ブログ検索

ブログ検索

動物の雑学

メラニズムとは?逆アルビノと呼ばれるのは何故?

更新日:

メラニズムとは日差しから肌を守るメラニンが過剰分泌されてしまう個体の事。

メラニズムは遺伝子の異常によって産まれる。
アルビノと同じく人間、哺乳類、爬虫類、鳥類など
生物なら一定の確率で産まれる個体。

 

メラニズムの呼称はギリシア語で黒い色素を意味する単語に由来する。

メラニズムを遺伝性色素異常症と呼びます。

アルビノのように人間にもメラニズムはいるのか?と思い調べてみましたがメラニズムと判断された人はいません。

 

 

漆黒と言えるレベルの黒人はいましたがメラニズムかどうかは分かりません。

アルビノがいるからいるかもと思いましたが意外ですね。

 

黒人がメラニズムと言えなくもないという感じ。

 

 

まちゃこ
アルビノの反対、絶対にいると思ったわ
けいすけ
メラニンが異常分泌されるから体や毛が真っ黒
まちゃこ
画像とかを見ると漆黒って感じよね?
けいすけ
正直な話、かっこいい!
まちゃこ
人間のメラニズムって黒人じゃないの?
けいすけ
黒人でも肌の黒さはいろいろ、褐色に近い人や黒い人もいるけど、漆黒の肌はなかなかいないんじゃない?
まちゃこ
生き物としての強さはどうなの?アルビノは生きづらい体だったけど
けいすけ
メラニンがたくさんあるから紫外線には超強い、
まちゃこ
黒い個体は大体、メラニズムってなの?
けいすけ
それは違うらしい、黒い個体はいるけどそれが全部メラニズムではない。
まちゃこ
メラニズムは黒変種なんて呼ばれるらしいわ

 

 

 

メラニズムは遺伝子異常?

 

どうやら遺伝子の異常ではないらしい。

遺伝子の正常な働きによって産まれる。

 

 

というのもアルビノは明らかに生きるのに不利な姿になっているのに対して

メラニズムは生きる上でデメリットがない。
日差しに強くなるし、夜ならば姿を隠すのは簡単、アルビノのように黒くなる以外は他の個体と変わらない。

 

どうやら素人には分からない、複雑な遺伝子の働きによってメラニンが過剰に分泌される体で産まれるらしい。

ただ、メラニズムをいわゆる奇形と分類するのは早計。

体が黒くなる事、意外は他の個体お変わらないからだ。

 

奇形になってしまった生物はそもそも生きるための能力が著しく弱い、手術でもしない限りクリアできないような致命的な欠陥がある。

しかし、メラニズムにはそれがない。

むしろ、免疫力が高く、強い個体である可能性が高いんです。

 

ヒョウなどはメラニズムになりやすいそうです。

メラニズムというと病名みたいに聞こえてしまいがちですが黒変種というやつですね。

 

 

Twitterによると

 

 

まとめ

メラニズムとは遺伝子の変異によってメラニンが過剰分泌される。

しかし、それ以外は他の個体と同じ。

アルビノと違ってハンデがないのが特徴。

 

人間にはメラニズムはいない、というか漆黒の肌を持つ黒人はいるけど

それがメラニズムかは分からないという感じ。

メラニズムというのは通常は他の色なのに遺伝子の突然変異によって黒くなる事なので

 

人間の場合は突然変異ではないから違うという事ですね。

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

-動物の雑学
-, ,