銭ゲバ

個人向け国債にリスクはないの?その理由とは?

金融商品はリスクがつきものですが

個人向け国債にはリスクがあるのでしょうか?

 

 

他の金融商品を比べて国債はリスクが少ないと言われています。

それは何故なのか?調べていきたいと思います。

 

 

 


 

国債はリスクフリー資産

自己資産比率が大きいほど、銀行の健全性は高いと評価される。

この自己資本比率を算出する際にリスクウェイトという値が使われているが

国債のリスクウェイトは0

 

 

元本保証された金融商品です。

アメリカ国債や日本国債など国の経済が破綻しにくい国に投資すれば安定した収入になります。

 

 

よく国の借金が~と日本のテレビ番組は不安を煽っていますが

貸してるのは国民や日銀。

 

外国に貸しているわけじゃないから融通が利く

 

 

 

 

国債はリスクフリー資産解説

 

自己資本比率(じこしほんひりつ)とは総資本に対する自己資本(株主資本と評価・換算差額等の和)の比率。

 

自己資本比率というのは総資本(お金の総額)からどれだけ自分のお金かという比率になります。

国債に関してはリスクウェイトが0で良いと言われています。

 

 

つまり、国債の返還期限を過ぎれば確実に元本が戻ってくるからです。

日本の国債ならば確実にお金は戻ってくるという事です。

 

 

日本は国債の元本保証があるので絶対に使ったお金以上が戻ってくるというわけです。

テレビで国債を紹介する時に国の借金でいずれは返済しないといけない

 

 

この返済する相手というのは日本人であり日銀

国債を返済するお金を国は国債で賄ってもいいわけです。

 

 

2020年、現在日本の国債は殆どが円建てで日本国内で買われています。

なので日本政府は国債の利子を日本国民に支払い満期終了したら日本国民に返済しているわけです。

 

 

日本国債の殆どが外国人にドルで売られていたらそれは大変です。

日本は外国から借金をしている事になります。

だけど、日本政府が日本国民、日本銀行に借金をしているというのはどうとでもなる。

 

 

国債の満期終了が100年後だとして100年後にはインフレしていれば殆どはした金みたいになる。

 

昔は円の下に「銭」と「厘」がありました。

明治時代に買った1万円の国債があったとしてもそれは今の感覚したらはした金です。

長期間の借金はインフレが起きて順調に経済発展していけば何の問題もなく返済できるわけです。

 

 

 

 

 


 

国債が返せない→経済破綻

国が国債を返済できないというのは経済破綻が破綻しているという事です。

国民からお金を借りた、外国人からもお金を借りたけどお金を返せない

 

 

という状態、そうなったら国債を【デフォルト】、リセットするという事があります。

つまり自己破産をしてやり直すという事です。

 

 

この方法をすればその国の信用はガタ落ちになるので最終手段だと思います。

 

日銀の国債保有率は90%

 

日本は日本銀行が国債の90%を保有しています。

 

毎年、国債乗換をして日本政府は予算を確保しているという面があります。

その際に日本政府は日銀にお金を返さない仕組みになっています。

 

 

日銀は国債が満了すると新しい国債に乗換えるから日本政府はお金を返さなくていいという仕組みで

政府も日銀に国債を買わせているという構図。

 

 

パッと見、借金が増えているような感じになるけど返さなくてもいいから

日本の経済が破綻する可能性は低い。

 

 

基本的に日本国債は日本国民や日本銀行が持っているため

簡単に借り換えができる。

 

 

 

 

 

途中で換金すると数回分の利息を支払う

国債のリスクとしてすぐお金が欲しい時に換金すると損をしてしまう。

国としては返済期限満了まで待ってくれないと困るからそういう風にしているというのはあります。

 

最低でも1年は中途換金はできません。

 

中途換金は考えずに国債を満了まで持っていれば損をする事はありせん。

半年に1回利息が入り、返還期限が来れば元本が戻ってくるのですから。

 

個人向け国債は、発行から1年経過すれば中途換金ができます。中途換金には手数料はかかりませんが、

「直前2回分の税引き前の利子の金額×0.79685(税金)」を返さなければいけないというペナルティーのようなものが発生します。

これを中途換金調整額といいます。

 

まあ中途換金しなければ問題ありません。

 

まとめ

国債は満期時に元本が返還されるため

中途換金しなければ確実にお金が増える仕組みになっています。

 

なのでリスクがないと言ってもいいくらいの金融商品ですよ

ではでは(^ω^)ノシ

 

こちらの記事もおすすめ

資産と財産の違いって?混乱しやすい二つの言葉

 

偽装サイトにご注意!見破るコツを紹介します。 Amazonに偽装したAmozonで説明します。

 

デビットカードは審査が甘いというのは本当?→嘘でした

 

 


 

 

-銭ゲバ

© 2020 トリビアとノウハウノート