政治の仕組みを分かりやすく解説 社会問題 時事

日本の政治問題点とは!2020!桜を見る会から分かる無能な野党。新型コロナウイルスで分かる媚中派

日本の政治は進まない、会議は踊る、されど進まずなんて言葉があるけど建設的な意見があまりない。

そして国益に反するような事をする人間が与党にも野党にもいる。

新型コロナウイルスが発生した中国に自民党の二階俊博幹事長が1万5000個のマスクを中国に送っている。

 

 

これは日本のマスクが足りている状態なら構わないだろうけど2020年2月12日現在足りているとは言いがたい。

日本の防疫対策を議論して何が必要でどういう対応をするのか?

日本国内の防疫を完璧にしてから中国に対する対応を決めるのがスジってものです。

 

 

 

日本には媚中派と呼ばれる政治家がいる。
中国からお金をもらっているのかハニートラップにハマったのか知らないけど

何故か日本よりも中国を優先する日本の政治家がいる。

 

 

 

朝鮮半島や中国に有利な行動をする政治家が多い。

朝鮮半島を擁護する市民団体と一緒になって政治家が街頭演説をしていたりします。

 

 

日本の政治というは反日的な政治家が存在している事が問題です。

 

 

スポンサーリンク

 

日本の政治問題とは

日本の政治問題とはざっくり言えば

 

  • 野党
  • 媚中、親韓派な政治家
  • 財務省
  • 憲法改正

 

細かい話はいろいろありますがだいたいはこの辺り

 

役に立たない野党

立憲民主党や国民民主党、共産党やれいわ新撰組、維新の会など野党はありますが役に立っていない。

安保法案の時、もりかけ問題や桜を見る会

くだらない質疑やパフォーマンスで無駄な時間を使う野党。

 

 

消費増税などの問題

2020年の新型コロナウイルスが流行している。

そんな中で桜を見る会に時間を使う野党は政治センスがない。

 

 

桜を見る会の野党は何が問題か?

桜を見る会は総理大臣が主導して行うイベント野党は最初

桜を見る会は当初の予算よりも3倍の5200万円以上の税金を使っている!

 

 

これはおかしい!となったのですが
単純に参加者が増えていただけ。

 

 

本来なら参加者の基準を明確化するみたいな話で終わるわけです。

安倍総理の支援者をたくさん招待していたのではないか?

 

 

という疑惑を追及したのですが

 

 

総理大臣や政治家が後援会の人を招待するのは慣例になっていた。

今は亡き民主党も行っていた。

また、反社会勢力が来場している可能性を指摘し名簿を要求したのですが運悪く要求した一時間後に名簿が裁断機で処理されました。

ちょうど裁断機の予約時間だったそうです。

 

 

 

更に安倍総理の後援会がホテルニューオータニで前夜祭を行った。

その時の安倍総理が税金でお金を補填したのでないか?みたいな話になっています。

 

 

正直、論点がズレまくりだし

 

 

予算が年々増えてる→総理大臣が後援会の人をたくさん招待している→反社会勢力の方が来場してる可能性→名簿を出せ→シュレッダーで処分済み→前夜祭で総理大臣が税金でお金を補填したのでは?

 

 

ここまで話がズレるのはおかしい。

 

 

 

例えば警察に事情聴取をされて

A「昨日はパーティでした」

警察「昨日はパーティで随分、豪華だったよね?不正なお金を使ったんじゃない?」

A「いや〜宝くじが当たったので奮発しまた。」

警察「パーティで暴力を振るった奴がいたらしいが君じゃないのか?

A「違います」

警察「反社会勢力もいたみたいだが君もそうじゃないのか?」

A「僕は反社ではありません。そういう人がいたかも知れないがよく分からない、知人の知り合いも参加してたし1万人は参加者がいたから」

こんな感じで話を二転三転させるのが悪いところ。

 

  • 不正な金を使った
  • 暴力を振るった
  • 反社会的勢力の一員

 

疑惑自体が二転三転している感じ

事実や証拠があれば良いのですが疑惑の段階で本人に追求する。

 

 

監視カメラの映像でもあれば一発で解決する案件

 

 

 

疑惑を追及するなら責めて一つ、しっかりとした証拠が必要。

 

 

自白を強要しつつ、自分たちは何も証拠になるようなものを提出しない

 

