健康を保つには

デジタルデトックスをする5つ方法

更新日:

スマホやパソコンなどのデジタル端末を手放す事で「つながらない権利」を確保する事をデジタル・デトックスと言います。

プライベートの時間にも関係なく仕事のメールが来たり、だらだらとSNSの通知が来る事から解放され、自由な時間を満喫したり

 

 

 

はたまた、スマホ依存症、ノモフォビアから脱却を目指していく。

デジタル空間との関わりを断つ事で心の平穏を保つ事ができます。

 

現代人は仕事にしろ、プライベートにしろスマホやパソコンがある事で誰かと比較しながら生きています。

 

何というかニュースサイトにしろ、SNSや動画なんかもそうだけど、どうしても自分と他人を比較してしまうし、他人の成功や失敗を見て一喜一憂したり、LINEに既読をつけたらすぐに返信しなきゃとか

 

はっきり言ってわずらわしいと思ってしまう瞬間があります。

 

スマホやパソコンなどのデジタル機器から離れて1人の時間や大切な人との時間を大事にする事がデジタル・デトックス、情報という毒を抜くという事です。

 




 

1、通知を切る

LINEなど頻繁に連絡を取れるツールの通知を切ります。

メッセージを読んで返信するというのは結構、時間がかかるし、誰かと常にメッセージを送り合うというのは疲れるもの

SNSやソシャゲなど通知を切ってしまえばアプリを起動しない限り、つながらないのでおススメ

通知機能をオフにすると驚く程、スマホが静かになりますよ。

デジタル・デトックスが終わったら通知を元に戻さないと必要な連絡が遅れてしまうかもしれません。

そこは要注意

 

通知のこない、生活は通知音で集中力が乱される事がないため、快適ですよ。

@kesuikemayakuは通知音で集中力が切れてしまうタイプなので通知音が出ないようにしてます。

 

LINEとかだと通知が気になってリラックスできないからというのも理由の一つですが他人に自分の時間をちょこちょこ盗まれたくない

 

というのが大きな理由

 

 

2、電源を切る

 

スマホやパソコンなど、テレビなどの電源を全て切る。

スマホやパソコン、テレビを遮断する事で静かな空間を作る事ができる。

 

 

自分の趣味に没頭するならデジタル端末の電源を切ってしまいましょう。

パソコンなどは意外と雑音を発していてストレスを無意識に感じていたりします。

 

 

デジタル端末の発する音を遮断する事でリラックスできる空間を作ります。

 

夜中に耳を澄まして周囲の音を聞くと意外とデカい音を出してるのがパソコンのファンだったりします。

 

3、使わないサービスは削除

1ヶ月全く触らないアプリや登録したけど使わないネットサービスがあるなら退会したりアプリの削除をしましょう!

アプリを削除する事で無駄な通知がなくなるしIDやパスワードの管理に頭を悩ます事もなくなる。

 

気に入ったものだけを使いましょう。

整理整頓するとスマホが使いやすくなります。

不要なデータを削除する事もデジタル・デトックスになります。

 

 

 



 

 

4、スマホを持たずに外出する

スマホやタブレットなどのデジタル端末を持たないで外出します。

ネットの情報は便利だけど視野が狭くなりがち

目の前に広がる情報ではなくスマホ画面からしか情報を得る事ができない人にならないように

定期的に訓練をしましょう。

特にぐるなびとか食べログに頼りきりでは隠された名店を見逃すかもしれないし

自分が今、本当に食べたい情報を見逃す可能性もある。

 

 

それはスマホを使いこなせているというよりはスマホに使われている状態。

スマホを使いこなす能力を身につけるためにスマホを持ち歩かない日を作る。

矛盾するかもしれないけど、情報端末から得る情報と自分の五感で感じた情報を総合する能力が鍛えられてgood

 

 

5、スマホを持たずに旅行

スマホを持たずに一泊二日くらいの旅行をする。

ぶっちゃけカメラがあれば写真が撮れるし、ビデオ機能があれば録音や録画もできるからスマホがなくても困らない。

ツアー旅行ならネットで調べものをする事もありません。

情報を遮断する事でリフレッシュしましょう。

お子様にデジタル・デトックスさせたい場合は親がその期間だけスマホを預かるという事をしましょう。

まとめ

デジタル・デットクスの5つの方法は

通知を切る

電源を切る

不要なサービスを削除

スマホを持たずに外出

スマホを持たずに旅行

こんな感じ

ではでは(^ω^)ノシ

 




 

 



-健康を保つには
-,