仕事のやり方を変えるヒント

仕事中のサボり方を伝授!⇒生産性を上げるためにサボる事も大事

更新日:

仕事が上手い人はサボり方も上手い
なんて事を聞いた事はないでしょうか?

どんな仕事にも波があって忙しい時、ヒマな時、単調な雑務であったり頭を使う複雑な仕事

 

 

いろいろな仕事があります。
業務というのはダッシュ&ランのように

全力でやる仕事と単調でペース配分が大事な仕事があります。

 

 

 

そんな中で自分のモチベーションや集中力を切らさないように時には手を抜く、サボる事も大事。

 




 

 

サボる目的

サボるというのは仕事中の自主的な休憩を言います。

サボる事で疲れを取り生産性を上げる事が目的。

例えばです。立ち仕事をしていて疲れた時に5〜10分座るだけでもかなり体力は回復します。

 

 

 

体力を消耗したまま仕事を続けるよりも少しサボった方が体は楽になり仕事も捗ります。

逆に座ったままパソコンや工作機械で作業をする。

体よりも頭を使うずっと同じ姿勢で仕事をする人は立ち上がってストレッチをする事で血行が良くなって血の巡りもよくなります。

ちょっと喫煙室にタバコを吸いに行ったり、お手洗いに行ったりするのは大事。

 

 

 

サボる事で疲れを取り生産性を上げる

 

これが仕事の上手い人はサボり方も上手いと言われる理由です。

 

 

サボる時間

サボる時間は短くて5〜10分くらい
これは管理職の人にバレないためであったり

一緒に仕事している人の負担にならないようにする事が上手なサボり方です。

 

 

 

 

仕事のノルマが残っているのに1時間~2時間もサボるのはNG

それは誰かに仕事を押し付ける事になりかねないし評価も下がる。

 

 

 

 

サボるけど、仕事のノルマはこなす、結果を出す事が求められます。

サボった結果、仕事が遅れるという事はあってはならない。

きっちり、ノルマをこなすためにサボる。

 

 

逆を言えばノルマ達成さえしてしまえば何時間サボっても問題ない。

これは個人のスキルがモノを言う業界なら出来なくもない。

例えば営業の仕事であれば契約を取ってしまえば上司の目は届かないわけですから

外回り中にお茶してもいいし、漫画喫茶で寝ていてもいい。

 

 

 

生産性を上げてみんなよりも早い時間で仕事をこなせたらみんなが終わるまでサボっていても問題はない。

 

 



 

上司や同僚に見つからないようにする。

管理職としてはサボっている人間がいたら注意しなきゃいけない。

職場によってはタバコ休憩で堂々とサボる人もいますが

基本的には上司に見つからない、気づかれない事が大事。

 

 

気づいたら注意しなきゃいけない。

結果をだしていればある程度は黙認してくれるかもしれませんが堂々とサボるのはNG

上司も注意しないと自分の評価が下がるわけだし

 

 

 

社内であればトイレや人がいてもおかしくないけど人気のない場所

 

 

もしくは人が来ない時に自分のデスクでサボるのもあり、

 

 

一応、時間給で働いているから堂々とサボるのは余計なトラブルになる。

 

 

 

サボるメリット

サボるメリットとして

  • 体力が回復してリフレッシュ
  • 生産性が上がる
  • ノルマをこなした後なら勉強の時間に使える

 

 

ダラダラ仕事するよりも少し休憩してリフレッシュした方が生産性が上がるし

サボる事で体力を温存できるためアフター5も楽しめる。

生産性が上がるというのは疲れてくると体の動きも鈍くなるし、思考能力も低下する。

 

 

疲れてくると考えるのが億劫になっちゃうから
5〜10分の休憩で体力を回復させる。

肉体労働であるなら劇的な効果が実感できます。

 

 

まとめ

仕事のサボり方まとめ

  1. サボる事で体力回復して生産性を上げる
  2. サボる時間は短く5〜10分、ノルマが終わってるなら長くてもおっけー
  3. サボる場所は上司や同僚に見つからない場所

営業職とか上司に監視されにくい環境ならサボりやすい

逆にオフィスの仕事はがっつりサボる事はできないかもしれません。

ですがトイレに行くくらいの時間は確保できると思うので少しづつ体力回復させるのが

 

 

仕事を効率的にこなすコツ

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 




 

 



 

-仕事のやり方を変えるヒント
-,