食事の雑学

中国の食べ物は危険!?

更新日:

最近じゃメイドインチャイナの食べ物は危険だという認識が強くなっている。

その根底には稼げればいいという考えがある。

 

衛生管理も日本人からみたら杜撰というしかないような状況だ。

中国の食べ物で事件が起こるたびにこういう衛生管理の杜撰さをテレビで見るから

中国産=危険という意識は日本人にとって常識だろう。

 

 

日本じゃ考えられないような薬品が使われていたり日本じゃ考えられないような鮮度の悪い食べ物も平気で加工して売っている

毒ピータン事件とか毒餃子事件とか色んな事件がある。

 

 

 

スポンサーリンク

中国の都市伝説?

中でもやばいのは下水溝油(地溝油)、これは下水に流れる油を再利用したものだそうです。

 

・・・・正直な所、これはチャイナジョークだと思ってたんだけど、マジみたい。

これの亜種で鶏の肛門から作る、鶏肛油なんてのもあるらしい。

 

 

・・・・・食い物ではないな、そうですこれは汚物です!

 

 

禁止農薬がどうこうという問題じゃない、これを食べ物の油として使うのは人間としてモラルはないのかと言いたくなる。

 

 

百歩譲って油として再利用するのは分かる、油はいろいろな用途に使えるから工業用の油とか歯車を滑らかに動かすオイル

そういう人が食べられない油として使うという発想がないのだろうか?

 

日本でも公衆トイレにある手洗いの水は飲めません

でも、手を洗うのには使える。

地溝油もそういう人体に影響が出ない範囲で使えばいいのに

 

スポンサーリンク

 

中国の食品が危険な理由

中国の食品が危険と言われている理由は二つ

  • 儲かればいいという短絡的な発想
  • 工業汚染

 

儲かればいいという発想で人体に有害な物質を平気で入れる

もやしの色を良くするために漂白剤を使ったり

粉ミルクの品質を偽るために有害なメラミンを入れて赤ちゃんが亡くなったという事件もあります。

 

 

PM2.5など公害の問題もあり、お米にカドミウムが混入していたりする。

カドミウム米を食べた人は日本の公害でイタイイタイ病と同じ症状が出ていたそうです。

 

参考にした動画

 

 

このように中国の人たちは食事に対するこだわりや食事に対する想いが決定的に欠けている。

もし仮に日本で同じ事をやったらその発案者関係者は罪で裁かれ、罪を償った後も軽蔑の対象になる事間違いなし。

日本でも産地偽装なんてのはあったけど、それが可愛く見えるくらいの事を平気で行うのが中国。

 

 

メイドインチャイナの食品を輸入している。

 

問題なのはそんなメイドインチャイナの食べ物が普通に日本に輸入される事です。

流石に地溝油は入ってこない(当たり前)だけどマクドナルドとかそういうファーストフード店とかじゃ

普通に中国産の食品を扱っている(扱っていた?)。

 

 

日本側で検査もしているはずだから大丈夫だと思うけどなるべくなら食いたくない

そんな中国の食べ物ですのでスーパーえ売られていてもあまり売れなくなってるのでしょうね

 

中国の売れれば食べ物に毒入れてもいいみたいな発想って拝金主義っぽくて嫌だな

でもあの国って共産主義国だよな~

 

売れれば食べてくれる人の事なんてどうでもいいと考えているのかもしれません。

仮に日本で同じ事をしたら社会的に抹殺されるような事も平気でしているからな中国(;´д`)

 

中国産よりも国産のものを食べましょう

ではでは(^ω^)ノシ

スポンサーリンク

 

関連記事

 

中国のゾッとする話を紹介した14記事まとめ

社会主義と共産主義の違いって?調べてみると全違う、実現が不可能に近い共産主義

-食事の雑学
-