ

夏の雑学、体調管理に関する8記事まとめ

更新日:

夏の雑学を紹介した記事をまとめました。

暑さをしのぐ豆知識や意外と知らないような豆知識をまとめました。

 

 

夏はとにかく気をつけないと割と簡単に死にかけるのでご注意あれ

そんな最悪の自体を防ぐ雑学を用意しました。

 

 

夏を快適に過ごす雑学を紹介していきます。

 




 

1、暑さに強い人になるにはどうすればいい?エアコンに頼っていると夏バテするぞ!

暑さに強い人になるにはどうすればいいか?昨日、クソ暑いお昼頃に10km程、歩いたけど驚く程汗をかかない。

イメージでは汗が目に入る、シャツがずぶ濡れになるくらい汗かくと思ったけどそうでもなかった。

全体的に薄っすら汗をかく程度で風もあったからそこまで暑いと感じなかった。 自分は暑さに強い体質だったのかと感心してしまった。

 

 

暑さに強い人、弱い人がいるけどそれは汗をかく機能がどれだけ鍛えられているか?

汗をかく事で体温調節が出来ているかという部分になる。

軽い運動を心がけて定期的に汗をかく生活習慣が大事。

全く汗をかかないと汗腺が衰えてしまう。

 

 

暑さに強い人は30℃前後の気温なら普通に歩くだけならダラダラと汗をかかない。

薄っすら汗をかく、シャツの背中が少し濡れる程度には汗をかく。

皮膚の表面を濡らす事で気化熱を発生させて体を冷やしている。

 

 

記事を読む

 

 

 

2,夏バテを回避できる?3つ原因と対策!

これから夏になるという時期、怖いのが夏バテ

体がだるくなったり、疲れが取れず食欲もない状態で

7~8月を過ごすのは、はっきり言ってリスクが高い。

 

 

夏バテは自律神経が乱れたりして他の病気になる可能性もある。

そんな夏バテから身を守るには原因を知りしっかりと対策しておこう。

 

 

学生くらいの年齢なら調子が悪いで済むけど体力がない中年や高齢者は倦怠感が長引いてしまうかもしれないし

最悪、死んでしまうかもしれない病気です。

 

 

記事を読む

 

 

 

3、【夏に多い!?】水中毒の原因と症状にありがちな事

水中毒とは水を大量に摂取する事で余分な水分が身体に溜まってしまい血液が薄くなってしまう症状の事

血液に含まれるナトリウムが薄くなってしまうとさまざな症状が出て最悪、死んでしまう。

水中毒の症状

血液中のナトリウムイオン濃度の低下に伴い以下の症状が生じる。
130mEq/L - 軽度の疲労感
120mEq/L - 頭痛、嘔吐、精神症状
110mEq/L - 性格変化や痙攣、昏睡
100mEq/L - 神経の伝達が阻害され呼吸困難などで死亡

 

 

記事を読む

 

 

 

4、夏の汗荒れに注意!男性も人ごとじゃない?

めざましテレビで紹介された

汗が原因で肌荒れになることを言います。

女性はもちろん気を使うと思いますが
男性、特にブルーワーカの人は汗をかく
と思います。

 

 

汗に含まれる塩分が肌に悪い影響を与えて痒みや痛みがでます。

肌に気を使わないと汗荒れで痛みや痒みで大変ですよ!

 

汗をかく季節は肌にもダメージが入りやすいので気をつける必要がありますね。

 

 

肌のケアが大切になるという事です。

 

 

記事を読む

 

 

 

5、夏の怖い病気、夏血栓

夏休みも本番の8月に入ります。

コミックマーケット(コミケ)や夏フェスなどイベントも多い。

そこで気をつけないといけないのが

熱中症や日射病、脱水症状なんかは有名だけど

夏血栓は知られてない。

 

 

血栓っていうのは血の塊が血管に貼り付いて血管を塞いでしまうことだ。

血栓ができる条件は

糖尿病や高血圧で血管が傷ついている時

車や電車、飛行機などに乗るときずっと同じ体勢をしている、血栓ができる。

 

 

記事を読む

 

 

 



 

 

6、夏の公害!光化学スモッグ

光化学スモッグは工場・自動車の排気ガスに含まれる窒素酸化物や揮発性有機化合物(VOC)です。

これらの物質は、太陽光(紫外線)を受けることで光化学オキシダントという汚染物質に変わります。

この光化学オキシダントが大気中に蓄積されて光化学スモッグが発生するんですが、発生しやすい条件としては

、原因物質である窒素酸化物やVOCの濃度が高いこと、気温が高いこと、風が弱いこと(拡散して薄まりにくいため)の3つが挙げられます」

 

主な症状として目の痛み、喉の痛みがあります。

その他にもめまいやまれですが、重症化すると呼吸困難や嘔吐、頭痛や意識障害などの症状を引き起こすことがあると報告されています。

 

 

 

記事を読む

 

 

 

7、夏日と真夏日と猛暑日、酷暑日の違い!どれが一番暑いの?

夏日と真夏日、そして猛暑日と酷暑日、熱帯夜ってどういう定義なのか調べていきたいと思います。

2014年5月25日今日は全国的に真夏日のところがあるそうです。

5月で真夏日ってちょっときついな

 

 

あまりの暑さに頭がおかしくなってしまいそう。

 

別に麻薬とか覚せい剤を使わなくてもラリってしまう暑さですね~

ASKAって覚せい剤使用認めたらしいけど逮捕されたのかな?

 

 

関係ない話をしてしまいました。

 

 

 

記事を読む

 

 

8、暑い国や地域の料理はなぜ辛い物が多いのか?

中華料理や東南アジア、インドなど辛い料理が好まれて食べられてます。
なんで暑い国の人は辛い物を食べるのか?

暑い国で辛い物が好まれる、正確には暑くて湿気のある国では好まれている。
砂漠があるようなカラッとした暑さの国ではそんなに辛い料理があるイメージはない。

 

 

辛い料理でも日本人が絶叫悶絶するような辛さはない。
なぜ、湿気の多くて暑い国は辛い料理が多いのか?

 

 

記事を読む

 

 




 

 



-面白いネタ
-