銭ゲバ

ブログを100記事、書いたけど圧倒的な収入やアクセス数が得られるわけじゃない。

ブログを100記事書くという事を目標にされているブロガーさんは多いけど 実際のところ100記事書いたら稼げるという事ではない

100記事もブログ記事を書くとブログを書く事自体が楽になって ハードルが低くなるから

100記事ブログを書けるなら200記事、1000記事とブログが書けるようになる。

 

 

 

 

もう一つ、ブログを100記事 1記事1500〜2000文字だとして100記事だと150000文字になる。

15万文字というのは大体、小説1冊分くらいだったと思う。

つまり、読み物としてがっつり読めるようになるのが100記事という記事数。

100記事というのは小説家の方々が単行本を書く量と同じ

 

 

100記事までは練習と考えておいた方がいい

 

 

100記事で稼ぐのは難しい

 

スタートラインに立った状態。 100記事のブログで稼げるようにするのは相当難しい

専門的な情報を記事にしつつ、適切なSEO対策をして キラーページに誘導して売り上げをたてる。

熟練の職人さんみたいなテクニックが必要。

雑記ブログでは不可能な話 特化ブログの方が少ない記事数で収益化できる。

 

 

 

ただ、100記事もネタを出すのが大変なのと 相当、キーワード選定に力を入れるしかない。

記事を書き慣れていない人にはハードルが高い。 なので、初心者ブロガーさんは雑記ブログをおすすめします。

 

 

ブログを書くのは慣れと諦めと根気と惰性 コツコツ書いていこう

 

 

 




 

自分の書きやすいテンプレートを作るべし!

ブログを書く時に大切なのはある程度の型を作る事です。

例えば、料理のレシピを紹介する場合 動画を紹介する場合 他にも映画のレビュー 体験した事を紹介する記事 読書感想文などなど

それぞれのテンプレートを作ると書くのが楽になる。

 

 

この辺りは人それぞれ書きやすい形があると思う。

 

 

ブログを書き慣れてきたらテンプレートを作りましょう。

自分のブログを分析して型を作っていくとブログが書きやすくなる。

ノートにパターンを書く 設計図を作っておくと格段に書きやすくなる。

 

 

 

ブログ記事に決められた型はありません。 自分で作った型を使いましょう

 

一応、ブログは結論から書くみたいな書き方がありますが

それは読者を逃がさないテクニック リピーターが多いブログなら気にしなくてもいかもしれません。

大切なのは読まれるブログを書く事。

 

 

ものによっては一つの物語を読んでいくようなものやデパートでウインドウショッピングを楽しむような感じで読むブログもある。

スタイルはブロガーさんの運営の仕方で千差万別 好きなように書くもよし、ある程度、道筋を立ててから書くもよし エッセイのような記事があってもいい。

正解は一つじゃないし向き不向きがある。

 

 

 



検索需要と検索結果で上位表示される事が重要!

少ない記事でも稼げる事はあります。

それにはブログ記事が上位表示されないと無理です。

 

 

例えば100記事中、50記事は毎日、アクセスされる上位表示されている記事なら

圧倒的に稼げるかもしれない、一日に1記事100PVある記事を量産できるなら

50記事、100記事でも1日5000PV、10000PVは稼げる。

 

 

しかし、そんな記事をぽこぽこ生み出せるわけもない

初心者ブロガーさんが100記事書いても需要があるキーワードで検索結果1位になっている記事は良くて2~3記事

 

更に上位表示されても需要のあるキーワードでなければアクセスは増えない

月に1~2回しか検索されないキーワードでは稼げない!

 

キーワード選定が勝利の鍵!

初心者ブロガーがアクセス数を増やして収入を得るにはキーワード選定が鍵になる。

なるべくライバルの少ないキーワードでなおかつ、アクセスがそれなりにあるキーワードを選ぶ

もしくはとにかく検索需要があるキーワードを使って記事を書いていく。

 

どちらでもいいです

 

キーワード選定は時間がかかるしライバルが多いから大変だけど、やる価値はある。

キーワードには

  • トレンドキーワード
  • ミドルレンジキーワード
  • ロングテールキーワード
  • 商標キーワード
  • 複合キーワード

などなど、トレンドキーワードは今、話題になっているキーワード

アクセスは集まるけど、流行が去ったら使えない

 

ミドルレンジキーワードは毎年、ある時期だけ検索されるキーワードを言います。

例えばお祭りとか花火大会とか季節のイベントや悩みを解決するキーワードが多い

 

 

ロングテールキーワードは一年中検索されるキーワードでロングテールキーワードがあるとアクセスは安定する。

トレンドキーワードは書き続けなきゃいけないけど、ロングテールキーワードは安定したアクセス数と収入が得られる。

1ヶ月1回の記事更新でも大丈夫になったり、もしくは全く記事を書かなくても収入を得られる場合がある。

 

読者のためになる記事を書く

独自のテンプレートを作るべきと最初の方で書きましたが

外しちゃいけないポイントとして、ユーザー、読者にスッキリしてもらう事

Googleはコンテンツ イズ キングと明言しています。

 

つまり、コンテンツの内容が大切という事です。

 

 

なので、読者の悩みを予想して記事を書く、役に立ちそうな情報を先読みして記事を書く事が大切になります。

超能力者じゃないんだから無理じゃね?と考える人もいますが

 

選んだキーワードから悩みを逆算できます。

 

例えば【筋トレ 毎日】という記事であれば

毎日筋トレをしてもいいの?もしくは毎日筋トレをしなきゃいけないの?という事に対して悩んでいるわけです。

 

絶対的な答えがある場合はそれを書けばいいし、答えがでない問題であるなら個人の見解を書いておく

ブログ記事を書きなれたら読者に対して答えをきちんと提示できているかをチェックするといいですよ。

 

まとめ

ブログを100記事書けば収入やアクセス数が安定するのではなく

ブログを100記事書けば、その中から需要のあるキーワードで上位表示出来ている記事が出てくる。

そういう記事を狙って書けるようになれば収入も安定するしアクセスも安定しますよ

 

ブログ100記事まではキーワード選定や記事を書く練習という気持ちで書けばいいと思います。

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

この記事もおすすめ

大学生男子として過ごすのに無難な服装とは

 

 




 



トップページ

-銭ゲバ
-,

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.