食事の雑学

固い蓋の開け方!2つのスマートな方法

投稿日:

冷蔵庫から取り出したビン。
いざ蓋を開けようとしたら開かない!

なんて事は良くあることです。

固くて開かない蓋をスマートに開ける方法を紹介します。

 

 

2つのスマートな方法を覚えれば後はいらないくらいのレベルです。

グッズを買ったり、蓋をお湯で温めたりするのがバカらしくなるレベルです。

 

 

この方法を知ればフタが開かなくてイライラする事もなくなります。

無理やり開けようとして怪我をしたりする事もなくなります。

 

スポンサーリンク




 

スプーンを蓋とビンの隙間に

蓋とビンの隙間にスプーンとかバターナイフを入れて少し動かす。

スプーンには別に特別、力を入れたわけではありません。

ちょっとテコの原理が働いたかもしれませんが
殆ど力を使わずにパコッと空いてしまいました。

 

 

 

少し前まで腋の下にビンを挟んで思い切り力を入れても開かない蓋がスプーンをちょっと入れて動かすだけで殆ど力を使わずに開けられた。

信じられないくらい軽い力で蓋を開ける事ができました。

 

 

プロレスで言うヘッドロックをかけながらビンを万力のような力で締め上げて無理やり開けていた

 

 

あの苦労はなんだったのか?
というくらい気持ち良く開けられる。

 

スプーンでなくても細くて硬い金属ならOK。

ようは隙間に入ればいいわけだから鍵とかでもいける。

 

ビンの底を叩く

これは警視庁のツイッターアカウントで紹介された方法。

ビンを逆さまにしてビンの底を軽く叩く
左手にビンを持って右手でビンの底を軽く掌底。

 

 

 

強い打撃は必要ありません。
軽く蓋が振動するように叩きます。

これだけで蓋が開く

 

 

スポンサーリンク



 

何故、フタは固くなるのか?

簡単に説明するとビンを冷やす事でビン内部の気圧が変わってしまうからです。

ジャムなどの瓶詰めの商品はありますが新品の状態でもフタは固くしまっています。

これは製品の酸化を防ぐために予めビン内部を低圧状態にしてあるからです。

 

 

一度、開けてしまったビンでも冷蔵庫で冷やされていればビン内部の気圧が下がり

外気圧によってフタが押されてしまう。

 

フタが凹んだ状態になっているから固くしまっているというわけです。

予めビンを煮沸消毒しビンから空気を抜く脱気とは違うけど

ビン内部の気圧が外側と違ってしまうからフタが開かなくなる。

 

 

なんでフタが開くのか?

スプーンを使ったやり方、ビンの底を叩くやり方。

2つの共通点は

 

 

ビンとフタの間に空気を入れる

 

 

ビン内部の気圧が低い事がフタが固くなる原因であるなら

スプーンを隙間に入れる事で外の空気、外の気圧と同じ状態になってしまえば簡単に開けられる。

 

ビンの底を叩いて振動をフタに伝える事で空気が入り込み気圧差がなくなり少しの力でビンは開く。

 

 

ビンをお湯で温めたりするのも同じ理屈。

空気自体はほんのちょっと隙間があれば簡単に入るので知っていれば簡単。

 

まとめ

固くなったフタをスマートに開ける方法は、

 

ビンの内部に空気を入れて低い気圧になっているビン内部を外の気圧と同じ気圧にする。

 

そのためにスプーンで隙間を作ったり

ビンの底を叩いてフタに振動を与えて空気が入る隙間を空けたりする。

 

知っていると他の方法は試せないくらいスマートな方法。

ビンを温めたり輪ゴムをフタに巻いたりするのはスマートじゃないからな~

 

買ってきたジャムもそうだけど、ピクルスみたいな漬物をビンに詰めたりするから

ビンが開かないのは本当に困っていた。

 

この方法を知ってからはイライラしなくなりました。

力はいらないですほんのちょっと工夫するだけで簡単に開きますので是非、お試しあれ

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

スポンサーリンク







-食事の雑学