個人のSNS活用法

ネット上では性別を判断せずに人間として接する。→自己申告を信じてあげるとトラブルにならない。

ネット上では顔が見えないから性別を判断しにくい。

SNSのプロフィールにアップしてあるアイコンで判断するのも手だけど

 

 

適当に好きな女優の写真をアイコンにしている男性もいるだろうしアニメやゲームキャラをアイコンにしていたり

基本的に自撮りの写真をアップしていると確信できなければ性別を気にせず、人間として接するのがベターな気がします。

 

 

 

 

下ネタは自発的に

性別が分からないから下ネタを投稿してもいいのか?

下ネタを返信しても良いのか?
これは悩むところですが、相手の下ネタに対して下ネタで返すのはありだし、下ネタを投稿するのもあり。

下ネタじゃない投稿に対して下ネタを返信するのは相当、仲良くないとダメ。

 

 

もしくはその人の投稿を見て判断すべき。

 

性別が分からないと下ネタをフリにくいのは確かなんだけど

Twitterとかならあらかじめ下ネタをツイートして食いついてきた人と下ネタで遊んでいればいいから楽

 

下ネタのリプは下ネタを投稿した人にしましょう。

 

下着とかのツイートは下ネタじゃないから絡むとセクハラ扱いされて危険。

 

 

 

実際に会う事がないなら性別は気にしない

実際に会わなければ性別は気にしなくていい。

投稿を見れば男か女か大体、予想がつく場合もあるけど。

 

 

どっちにしろ超えちゃいけないラインを超えなきゃ楽しくコミュニケーションが取れる。

 

 

オフ会なんかで相手と会う場合は相手が女性である場合と男性である場合、もしくはLGBTである可能性がある事を頭に入れておくべき。

性別関係なく、無礼な事は言わない

 

 

「男だから」とか「女だから」みたいな言い回しをさければトラブルになる事はない。

 

 

自己申告を信じる。

プロフィールに男と書いてあれば男だと思って接すればいいし、女と書いてあれば女性として接すればいい

ネカマやネナベであったとしても自己申告どおり接すればトラブルはない。

 

 

アイコンよりも文章の方が信用度は高い。
自分の好きな物をアイコンにしてる人が多いからアイコンは当てにならない。

男性のアイコンで男しか分からない事をツイートしてれば男だし

女性のアイコンで女性にしか分からない事をツイートしてれば女だと思って接すれば間違いない。

 

 

下手に詮索するのは野暮だしやぶ蛇

 

 

ネカマ、ネナベはそれなりにいる

ネット上で男、または女を演じている人は結構いると思った方が無難。

基本的にネット上では顔が見えない匿名性が高い

トラブルを起こして相手が運営に情報公開を求めたりしない限りは匿名です。

 

 

なのでネカマやネナベを気にしてもしょうがない

というか気にしても意味ない。

ネット上での付き合いだけなら性別とか関係ないし

 

 

込み入った話をする場合以外なら性別は関係ない。

女性だと信じていたら実際に会ったら男だったとか

男性だと信じていたら女だったなんて事も普通にある。

 

 

文章だけのコミュケーションだから性別は伝わらない。

だから、ネカマやネナベが多いわけだけど

 

 

変に詮索して相手のロールプレイを邪魔する事に意味はない。

本人が楽しんでいるならソっとしておくべき。

 

 

まとめ

ネット上での性別なんてフレーバーテキストみたいなもの

本当かどうか分からないけど、尊重しておこう。

 

性別が分からない時は人間として無礼がないようにコミュケーションを取れば問題ありません。

性別がどうかというよりも無礼な事を言わないようにする事が大事なんだと思う今日このごろ。

 

 

ぶっちゃけ、ネット上の性別に関してはTwitterなんかだと公式アカウントってあるじゃないですか

そういう著名人のツイート以外は性別を気にしても無駄

 

 

ネットでは匿名ゆえに人間性が出てしまうのでその辺りで判断するべきだと思いますね。

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

こちらの記事もおすすめ

情報の信頼性を判断する4つの方法とは?→結局〇〇者に聞くのが一番。

 

 

 

 

 

トップページ

-個人のSNS活用法
-

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.