銭ゲバ

アフィリエイトのリスク分散法→Google以外で稼ぐ方法を構築すべし

アフィリエイトにおけるリスク分散法とは?
ブログやサイトを運営している人なら分かると思いますが

 

Googleという超巨大検索エンジンが作ったブログ、サイトを検索圏外に弾いてしまう事が大きなリスクです。

 

 

そんなアフィリエイトに対するリスク分散法を紹介します。

 

 

収益化した後どうやってリスクを分散させるか?

 

 


前提条件

前提条件としてブログやサイト、もしくはSNSで毎月、収入を得ている人に向けての話です。

毎月、アフィリエイトの収入を得ていない人には関係がない話です。

もしくはアフィリエイトで収入を得ていたけどなんらかの理由で収入が途絶えた人向けです。

アフィリエイト初心者やノウハウコレクターには関係ない話です。

 

 

あくまでも収益化した人向けの、中級者向けの情報になっています。

初心者の方に話すような情報商材詐欺とか高額アフィリエイト塾の話はしないので悪しからず。

 

 

アフィリエイトのリスク

アフィリエイトのリスクはなんらかの理由で検索エンジンから検索圏外にサイトが飛ばされてしまう事。

SNSをBANされてしまう事です。

 

 

 

もしくはアドセンス などのASPからBANされてしまう事です。

リスク分散は常に考えておかないといけない。

 

 

 

一つの媒体、一つのブログ、SNSに頼ると何かの弾みで収益化できなくなります。

例えばGoogleのコアアップデートやTwitterなどのSNSでのルール変更により稼げなくなるケースが多い

 

 

なので収益化できたら別の手法も試してみる事をおすすめします。

 

 

 

 

全く別の媒体を使う。

金融商品のリスク分散は日本の株やアメリカの株を持つ事、全く違う市場の商品を買う事をリスク分散と言います。

アフィリエイトにおいても同じ事が言えます。

Googleの検索結果がアクセスの全てになるブログやサイト

SNSを育ててアフィリエイトをする。

 

 

全く違う方法で収入を得る事ができます。

 

 

 

アフィリエイトというかネットで稼ぐなら

  • ブログ+アフィリエイト
  • サイト+アフィリエイト
  • Twitterによる集客法
  • Naverまとめによる収入
  • note.meの有料コンテンツ
  • Amazonで電子書籍を出版
  • 写真販売サイトやアプリからの登録。
  • イラストやゲームの販売
  • アプリ販売
  • アプリ配信
  • YouTubeなどの動画配信

一つのコンテンツから収益化できたら全く違う収入源から収益化するとリスク分散になります。

 

 

 

Googleに左右されるブログやサイトの他に
Twitterで集客して稼ぐ方法。
NaverまとめによるGoogleに頼らない収入
noteで有料コンテンツを売ったり電子書籍を販売したり。

 

 

 

一つが収益化したら作業量を減らして別のメディアを育てる。

同じレンタルサーバーでも全く違うサイトを運営してもいい。

 

 

 

Googleに上位表示されなくても電子書籍にして販売してもいい

トレンドブログ✖電子書籍雑誌は相性が良さそう。

検索圏外にふっ飛ばされたブログ記事をAmazonで販売すれば無駄がない。

 

 

 

SNSを育ててアクセスを集めるのも面白いと思います。

 


 

ASPを変える

一つのASPだけを使うのではなくサイトによってはメインで使っているASP以外を使う

例えば

  • ブログAはA8
  • ブログBはアフィB
  • ブログCはアドセンス
  • SNSは楽天アフィリエイト

などなど

 

媒体や記事によってASPを使い分けるとASPからBANされたり

報酬がもらえなくなっても焦らなくて済む

 

 

複数のブログを使う

雑記ブログやトレンドブログ、特化ブログなど複数のブログを使い分ける事も大事です

一つのサイトが圏外に飛んでも全体でみたらほんの一部というのが理想的

 

 

管理はエクセルなどで行えばいい

ただし、これは完全なリスク分散ではありません。

 

 

株式に例えるなら複数の日本株を買っているようなもので日本の株式市場が暴落すれば一気にダメになるリスクがあります。

なのでリスク分散と言った場合、日本株だけじゃなくてアメリカ株を買ったり不動産投資信託を買ったりするわけです。

 

 

複数のブログを運営するのはOKだけど、Googleに頼らないアクセスアップ方法を構築しないとリスク分散にならない。

 

 

 

 

収益化できる人ならそれほど難しくない

アプリ配信みたいな高度なプログラミングが必要な場合以外はアフィリエイトの必修科目みたいなものだから

苦戦したりはしない。
Twitterやブログで文章を書くのはお手のものだろうし、写真や動画の撮り方もある程度は分かるようになる。

有料記事を書くのなんて普通にブログやサイトを書き慣れている人なら問題なく適応できる。

 

 

 

ブログの知識をSNSで活かしたり、電子書籍が書ける人ならブログを書くのは難しくない。

一つ、収益化できれば別の媒体でも問題なく作業できる。

 

 

基本的な作業は同じです。

 

 

全く別の集客法で稼ぐ

ブログはGoogleの検索に頼っている手法なのに対して全く別の手法を使って稼ぐ必要がある。

ブログを量産し続けたとしてもGoogleに頼っている媒体はGoogleの気まぐれで収益が0になる可能性もある。

 

 

なのでGoogleに頼らない集客媒体で稼ぐ事も考える。

例えばSNSで集客し稼ぐ方法やnoteなど有料コンテンツが作れるメディア

 

 

Amazonなどに出版して稼ぐ方法、クラウドファンディングやイラストの販売。

ファンサイトを作ったり、写真を販売してもいい

 

 

とにかく全く別の方法で稼ぐ事が大事です。

 

 

まとめ

アフィリエイトのリスク分散とは

 

  • ASPを使い分ける
  • 媒体を使い分ける
  • 複数のメディアを持つ

特にGoogleへの依存度が高いから

なるべくGoogleに頼らないで稼ぐ方法を構築するとリスク分散になります。

 

 

複数のメディアを持つ事も大事なんだけどGoogleだよりだと不安。

いろいろなやり方で収益を拡大させていく事が大事。

 

 

初心者の方は真に受けず、あちこちつまみ食いするのはダメなんだけど

一個、収益化させているアフィリエイターさんはむしろ全く違うシステムで収益化していくのがおすすめ

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

こちらの記事もおすすめ

noteで有料コンテンツを作ってみた感想、ブロガー視点でどう思う?

 

 


 

 

トップページ

-銭ゲバ
-

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.