面白いトリビア

動物と比較した人間の特徴!大きく3つある。

人間と動物を比較していくと他の哺乳類と違った点があります。

動物としての人間はどんな特徴を持っているのか?

素人ながら考察したり、調べていきます。

 

 

 

人間は他の動物と比べて早く走れない、パワーがない瞬発力で負けてしまうなんて話はよく聞きます。

体の器用さも負けていると言われています。

 

 

 

人間は動物と比べて貧弱な武器しかない(全裸の場合)

しかし、人間の強みを活かす事で地球の支配者になった。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

知能が高い。

誰しもが知っている人間の特徴。
それは知能の高さです。

 

 

知能が高く集団行動を得意とし、武器や防具など便利な道具を開発し

自分自身の動きを研究する事ができる。
知能の高さが最大の特徴と言えます。

 

 

 

太古の時代から人間は動物の習性を研究し、複雑な言語を操り武器や罠を作る事で繁栄してきた。

コミュニケーションの幅が他の生物とは段違いです。

 

 

 

 

追加パーツが豊富

動物は自分の体に追加パーツをつける事ができません。

ライオンは爪と牙で戦うしかないし分厚い毛皮しかない。

人間が地球を支配出来たのは知能の高さと追加パーツの豊富さにある。

 

 

 

例えば人間は暑ければ服を脱ぐし寒ければ服を着る。

狩りをする場合は弓や銃を使うし、漁をするなら釣竿や網を使う。

 

 

 

状況に応じて道具や服を変える事で急激な変化や敵に対応していった。

現代では車を操ったり重機を動かしたり、船に乗ったり様々な乗り物を駆使してどんな動物よりも速く動けます。

 

 

 

持久力がすごい

人は瞬発力や筋力では他の動物に負けてしまうかもしれないけど

40kmを2〜3時間で走るような持久力がある。

 

 

 

馬、サラブレッドの場合、時速60kmを4kmの距離維持できるそうですが

逆を言えばそれ以上はスピードを維持できない。

 

 

 

家畜場の長距離走の記録では、ロシアで成立した品種のドン種が24時間で284km

人間の場合、24時間走の世界記録は、303.506 km、ギリシャのYiannis Kourosさん。

馬よりも19km長く走ってる。

 

 

 

人はアマチュアでも秒速5mの速さを維持できる。

時速18kmくらいですな。
多少、訓練した人ならこれくらいは走れる。

 

 

 

同サイズの犬は秒速7〜8mの全速力を10〜15分くらいしか維持できない。

夏場の暑い時期なんかはあっという間にスタミナ切れになるそうです。

シュミレーションするなら4〜5kmなら犬の方が速いけど距離が長くなればなる程、人の方が早く動ける。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

人間が1日に歩ける距離は?

人間が1日に歩ける距離は古代ローマの歩兵で緊急時は100km移動したとか

江戸時代、江戸から京都までの旅行だと約32〜40km歩いたと言われています。

 

 

他の動物と比較するとエゲツないくらい行動範囲がデカい。

 

 

更に言えば汗をかくことで体を冷やすため
高体温症にならない。

 

 

 

他の動物は汗をかけないため効率的に体を冷やす事ができない。

分厚い毛皮がないせいで効率よく体を冷やす事ができる。

 

 

 

エゲツないハンター

人間の特徴というのを狩りで表現すると、どこまでも追ってくるハンターという事になる。

動物の特徴を研究する高い知能と豊富な道具を使いこなす。

持久力が高いためどんなに逃げても追ってくる。

 

 

 

追うと決めたらゆっくりではあるけど一定の速さで追い詰める事ができる。

動物の習性を知っているならそれを利用して罠を仕掛けたり道具を使ったり。

 

 

 

高い知能を使った待ち伏せからの奇襲や道具を使った遠距離攻撃

守りは弱いけど攻めに転じた時は異様に強い。

 

 

 

まとめ

良く、動物と比べて人間は弱いと言われますが。

人間の特徴を最大限に活かした状態では熊はもちろん、マンモスだって狩る凶悪なハンターになります。

 

 

 

頭がいいのと道具が扱える、更に持久力は犬や馬よりも下手したらあるというのはすごい特徴ですね。

持久力に関しては個人差があるけどある程度、訓練すれば身につくものだからな。

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

この記事もおすすめ

中国で絶滅危惧種の動物【イルリピカ】が再び20年ぶりに発見される!

 

チベタン・マスティフ、日本で飼う事はできる?値段が2億円の犬が話題に

 

縮地法のやり方を独自の理論で解説、ポイントは後ろ足!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

-面白いトリビア
-

© 2020 トリビアとノウハウノート