ブログ検索

ブログ検索

おすすめアプリ 無料

focosの使い方2!iPhone X以降のデュアルカメラ専用app

更新日:

iPhone x以降についてるデュアルカメラの機能を最大限に生かすカメラアプリがこのfocosというわけです。

デュアルカメラは2種類のカメラユニットを使って一眼レフカメラのようなボケが出せるようになったカメラです。

iPhone xからポートレート写真機能がついています。

 

 

ポートレートというのは人物写真の事、絵画でも人物が書かれている絵をポートレートと言ったりします。

iPhoneの公式カメラアプリは人物をより良く見せるために余計な背景をボカせるようになりました。

 

 

 

focosは更にその機能を発展させたカメラアプリ。

自由自在にボケさせる部分とくっきりさせる部分を分ける事ができます。

人物写真だけじゃなく奥行きのある画像ならどんな写真でも強弱をつける事ができます。

 

 

 

focosで撮影した桜

focosで撮影した桜です。
スナップマートに投稿したものなので余計な文字が入ってますがご了承ください。

手前をボカしたバージョン

 

 

 

 

奥をボカしたバージョン

こんな風に手前と奥を選んでボカす事が出来ます。

 

これは殆ど加工していない状態の写真です。

弄ろうと思えば後からいくらでも弄れるのがfocosの特徴。

 

 

 

focosの使い方

基本的な操作はカメラアプリと同じ感じです。

ズーム機能はありません。

操作画面

 

主な撮影機能は

  • フロントカメラへの切り替え
  • フラッシュの設定
  • f値
  • ホワイトバランス
  • 露出バイアス

などを設定でき画像の大きさなども設定できる。

focosは写真を撮影した後にどこをボカすか設定できる。

なので紹介した写真のように手前をボカしたバージョンと奥をボカしたバージョンの写真が作れます。

 

 

操作画面の下に撮影した写真一覧があるのでタップ。

編集したい写真を選んでタップ。

 

 

そうすると写真が表示されるので

焦点を合わせたいところをタップしましょう!

指でタップしたらそこだけがはっきり見えるようになります。

f値を変えてボカしの設定をします。
f値を小さくするとボケが大きくなり

大きくするとボケが小さくなります。

 

 

焦点を弄るのとシェイプ機能、ボカした部分を加工する機能。

ボカし具合を調整したら写真の完成です

 

加工の項目には

  • クロップ
  • 絞りサイズ
  • シェイプ
  • ハイライト(プロ版)
  • ビビッド
  • 回転
  • 楕円
  • マットボックス(プロ版)
  • 発光ダイオード(プロ版)
  • レンズ
  • ライティング
  • エフェクト
  • パッチ

 

などなどいろいろな機能があります。

シェイプなんかはボカした部分の加工だったりできるし

クロップの機能は写真を回転させる事ができます。

 

 

レンズもいろいろな種類がありますが基本的に有料版じゃないと使えない。

ただ、一眼レフカメラみたいな写真を撮影するだけならそこまで頑張らなくても大丈夫。

 

 

 

クロップ

いわゆるトリミングと同じ機能。

撮影時にズームができない代わりに編集の時にクロップ(トリミング)する事ができる。

クロップを選択して写真を2本の指でピンチアウトするとズームができ、元に戻したい場合は2本の指でピンチイン

 

 

絞りサイズ

シャッターの絞りを変更する設定。

数値が小さくなればボケが大きく

数値を大きくすればボケが小さくなる。

 

 

focosの主な機能。

ぶっちゃけクロップと絞りサイズの機能さえ使えれば後は蛇足というか

加工しすぎると写真じゃなくて作品になるから、大体の人はこの二つだけ使えば問題ない気がします。

 

シェイプ

ボケの形を決める設定いろいろな形が選べるけど

全ての種類を使うには有料版を購入する必要がある。

 

ハイライト(プロ版)

明るさの設定、無料版だと使えない

 

ビビッド

色の濃さなどを調整する事ができる機能

色をより鮮やかに見せる事ができます。

 

回転

ボケている部分を回転させる。

シェイプで形を変えたボケを回転させる事ができる。

 

 

楕円

ボケている部分の形を買える。

 

 

 

マットボックス(プロ版)

ボケている部分が重なるように加工できる

 

 

 

発光ダイオード

ボケている部分を発光させる加工。

 

 

レンズ

レンズを変更する事ができる。

またカスタムレンズを独自に設定する事もできる。

 

 

ライティング

写真の明るさを調節する事ができる。

 

 

エフェクト

ボカす場所を近景強度と遠景強度を操作してボケを細かい範囲で設定できる。

 

 

パッチ

パッチ機能はブラシなどを使い

色を塗った部分をはっきりと見せる事ができる。

逆に消しゴムで色を消した部分はボケてしまう。

 

 

指でなぞった部分をボケないようにする機能。

 

まとめ

Fcosはかなり遊べるカメラアプリですね。

思った以上に加工できるから面白い写真が撮れそうです。

 

個人的にはクロップと絞りサイズの変更ができればいい感じに一眼レフカメラで撮影した写真みたいになります。

ダウンロードリンクは下の方に貼ってありあますのでぜひ、ダウンロードしてみてください。

 

自由にモザイクというかボケが入れられるから周囲の風景を自然と消してくれるのでブログとかの写真にも使いやすい

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

focosのダウンロード

iPhone⇒ダウンロード

 

 

カメラアプリ9記事まとめ

 

-おすすめアプリ 無料
-,