おすすめアプリ 無料

Braveブラウザアプリの評価!分析をしてみた!ブログ運営者から見て広告を無効化するブラウザはあり?

Braveというブラウザはターゲティング広告の無効化やトラッキングの無効化してセキュリティ対策を万全にしたブラウザ。

使い心地を検証しユーザー目線、ブロガー目線で評価してみようと思います。

ブラウザや検索エンジンに多様性が出るのは喜ばしい

 

 

iPhoneユーザーの視点で調査して評価と分析をしていこうと思います。

使えるブラウザであれば乗り換えるのもやぶさかじゃない

 

 

独自の非追跡型検索エンジンを開発していたりと将来性に期待できるブラウザです。

 

 

 

 

 

Braveは快適

ぶっちゃけ広告をブロックしてBraveの広告を設置する仕組みだから

ある意味、快適だサイトによってはアホみたいに10個くらい広告がベタベタ貼ってあったりするし

それをブロックしてBraveブラウザ独自の広告を設置する仕組みのようだ。

 

 

 

その仕組みのせいか、かなりサイトの表示が速くなるし広告がないから快適なのは間違いない。

Brave Rewardsという仕組みに参加すれば仮想通貨を稼げるイーサリアムを元にBATというポイントが配られる仕組み。

一攫千金みたいな仕組みではなくポイ活に近い

 

 

 

 

他のブラウザアプリと比べて

筆者が使っているブラウザアプリと比較してもかなり出来が良い

公式ブラウザアプリのSafariと広告ブロックがウリのohajiki などとBraveを比較しても遜色ない

 

Braveはタブ方式のブラウザでログイン情報の記録も出来るからかなり快適に操作できます。

独自のニュースサイトとも連携出来ているからニュースを調べる時も便利

 

 

 

You Tubeの動画をPlaylist(プレイリスト)に追加する事が出来るのも便利

 

 

 

使い心地はSafariやohajiki と同じくらい

ただ、広告がブロックされているからサクサク見れる。

 

その代わり、サイトにとって必要不可欠なバナー広告まで消されてしまう可能性もある。

なので他のブラウザと併用して使う感じになる。

 

 

操作感がGoogle ChromeのベースとなっているChroniumというオープンソースになっているため

Google Chromeとかなり似ている。

 

なのでGoogle Chromeで広告が煩わしいけど使いにくいと思っている人にはおすすめ

 

ブロックチェーンの技術を応用?

考察するにBraveはブラウザ自体がブロックチェーンになっていて全てのアクセスを暗号化して分散管理している。

だからBraveの運営会社が個人情報を収集する必要がない。

 

 

ブラウザのネットワークが判断して広告を掲載する仕組みのようだ。

Googleは情報を集めてビックデータを元にサービスを提供するのに対して。

 

 

 

Braveはブラウザ、ソフトやアプリをインストールしてる端末をブロックチェーンで繋いでサービスを提供する形になるのではなかろうか?

仮想通貨に関してはブロックチェーンの副産物みたいな扱いでBraveの収益は広告主からになると考察できます。

 

 

 

 

ブロガー的な見解

Brave系のブラウザが主流になったらブロガーやアフィリエイターの収入が減るのでは?と思うかもしれないが

Brave Rewardsに登録してブログやYouTubeチャンネルを登録しておけば

Braveからの広告収入を得る事ができます。

 

 

 

Googleのターゲティング広告をブロックして独自の広告を表示させるスタイルはこれから増えていくと思います。

更に言えば独自の検索エンジンを採用する流れが出てきているのも面白い。

こういうブラウザ独自の検索エンジンが増える事はGoogleの一人勝ち状態よりも望ましい。

 

 

 

Brave Rewardsの登録も面倒くさいけと難しくはない

基本的にメールアドレスを登録して届いたメールの指示に従って登録完了です。

 

 

 

むしろ仮想通貨のウォレットであるbitFlyerの登録が面倒くさい、免許証で本人確認が必要だし。

ブログの登録自体はWordPressなら専用のプラグインにBraveから発行されたコードを設定画面から貼り付けて保存するだけだし。

 

 

 

2021年7月現在、Braveの広告サービスとか日本で始まっていないみたいだから先行者利益を狙う。

ターゲティング広告がブロックされるだけで楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトのアフィリエイトリンクはブロックされないし

A8.netみたいなASPの広告もブロック出来ないようになってくると思う。

 

 

20201年7月現在では消されてしまうバナーがあるのも事実だけど

 

 

Braveブラウザからの投げ銭などもあるし、Braveが収益化システムを組んでくれるだろうし

そうじゃなくても有料記事の販売などいろいろな方法がある。

 

 

アフィリエイトもバナーじゃなくてテキストリンクや画像リンクを使えば問題ない。

だからやり方次第というわけです。

 

 

 

危険性は?

危険性があるのか?と言われたら普通のブラウザと同程度には危険性があるんじゃないか?

表示速度が早くなって変な広告が無くなるだけでめっちゃ便利だと思う。

 

 

エッチなサイトでいきなり広告に飛ばすような行為も防げるし

変なマルウェアもブロックしてくれる。

 

 

大手のポータルサイトなんかを見る時は恩恵を感じないけど

個人のサイト、広告がベタベタ貼ってあって使いにくいサイトなんかを閲覧する時はむしろ安全。

 

 

個人情報に関してもブロックチェーンという技術を使っているためBraveサーバーが情報を収集するという事はない

ブラウザ自体がネットワークを作ってその中に情報がある感じ。

Braveのセキュリティの詳細

ブラウジングデータの削除
組み込み済みのパスワードマネージャー
オートフィル (フォームの自動補完)
フルスクリーンプレゼンテーションへのコンテンツアクセス制御
自動再生メディアへのサイトアクセス制御
Do Not Track(追跡拒否)リクエスト

出展:Brave | Brave Browser

 

他のブラウザアプリと比べてもセキュリティはしっかりしている感じですね。

 

 

Braveのダウンロード

 

iOS→ダウンロード

 

Android→ダウンロード

 

 

 

 

まとめ

Braveは広告をブロックし個人情報をブロックチェーンで管理する次世代のブラウザになり得る。

こういう仕組みが主流になるとGoogleよりもBrave系のブラウザを使うユーザーは増える

 

 

使いやすいし、エッチなサイトを閲覧する時なんかはかなり便利ですよ

 

ブロガーとしては他のGoogle以外の検索エンジンとブラウザが実用化されるのは喜ばしい

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

この記事もおすすめ

ohajiki の使い方!iPhoneブラウザで2021年におすすめできる最高のアプリ!

 

Documentsでファイル管理アプリをiPhoneで使いこなせ!創作活動をiPhoneで行うならダウンロードしておきたいアプリ

 

漫画が無料で読めるアプリまとめ 違法じゃない安全なサイトはこれだ

 

 

 

 

 

-おすすめアプリ 無料
-, ,

© 2021 トリビアとノウハウノート