iPhone便利な使い方 iPhone活用術

スマホやiphoneのセキュリティ対策!ショルダーハック(覗き見)を防げ!

更新日:

朝の通勤電車ないでふと顔を動かしたら他の人のスマホ画面を見てしまったなんて言う事がありますよね。

 

背の高い人が下を向くだけで満員電車だと隣の人のスマホを覗けてしまう場合があります。

 

 

まあ、見ず知らずの他人のスマホ画面を見ても面白くもなんともないわけですが。

もし、ストーカーに覗かれたりしたら?

twitterやfacebookのアカウントがバレたり、彼氏、彼女とLINE中だったりしたら

ストーカーに個人情報が漏れまくりという事になります。

 

 

 

他にもネットバンクのパスワードなどがバレる可能性もある。

 

 

 

 

他にも彼氏(彼女)のスマホを覗き見しようとする彼女(彼氏)もいるわけです。

覗き見によってパスコードがバレてしまうこともあるので注意が必要だ

スマホのセキュリティ対策としてショルダーハック(覗き見)を防止するのは必須と言える。

 

 

 

 

 

 

スマホを使い慣れている人なら指の動きと画面の内容でパスコードがわかってしまうこともあります。

そんな覗き見対策はこれだ

 

スポンサーリンク

 

1,パスコードを指紋認証かパスワードに変更する。

パスコードは一筆書きのようなものなのでより複雑なパスワードに変更するとショルダーハックは防げる。

指紋認証は指の動きがないのでロックを解除されることがない。

 

2,覗き見防止フィルムやアプリを利用する

覗き見防止フィルムが売られているがそれを貼るだけでも被害はかなり防げる。

 

 

 

スポンサーリンク

 

覗き見防止フィルターを貼る

100円ショップやスマホ関連の商品を扱うお店では覗き見ができないような

フィルターが販売されています。

基本的に角度がつくと画面が見えなくなるフィルターですね。

 

 

こいつをぺたっと貼るだけでもだいぶ違います。

 

覗き防止アプリもある。

 

 

iPhoneアプリ→のぞき見防止ブラウザ!

 

 

 

Androidアプリ→のぞき見防止フィルター

 

この対策をするだけでスマホの覗き見は防げる。

 

公の場でパスワードを扱わない

ネットバンキングや通販サイトなどログインIDやパスワードを公の場で扱わない

あらかじめログインした状態で使う。

 

 

 

更に言えば不特定多数に覗かれる危険がある場合は基本的に重要度の高い情報は扱わない。

普通にネットサーフィンをしたり、LINEで友達とチャットするのはOKだけど

 

 

 

 

なるべく、プライベートだったり、通販サイトだったり個人情報を取り扱う必要があるサイトは使わない

 

満員電車では特に注意

これはネチケットの1種だと思うのですが満員電車みたいに不特定多数が密着するような環境で重要度の高い情報、ログインIDやパスワードを入力しない

 

アプリを持っていれば一回ログインした後は殆どパスワードに触らないと思いますが一応、書いておきます。

 

人が密集するような場所や不特定多数が自分のスマホを覗き込めるような場所、例えば大学のキャンバスなどでサイトの登録などはしない方が無難。

 

 

背後に人の気配がする時に個人情報を取り扱うのはアウトです。

 

 

 

是非試してみてください。

スマホは個人情報の塊ですから覗かれるだけで色んな情報が抜かれてしまうかもしれませんよ

 

ではでは(^○^)ノシ

 

スポンサーリンク

 

-iPhone便利な使い方, iPhone活用術
-,