スポンサーリンク
ブログ検索

社会問題 時事

テレビに騙されない人が増えたのは何故か?・・・・ポケットの中アレが入ってるから?

更新日:

テレビの偏向報道に騙されない人が増えたのは何故か?

それはネットのSNSやニュースサイトを自由に閲覧できるというのが大きい。

更に言えば動画がテレビのニュース番組よりも上質な情報を出すようになったのも原因と言えます。

 

 

マスコミをマスゴミと揶揄するくらいにはテレビの信用度は落ちたと言ってもいい

テレビや新聞などのニュースをネットで管理できる時代だからこそ、変な情報操作に引っかからない。

 

 

スポンサーリンク

 

テレビは何故、落ちこぼれたのか?

簡単に言うとニュースサイトへ自由にアクセスできるようになった、SNSで自由に意見交換ができるようになった。

この二つが大きな原因ではないだろうか?

 

 

 

昔は、テレビや新聞の言ってる事がおかしいと感じても調べるためには図書館に行ったり、ニュース番組を録画して確認するしかなかった。

 

 

社会人がちょっとした違和感とかおかしい気がするくらいで調べ物ができるほど、暇じゃなかった。

真実を知るために現場に行くなんてのはまず無理。

 

 

昔は情報を得るのに苦労していた。
しかし、今はポケットからスマホを出して検索するだけで半年前とか一年前のニュースが読めたりする。

 

 

賢い人やニュースに対して違和感というか、以前は真逆の事を主張してなかった?

みたいな事を感じたらすぐに調べられるからテレビや新聞が唯一の情報源ではなくなった。

 

 

例えば、テレビで紹介された商品を更に詳しく調べる事もできる。

テレビだと自分の好き嫌いに関わらず特定の情報しか流れない。

 

 

もちろんテレビちゃんねるが100チャンネルとかあれば好きなのを見ればいいけど

テレビの地上波は12チャンネルくらいしかない。

 

 

 

テレビは情報やコンテンツを選ばなきゃいけないのに対して

ネットは情報のバイキング、食べ放題です。

 

 

テレビや新聞で発信された情報を解説する動画や発信された情報を議論する掲示板

それをまとめたまとめサイトなんかもあるわけです。

 

 

 

 

ネットの発達がしたおかげでテレビがやらせをしている事なんかが分かるようになってしまいました。

例えば、インタビューに毎回、同じ人を使ったり、意図的に情報を隠していたりする事が分かってしまう。

提供される情報にダブルスタンダードが見え隠れするようになってしまったというのが大きな原因。

 

渦中の人がSNSで情報発信をしている。

問題が起きた、トラブルが起きた、事件が起きた、そんな時に渦中の人が情報を発信できるようになった。

テレビの偏向報道やネットのデマに対してきちんと反論して真実を伝えてくれる一般の方々がいます。

 

 

 

例えば東日本大震災の時に福島の作物は放射能で汚染されていて危険とか福島にいるとガンになるとか鼻血が出てしまう。

などなどのデマに対して福島県民が「そんな事はない!」しっかり反論してくれます。

 

 

 

もう一つの例で言えば豊洲市場の移転問題の時に小池都知事が豊洲市場の移転は延期します。

という発表をしてテレビは好意的に報道したけど

築地市場で働いている【生田よしかつさん】がYouTubeで築地市場ではこんな話し合いがあって何十年もかけて豊洲市場に移転する事が決まったのに小池都知事が一言で覆したという話の経緯を語ってくれたので真実を知る事が出来た。

 

 

 

こんな風にテレビで報道されている事件や出来事に深く関わっている人が情報発信をしてくれる時代なのでテレビのウソも見破られる。

 

 

テレビの専門家が分析した事よりも実際に現場にいる人の方が重要度が高い。

 

 

スポンサーリンク

 

スマホの進化によって脅かされるテレビ局

スマホで高画質な動画や写真が撮れて素早くSNSに投稿できる。

これにより今目の前にある情報をみんなが知る事が出来る。

 

 

 

高画質、高音質な映像がすぐにアップロードされる。

SNSではいろいろな立場の人が意見を投稿している。

 

 

 

とにかく情報の発信が早い、テレビのニュースがネットの1日遅れで放送されるなんてのはよくある事

何より、テレビの放送というのは朝のニュースと夕方のニュースがほぼ同じ内容だったりします。

ネットでは朝の最新ニュースと夕方の最新ニュースを同時に見る事ができるから続報をテレビよりも早く仕入れる事ができる。

 

 

 

 

テレビは万人に知ってもらいたいニュースばかりを取り上げるから同じ内容を複数回、放送する。

それが悪いって事はないけど、スマホの登場で自分から情報を取りに行ける時代なので

テレビのニュース番組は時代遅れな方法でニュースを流している。

好きな番組を好きなタイミングで観れるネット動画のニュースの方が効率がいい。

 

 

他にも企業が動画チャンネルを作って情報発信をするというスタイルや企業が直接、アニメやドラマなんかをYouTubeで配信するスタイルが登場してきました。

 

 

別にテレビじゃなくてもコンテンツを配信できる時代になってきたため

テレビ局は大事にされなくなったと言えます。

まとめ

テレビに騙されなくなったのは
スマホのおかげで

最新のニュースを素早く手に入れられる
古いニュースを調べられる。

 

 

 

SNSという超巨大会議室がポケットの中にある

これが大きい、調べ物がすぐに出来るから歪曲された情報を調べたらすぐに真実が分かるようになった。

 

 

 

テレビの偏った報道に対していろいろな人が反論できる世の中になったというのが大きい。

後はテレビに出てくる専門家とか大学教授が思ったよりも頭良くない事に気づいたのも大きな理由ですかね?

ではでは(^ω^)ノシ

関連記事

【悲報】もう騙されない!マスコミの偏向報道を許すテレビが信用できない理由とは!

 

テレビに関するネガティブな11記事まとめ

 

スポンサーリンク

-社会問題 時事
-,