面白いネタ

カジノとパチンコ、どちらが面白い?野党が反対する理由とは?

2020年現在、パチンコは合法の遊技場でカジノのは違法となっています。

IR法案によってカジノが合法化される流れが出来ています。

 

 

野党は反対していますが、これは与党叩きなのか既得権益を守るためなのか分かりませんが無益な事です。

パチンコとカジノを比べたら圧倒的にカジノの方が魅力的です。

 

 

パチンコとカジノの違い

パチンコは日本では遊技場となっていてパチンコ屋でパチンコ玉を景品と交換してくれます。

交換した景品を買い取ってくれる交換所がすぐ近くにあったりする。

 

 

 

パチンコ屋は三店方式と呼ばれる方法で実質的にギャンブル場となっています。

パチンコ屋でパチンコ玉を景品に交換し、交換所で換金、交換所から景品を回収する業者。

この3店がいて三店方式と呼ばれています。

 

 

 

カジノは賭博場でカジノのチップを使いゲームをします。

勝てばチップが増えます。

チップはカジノで換金できる。
なのでチップをたくさん集めたら大金が手に入る。

日本にも暴力団が経営しているような闇カジノは存在する。

 

 

 

ドレスコード

カジノにはドレスコードがあり男女共にフォーマルな格好が求められます。

地域によるけどヨーロッパでは男性はジャケットとネクタイ着用、女性はロングドレスとクラッチバッグが推奨されています。

アジアやオセアニア、アメリカなんかは比較的ドレスコードが緩くて袖付きのシャツに長ズボンなんかのカジュアルな格好でオッケーらしい。

 

 

 

イカサマ防止のために大きな手荷物、サングラスや帽子の持ち込みは禁止。

ヨーロッパ以外はラフ過ぎる格好、タンクトップに短パン、サンダルみたいな格好でなければ大丈夫。

パチンコはドレスコードがなくてどんな格好でもいい。

タンクトップに短パンで来店しもいい。

 

 

 

パチンコはつまらない。

個人的な意見ですがパチンコ、パチスロはつまらない。

そこに駆け引きや見応えみたいなのがないからです。

 

 

 

競馬であれば賭けた馬が1着になれるかどうか非常に見応えがある。

パチンコ、パチスロというのは機械を相手に淡々とゲームを遊ぶわけです。

多少の演出はあるものの椅子に座って淡々とレバーを回してパチンコ玉を穴に入れる。

 

 

 

パチスロであればひたすらコインを入れてボタンを押すだけです。

目押しという要素はあるけど面白みがない。

パチンコを扱った漫画を読んでも全く面白くない。

 

 

 

カジノのゲーム

カジノのゲームはポーカーやブラックジャック、バカラやルーレット、スロットなんかは有名。

カジノで人気があるのはバカラやブラックジャック、テキサスホールデムなんかの

対人戦ができるゲーム。

 

 

 

駆け引きや心理戦が前提にあるようなゲームが人気。

プレイヤーVSディーラーであったり、プレイヤーVSプレイヤーの戦いであったり

機械と戦うよりも面白い。

ポーカーフェイスなんて言葉があるくらい駆け引きが重要になる。

 

 

ギャンブルでなければパチンコは見向きもされない

パチンコ屋ではパチンコを遊ぶ人は多いけどゲームセンターでパチンコを遊んでいる人は殆どいない。

パチンコ台があってもスルーされてしまいます。

それはパチンコ自体が面白いのではなくお金を賭けるギャンブルだから面白いという事。

 

 

 

逆にポーカーやブラックジャックはギャンブルじゃなくても面白い。

やはり、駆け引きがあるゲームは面白いからな〜

パチンコ自体が面白いのならゲームセンターでパチンコをしている未成年もいるはずです。

それがいないというのがパチンコは面白くないという証明。

 

 

 

日本ではカジノとパチンコ、ギャンブル依存症になるのはどちらが多いか?

日本でカジノが解禁されるとギャンブル依存症が増えるみたいな話がありますが

素人の意見ではありますが増えないと思います。

カジノの場合、ドレスコードがあって気軽にはいけない。

 

 

 

きちんとした格好で場の空気を壊さないようにするのが基本です。

カジノがある場所も限定されているから気軽には遊べない。

 

 

 

パチンコの方がギャンブル依存症になる可能性は高い。

少し大きな駅前には必ずパチンコ屋があるし、ドレスコードもないから毎日、遊べる。

更に言えばカジノのカードゲームと違ってパチンコはダラダラと遊べてしまう。

 

開店から閉店までジャラジャラとパチンコが出来てしまう。

 

 

 

 

対人戦であれば駆け引きがあり一回のプレイでもそれなりに疲れる。

機械が相手となると駆け引きも何もないしスマホを弄りながらプレイ出来てしまう気軽さ。

 

 

 

どちらがギャンブル依存症になるか明白。

 

 

野党がカジノに反対するのは何故か?

はっきり言ってしまえばカジノうんぬんは建前で与党に攻撃できるからです。

そうじゃなきゃ自分たちが与党だった時に作ったIR法案に反対する意味が分からない。

 

 

ギャンブル依存症の問題や治安の悪化、リゾート施設周辺のお店に悪影響があるのではないかというあれやこれや言ってるけど

こじつけで客観的なデータはない。

 

 

きちんとデータを集めてないし、問題点は必ず調査する。

反対派からすればホテルと併設したカジノなんて24時間遊べるからギャンブル依存症に!とか言ってるけど

 

まじめは話、ポーカーやブラックジャックみたいな対人戦をしているとかなり疲れるのは明白

友達とトランプで遊んでいても駆け引き、心理戦をまじめにやったらかなり気疲れする。

 

 

何時間もぶっ続けでプレイするというのは無理がある。

 

 

まとめ

カジノが合法化されればパチンコの衰退に拍車がかかるのは目に見えています。

なんだかんだで機械に向かってダラダラと遊ぶよりはトランプを使った対人戦の方が面白い。

パチンコ自体がオワコンなんじゃなかろうか?

 

 

野党がカジノに反対する理由は与党を叩きやすいからです。

賭博というのはそれだけでネガティブな印象になるからです。

ただ、それを言うなら実質ギャンブルであるパチンコについて言及しないというのは不自然というか

 

 

マジメに国を良くするつもりはないんでしょうね。

 

ではでは(^ω^)ノシ

この記事もおすすめ

高学歴ワーキングプアとその原因とは?座る椅子の少なさと学歴の無力さ

 

 

 

-面白いネタ
-,

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.