社会問題 時事

同性婚と夫婦別姓は日本ではいらないと思う。

同性婚とか夫婦別姓についていろいろ語られているけど

日本に必要な制度とは思えない。
個人の自由がうんぬんとか言ってる夫婦別姓は論外。

 

 

同性婚については結婚という概念で語るとややこしいから家族として他人を受け入れる制度があればいい。

そもそも結婚というシステムを分かっているのか?

 

スポンサーリンク

結婚とは?

惚れた晴れたとか感情論を抜きにすると結婚というのは嫡出子を産むためのシステム。

つまり男女が結婚し子供が産まれたら一族に組み込むという仕組みです。

 

 

結婚というシステムがあるから田中家で産まれた子供は田中家の血族であるという事になります。

今ではDNA鑑定があるからすぐに分かるけど昔はそういうのがなかったし。

 

 

とにかく結婚というのはシステムとして見ると結婚関係にある男女が子供を産みやすいように支援する仕組みである。

だから配偶者控除があったり子供手当てがある。

 

 

こういう事を書くと炎上しそうですが、個々人の事情はともかく、結婚というのは子孫繁栄するために作られた制度

そして子孫繁栄で子供が増えて働き手が増える事は国にとってもメリットであるから結婚という制度がある。

 

 

同性婚はいらない。

個人的に結婚式を挙げてもいいけど、法律で保護する必要はない。

同性婚をしなきゃいけない問題というのがあまりない。

子供はどうやっても出来ないわけだから嫡出子なんか産まれないし

男同士、女同士で楽しく生活出来てしまう。

 

 

 

唯一問題なのはパートナーが大ケガとか大病を患った時に面会謝絶になったり遺産相続が出来なかったりする。

Twitterで調べた限りLGBTの方々は養子になる事で家族関係を築いているようなのだ。

法律的に家族として認められれば何の問題ないから結婚したという証明はいらない。

 

 

 

LGBTの方々は特別な支援は必要ないトランスジェンダーだけは支援が必要かもしれないけど。

他は特に法律を作ったり変えたりする必要性は感じない。

 

 

スポンサーリンク

夫婦別姓は何が問題?

結婚というのは家と家の結びつきも含まれる。

男性側の親族や女性側の親族、両者に関わっていく事になるんだけど必ず、男女どちらかが片方の家に入る事になる。

日本の場合、女性が男性の家に入る事が多いのだけど稀に男性が女性の家に入る事もある。

 

 

片方に統一した方が子供を育てる上でトラブルも少ない

 

 

例えば

田中さんと山田さんが夫婦別姓で結婚した時に子供の苗字をどうするかです。

子供の苗字は男性の苗字にするか女性の苗字にするかここで話し合いが発生する。

一人っ子なら一回だけだろうけど、2〜3人と兄弟が増えたらどうだろうか?

 

 

仮に長男は田中、次男は山田、三女は田中

みたいになったらそれはややこしいというか面倒。

 

 

子供の苗字は田中で統一すると家族で1人だけ山田がいる感じになる。

家系図を描くときに奥さんや旦那さんの苗字だけが違うというのはややこしいというか

苗字というのはどちらの家に所属しているかを表すものだから嫁入りや婿入りしたら苗字を変える。

 

 

 

戸籍も同じ苗字の人しか記載できない。

苗字を変えるというのが手っ取り早く周囲に結婚した、家族になった事を伝える方法。

 

 

 

他人から見たら夫婦別姓は結婚してるかどうか分からない、聞けば分かるだろうけど

でも初対面の男女が結婚してるかしてないかをすぐに察せられるのは苗字が同じだからです。

 

 

 

仮に親子ほど年の離れた夫婦であっても家族として認識されます。

夫婦別姓で親子ほど年の離れた夫婦だと援助交際にしか見えないし。

 

 

子供の名字に関しては男親に統一するとか決めても夫婦別姓を奨める人たちは差別だなんだと言い出しそうです。

 

 

 

苗字の選択は個人の自由?

苗字の選択は個人の自由ではないか!
とおっしゃる人もいます。

しかし、法的な名前というのは自分の意思で決められない。

自分のファーストネームは自分では変えられない。

 

 

 

変えるにしても成人してから裁判所で手続きをする必要があります。

同じようにファミリーネームも自分では変えられないのです。

変えるとしても旧姓に戻すとか父親の苗字を名乗るとか母親の苗字を名乗る事しかできません。

 

 

 

それは自分という個人が先祖代々から受け継いだ命のバトンでありその証明なのです。

夫婦別姓になるとそれが曖昧になってしまうのではと素人ながら考えてしまう。

 

 

 

田中さんと鈴木さんが結婚して産まれた田中一郎と鈴木花子がいて田中一郎と藤原美香が結婚して産まれた子供が藤原竜也、藤原竜也と結婚した花村夏菜子が産んだ子供が

藤原隼人と花村和人みたいになると完全に田中家がルーツなのに何の脈絡もなく藤原家がメインになってしまう。

 

 

こういうのを続けると自分のルーツなんて辿れなくなる。

自分の血統に外国の血が入っているとかご先祖はどこに住んでいたのかなどなど国でも管理出来なくなる。

 

 

まとめ

夫婦別姓と同性婚、同性婚に関しては別にいらないよね。

家族になりたきゃ養子縁組でいいし。

夫婦別姓は家系を滅茶苦茶にする。

 

 

自分のルーツをグチャグチャにしてしまうからダメ。

夫婦別姓は親子別姓になり子供がどちらの苗字を名乗るかで家系図や戸籍がぐちゃぐちゃになる。

 

 

将来的に苗字に意味や誇りを見いだせなくなってしまう世の中になる。

素人が分析したものだから違うかもしれないけど。

思いつきで田中さんと山田さんを結婚させてから始めたけど

 

 

田中家が簡単に消滅してしまったのは悲しい。

きちんと子孫繁栄しているのに家名が消えてしまうというのは残酷な気がしますね。

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

こちらの記事もおすすめ

日本人は合理性が嫌いというのは嘘!

 

安部山公園駅 で人身事故 5月1日今度は北九州市職員が自殺

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

-社会問題 時事
-,

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.