スポンサーリンク
ブログ検索

面白いネタ

韓国、北朝鮮の雑学6記事まとめ

投稿日:

やっかいな隣国、韓国、北朝鮮の雑学を記事としてまとめました。

割と一般的な事しか書いていないけど

こうやってまとめるといろいろな事が分かります。

 

 

韓国、北朝鮮、在日朝鮮人に関する記事をいろいろまとめたのでぜひ、読んでください

 

 


スポンサーリンク

 

1、韓国が慰安婦問題でしつこいけど、日本の対応はどうすべき?

2015年に慰安婦日韓合意をしたのに政権が変わった2年後には慰安婦合意は不当だから破棄!

などと訳の分からない、妄言を吐いておるわけですが

基本的に国際条約というのは簡単に破棄できないのが普通。

 

 

 

本来であれば革命が起きても国際条約というのは守られる。

それくらい、絶対的なもの更に言えば

慰安婦日韓合意の文言には最終的かつ不可逆的に解決したと書かれている。

 

 

記事を読む

 

 

2、従軍慰安婦問題とは わかりやすく解説?冷静に考えたらおかしい事がよくわかる

従軍慰安婦についての話を書こうと思います。

正直、こういう問題って人種差別的な話になってしまう気がしてあまり取り上げると

一部、反発がありそうですが今回は従軍慰安婦の矛盾点をついて真実を炙りだしていこうと思います。

 

 

@kesuikemayakuはこの問題を韓国のウソだと思っています、

というのも一貫性のない主張や元々が日本の作家が書いた本がきっかけで世間に知られるようになった問題だからです。

 

 

韓国の主張では第二次世界大戦中に日本軍が朝鮮人女性を拉致、連行し性奴隷のように扱っていた。

20世紀という時代に古代の時代にあったような野蛮な事をしていた、まるでどこかのエロゲーみたいだ。

そんな主張をしている韓国ではあるけど冷静に考えれば矛盾がある。

 

 

 

記事を読む

 

 

 

3、韓国がベトナムでの戦争犯罪について訴えられる 混血児ライダイハンに謝罪するのか?

韓国がベトナム戦争時に行ったと言われる乱行、虐殺と強姦

ベトナム女性を拉致、強制的に従軍慰安婦にしていました。

その結果生まれたのがライダイハンです。

「軽蔑(ライ)+大韓民国(タイハン)」

 

その事についてベトナムの人権団体に訴えられたそうです。

ベトナム人も日本を悪ものにした慰安婦問題を積極的にアピールしている事が

許せなくなってきたのだと思います。

 

ベトナム戦争時の資料をみればお前らに被害者面する権利はないと思うはずです。

韓国人が日本の従軍慰安婦問題を槍玉にあげるときにこんな事をされたとか

ひどい目にあったという証言はこのライダイハン問題に比べればぬるいとさえ言えます。

 

 

記事を読む

 

 

スポンサーリンク

 

4、【考察】北朝鮮はなぜミサイルを打つのか?⇒貧乏な独裁国家だから?

北朝鮮がミサイル開発をし発射実験を繰り返すのか

それは北朝鮮が貧乏であるからです。

これは僕の考えですが貧乏で独裁的な国ほど侵略戦争をしたがる。

 

 

北朝鮮は社会主義国で独裁国家です。

金正恩をトップにした政府がありその下で国民は暮らしています。

北朝鮮の暮らしは厳しく、経済的にもきついし弾圧もされているらしい。

 

 

そんな国だからこそ脱北者が後を絶たない。

脱北者というのは北朝鮮を捨てて亡命してくる人たち。

これがかなり多い。

 

 

記事を読む

 

 

5、朝鮮飲みのソースが美味しんぼしかないからデマ!ちょっと調べてみたよ

つTwitterで流れる

朝鮮飲みをしている画像だが

ソース(情報元)が美味しんぼしかないからデマだと言われてしまう。

 

実際のところどうなのよ?

ちょっと調べてみた

まずは日本の議員たちの朝鮮飲みを見てみよう!

 

 

記事を読む

 

 

6、在日特権とは廃止するべき悪習! 特権や外国人特別永住者の優遇はあるのか?

在日朝鮮人には特権があると言われています。

実際の所、特権なのか優遇なのかそういった区別をはっきりとつけていかないと

他の外国人にも迷惑がかかるし真面目に日本に溶け込もうとしている在日朝鮮人や帰化した

朝鮮人が差別されるのはあってはならない事です。

 

なので何が在日特権なのか調べてみました。

 

 

@kesuikemayakuも在日朝鮮人にはいわゆる特権が存在すると思っています。

これは戦後日本が在日朝鮮人の人たちに圧倒されてきた歴史があって朝鮮総連とか在日本大韓民国居留民団などの組織が活動しているのが現状。

別に同じ国の人たちで集まるのはいいのですが違法行為というか日本の政党を支援したりする内政干渉をしたりしています。

 

 

記事を読む

 

 

 

スポンサーリンク


-面白いネタ
-