コンピューター (スマホ・パソコン・ゲーム)

JPGとPDFの違いとは?簡単に言えば写真と雑誌?保存するならどっち?

JPGとPDFの違いについて解説していきたいと思います。

何となく使っているけど、JPGファイルとPDFファイルってどういう違いがあるのか?

使いわけをどうしたらいいのか?悩む所です。

 

 

どうも~パソコン歴10年以上@kesuikemayakuです。

素朴な疑問だと思いますがPDFとJPGの違いについて書いていこうと思います。

個人的な事を言えばこの二つは全く別物で使いわけるのも楽チン。

 

 

スキャナーとかでJPGかPDFにするかで悩んでしまう方もこれを読めば解決です。

どちらもデータを保存する拡張子です。

JPGは高画質の画像データを保存できるし、PDFは文章や画像などのコンテンツをあらゆる環境で同じように閲覧させるための拡張子。

 

 

 

 

ちなみに写真として保存するならJPGファイル一択です。

漫画などのコンテンツを作る場合はJPGよりもPDFの方が向いています。

 

 

 

 

 

 

JPGは画像ファイル

JPGというのは画像ファイルでファイルの容量が大きくなると

画質が良くなり、ファイルの容量が小さくなると画質が粗くなる。

ファイルを小さく圧縮しても人間の目ではあまり気にならないレベルにする事もできます。

 

 

JPGは写真に最適だと言われています。

 

JPG形式は非常に「圧縮」が強力な画像形式です.

この「圧縮」は画像をデータに変換して保存した時のサイズだと思ってください.

JPGの圧縮の特徴は
肉眼で確認できないような細かい色の違いは無視する
というところにつきます。

 

虹は七色と言われていますがそれはあくまでも人間の目から見たものです。

JPGは人間が視認できない色を無視してファイル化しています。

 

パソコンは赤青緑の色を組み合わせてその3色を256段階に分けて表現できます。

しかし、そんな微妙な色まで画像にしていたらファイルも重くなるし人間から見て美しくないため

細かい色、微妙な色は無視しています。

 

 

 

-コンピューター (スマホ・パソコン・ゲーム)
-, , , , ,

© 2021 トリビアとノウハウノート