面白いネタ

マルチ商法にハマるな!6記事まとめ

投稿日:

マルチ商法というビジネスがありますが

リスクが高く、リターンは低いビジネスだと個人的には思っています。

なのでマルチ商法にハマらないようにしましょう。

 

 

絶対に他人におすすめできないビジネス筆頭がマルチビジネス。

ねずみ講と同じようで違うけれど、それでも損をする人が多いビジネスです。

 

 

胡散臭いビジネスである事を紹介している記事をまとめて紹介します。

 

,




 

1、マルチ商法がダメな6つの理由って?

世の中には詐欺的的なビジネスは数多くありますが

マルチ商法はシステムが時代遅れです。

マルチ商法が倫理的に良いか悪いかで言えばインターネットがない時代であればとても優れたシステムでした。

 

 

 

マルチ商法というのはテレビなどでCMを流さない代わりに

代理店の人がお客さんを連れてくるシステム。

 

 

代理店さんは自分の紹介で会員登録してくれたお客さんが買い物をした売上の数%をもらえる。

もしくは代理店さんは自分の弟子を作って弟子が売上を上げるとボーナスがもらえる仕組みになっています。

 

 

2019年現在、マルチ商法に参加しようと思っているなら絶対に止めた方がいい

 

 

記事を読む

 

 

2、マルチ業界の闇、ネットワークビジネスに将来性はない

マルチ商法で有名なナチュラリープラスに消費者から特定商取引法違反(不実告知など)で一部業務停止を命じる方針を固めたらしい

マルチ業界というのはもはや将来性はないと思う、マルチ商法、ネットワークビジネスと言われているが一体どういうものなのか?

どうして将来性がないのかを書いていこうと思います。

 

僕、(@kesuikemayaku)もマルチ商法に関わってこりゃダメだと諦めた一人です。

今回はその経験を元にいろいろ書いていきます。

記事を読む

 

 

 

3、アムウェイをやると借金まみれ!?ネットワークビジネスの病みとは?

ネットでよく言われるのがアムウェイをやると借金まみれになるというものです。

アムウェイに限らずネットワークビジネスにはランクがあって

そのランクを維持するために自分で商品を買い売上を確保する

 

 

毎月、莫大なお金を使って売上を確保しようとします

結果、歪なシステムが破綻して借金まみれです。

 

 

アムウェイの先輩(アップ)は後輩(ダウン)に対してディストリビューター(会員)を増やせと教えます。

会員とは一緒にビジネスをしていく仲間です。

純粋なカスタマー(お客)を集めろとは言いません。

何故ならランクアップが早いのはディストリビューターを集めた人だからです。

 

 

記事を読む

 

 

 

 

4、マルチ商法の勧誘、その断り方とは?

マルチ商法に勧誘された場合、どうやって断るべきか?

勧誘されるパターンはいろいろあるけど

きちんと断らないと面倒臭い

 

 

@kesuikemayakuはマルチ商法自体、廃れていくだろうなと思っています。

少なくとも対面で勧誘するようなマルチは徐々に姿を消していくと思います。

 

 

個人的にはその方が嫌な気持ちにならず、お互い健やかに暮らせるし

ネット上で完結するマルチが増えると思っています。

 

 

記事を読む

 

 



 

 

 

5、ネットワークビジネスをすると友達をなくす理由、家族に勧められない理由

ネットワークビジネスと言えばねずみ講と同一視されていたりして胡散臭いイメージが定着してしまいました。

ネットワークビジネスをすると友達をなくすと言われますがそれは何故なのか?

その理由について詳しく解説していきたいと思います。

 

 

@kesuikemayakuもネットワークビジネスに参加した事があります。

と言っても全く活動せずに終わった感じでした。

なんていうか上手くいくビジョンが思い浮かばなかったからです。

 

 

まず、誰に声をかけるのか?どうやってアポを取るのかも分からないし

すぐに声をかけられる人も少なかった事もあります。

・・・・友達が少ないのが幸いした感じ、自分で言っていて悲しい

 

 

記事を読む

 

 

 

 

 

6、ニュースキン製品は楽天で買った方が安い!というか卸値より安い悲劇とは?

ネットワークビジネスの大手ニュースキンですが

楽天やネットワークビジネス商品専門店などで卸値より安く買える現状がある。

別にニュースキンが詐欺商品で本当は卸値より安いという事ではなく。

ディストリビューターが売り上げを上げられずに買い込みを行ったせいです。

そこからヤフオクとか楽天に商品が流れているという流れ。

 

 

記事を読む

 

 

 

 

 







 

-面白いネタ
-