 

 

 

スポンサーリンク

媚中、親韓・チュチェ思想派を追い出す(選挙で)

日本よりも中国や韓国、北朝鮮に有利な行動をする政治家がいます。

理由は知りません。

どうせ、ろくでもない事があったのでしょう。

 

 

問題はそういう人が選挙で当選している事です。

媚中、親韓は選挙で勝てないという構図を作るべきです。

 

 

国益に反する行動をした政治家をリストアップし選挙で投票しないようにする事が大事です。

日本の政治システムというのはしっかりしているため、一人、一人が歯車のようになっています。

 

あくまでもイメージですが。

 

 

安倍総理がいくら国益のために行動したくても媚中・親韓派な政治家や反日的な思想を持つ政治家がいる限り

大胆な舵取りはできない。

 

これは野党、与党関係なく国益に反するような行動をする政治家を監視し、次の選挙では落とす

これが国民の基本戦略になりそうです。

 

 

財務省を歳入庁と歳出帳に

財務省は税金を集め、配るための省庁です。

これを税金を集める省庁と税金を配るための省庁に分割する必要があります。

 

 

財務省もお役所仕事なので時期を見て政治が介入する必要がある。

少なくとも古いシステムを新しくするのは必須

 

だけど、財務省の力が強すぎるから出来ない

 

 

財務省自体が増税を推進する機関みたいになっているのも問題。

結果、消費増税を定期的に提案してくるような国民の敵です。

 

 

デフレな時にインフレ対策を提案するような奴らがデカい顔をしている。

 

 

GDPとか世の中の景気なんて関係なく、財務省で出世とか評価されるのは増税した奴みたいな話を聞きます。

こういった方針を変えるためには国会で審議して変えるしかない

 

 

しかし、国会議員の中には国益に反する行為をする政治家がいる。

媚中・親韓派だったり、既得権益を守るために行動している政治家もいる

 

 

 

 

憲法改正

憲法改正は急務、憲法改正を憲法改悪と叫び、憲法を変えると日本は侵略戦争への道を歩むみたいな話をする市民団体がいますが

信じるに値しない妄言です。

 

 

何故なら侵略戦争は日本になんのメリットもない。

領土問題がある場所に自衛隊を派遣するかもしれませんがそれだけです。

 

 

侵略戦争をする理由は土地やお金、食べ物や技術を奪うためです。

何かしら欲しい物を手に入れるために戦争をしない。

野蛮に戦いがしたくて戦争を吹っかけるみたいな野蛮人のような事はあり得ない。

 

 

まず、国民が許さないだろうし、得るものがなければ戦争しても不満が溜まるだけ

 

 

 

現代の日本では防衛戦こそが大事です。

 

 

日本の海の幸・文化・技術・資源、財産を守るために憲法改正は必須

 

現在の自衛隊では密漁者を捕まえる事も出来なければ、領空侵犯してきた戦闘機に攻撃する事もできない

人に危害がなければ反撃できない

 

 

こんなバカな話があってたまるものか!

 

 

例えるなら不法侵入や庭で好き勝手しているのを指をくわえて見ているしかないという状況

普通は庭で知らないやつが育てた作物を収穫していたり、池の鯉を勝手に持ち出していたら警察に通報しますよね?

 

 

現在の日本では自衛隊は泥棒や不法侵入者に対して何も出来ない。

 

 

まとめ

日本の政治問題を解決するには媚中・親韓、親北朝鮮派の政治家を次の選挙で落選させる事です。

そのためには国民は反日的な政治家を落選させ、新しい政治家を当選させましょう。

 

日本の政治システムというのは歯車を一つ変えるだけじゃ止まらない。

リベラルな方がアベガーと叫んで政権交代を願っていますが

 

安倍総理が失脚したとしても別の総理大臣になったら国が劇的に良くなるわけじゃない。

 

与野党にいる反日的な政治家を排除していく事が大事になっていくと考えます。

テレビが全盛期な頃は難しい話でしたがネット、SNSが発達した現在なら難しい話ではないでしょう。

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

こちらの記事もおすすめ

日本人は合理性が嫌いというのは嘘!

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

-政治の仕組みを分かりやすく解説, 社会問題 時事
-

© 2020 トリビアとノウハウノート