銭ゲバ

SEO対策は大丈夫?内部リンクと外部リンクの違いって?

ブログやサイトの運営者にとって必要不可欠というか必要最低限は知っておくべき知識

それがSEO対策です。

SEOとは検索エンジン最適化の事です。

 

 

自分のサイトを検索結果に上位表示させるために必要な対策の事を言います。

内部リンクと外部リンクの違いとは

 

  • 内部リンク→自分のサイトリンクを自分のサイトに貼り付ける
  • 外部リンク(被リンク)→他のサイトに自分のサイトリンクが貼り付けられる事

 

 

一昔前は自分で外部リンクを貼りまくる事で検索結果上位表示する方法がメジャーだったのですが

今ではGoogleからスパム扱いされているのであまり意味がない

 

 

 

細かい事を言えば外部発リンクと外部被リンク、内部発リンクと内部被リンクがあります。

他のサイトから発したリンクと他のサイトにリンクを被せてもらったサイトがあるとか

細かい話はありますが基本的には外部被リンク、内部被リンクだけを覚えて貰えればいい

 

 

 

外部リンク(被リンク)とは

外部リンクとは別名被リンクと言ってSEOの超重要な要素になっています。

ただ、自作自演の被リンクが貼られまくっていた過去があるため

相当、勉強しないと自作自演で外部リンクを貼る事は難しい

 

 

もちろん、自分のサイトAから自分のサイトBにリンクを貼るのは構わないけど

明らかに上位表示狙いで外部リンクを貼りまくるのはGoogleからペナルティをもらいやすい

 

 

昔はサテライトサイト(衛星サイト)を作ってリンクを貼りまくっていればOKIだったのだけど

今はそうじゃない、いつも同じサイトから被リンクをもらうとかそういう不自然な状態は避けるべし

 

 

現在、内部リンクと比較すると外部リンクでSEO対策は非常に難しい。

友達同士で相互リンクするとかいろいろやり方があるけど自分でリンクを貼り続けるのは不自然な事になる。

 

SNSを利用して外部リンクを貼る

SNS自体にはnofollowというタグが書き込まれているため

被リンクにはならない事があります。

 

Twitterからのリンクは被リンクになりません。

しかし、はてなブックマークなどのソーシャルブックマークサイトにはnofollowタグがついてなかったりします。

なので積極的にSNSがで発信したりはてなブックマークを利用するのは有効。

 

note.muとかはnofollowがついてなかったりします。

 

 

内部リンク

内部リンクというのは簡単に言えば

 

自分のブログ内にある記事Aから記事Bのリンクを貼る行為

Googleのbotが隅々まで巡回できるようになるのでSEO対策に有効

 

 

ブログ内に網の目みたいな通路を作る、人体で例えるなら毛細血管みたいなものです。

なので記事を書いたら2~3本の内部リンクは必ず貼りましょう。

 

 

たくさんリンクを貼ればいいものでもないらしい。

重要なのは全てのページを均一にしてアクセスを集めたい記事のリンクを少し多くするような感じ

 

 

ブログを書き始めたばかりの人には対して効果がないかもしれないけど100記事~200記事と書いているうちに効果が出てくる。

 

内部リンクの種類には

  • グローバルメニュー
  • パンくずリスト
  • サイドバー
  • フッターリンク
  • 記事内
  • カテゴリー
  • タグ

 

カテゴリーをしっかり設定したりタグをつけたりする他にフッターやサイドバーにも内部リンクを貼る事ができます。

一番、貼りやすいのはやはり記事内にリンクを貼る事ですね

 

まとめ

外部リンクはSNSやはてなブックマークを使う程度でOKI

内部リンクをしっかり書き込みましょう。

 

内部リンク、内部SEOに関して詳しく書いた記事をnoteの有料記事で公開しました。

有料:【内部SEO】書いても書いてもアクセス数が上がらない人へ【中級者向け】100記事以上のブログにおける内部SEO

 

 

サーチコンソールなどを使って内部SEOをしたりする方法を紹介しています。

ではでは(^ω^)ノシ

 

こちらの記事もおすすめ

5chまとめはもう古い!今の時代はTwitterまとめサイトだ!まとめサイトの簡単な作り方

 

 

アフィリエイトのリスク分散法→Google以外で稼ぐ方法を構築すべし

 

アフィブログが嫌われる理由って?悪辣な方法で稼ぐからなのか?

 

 

 

 

 

-銭ゲバ
-,

© 2021 トリビアとノウハウノート