面白いトリビア

ナルト走りがダサいって言うけど実は合理的なんだぞ!

アニメでよく見る、手を後方に流して走るような走り方。

あれは忍者の走り方を参考にしているという事なんだけど

 

 

ナルトや聖闘士星矢、最近じゃ鬼滅の刃の禰豆子なんかがこういう走り方をしていてい話題になっている。

こういう感じの走り方

 

 

実際の忍者走りと比較するとかなり大げさというか短距離走みたいなスピードになっているからこうなる。

 

一部の視聴者からダサいだの普通に走った方が早いだの言われているので

何であんな走り方なのか解説していきたいと思います。

 

 

ネットで調べたり実際に試してみた考察なので実は違うかもしれないけど、そこは悪しからず。

 

 

 

 

忍者走りとは

手を振らず走る事で体に負荷がかからない。

アニメにあるようなわざとらしく腕を後方に流すような走り方ではなく

手を下に下げて脱力状態で短距離走を走るようなスピードで走るとどうしても手は後ろに流れる。

 

 

二重息吹という呼吸法。「吸う、吐く、吐く、吸う、吐く、吸う、吸う、吐く」のリズムで呼吸を繰り返します。

体の使い方は腕を振らずに地面を蹴らないナンバ走りのような形になる。

 

 

 

実のところ腕を振らない事で上半身は自由に使える。

少なくともマキビシを撒いたり、手裏剣を出したりする事ができる。

 

 

腕を振りながらだとそういう事はできない。

 

狭い路地や山道、森の中とかヤブ、川原などの悪路だと腕を振るようりも手を自由に使える方がいい

現実の忍者走りは顔を腕でガードして走る事から整備された町中を走る事は想定されていない。

 

枝が顔に当たらないようにガードしたり障害物をどかしたり

時には柱を掴んで方向転換をしたりできない。

 

 

体が前傾になるのは重心を前に倒しているからそうなると使っていない腕が後ろに飛ぶような走り方になる。

武器や道具をいつでも使えるような走り方と考えると腕を振る方が難しい

 

武器を持っている場合は体に当たらないように腕を後ろに流すようにしている。

 

 

 

陸上競技の走り方とは違う

整備された地面、平らな地面であれば手を降って走った方が早い

これは陸上競技の知識があれば分かる。

ただ、狭い場所や何が出てくるか分からない自然の中や前の見えない夜中など

 

 

咄嗟に腕が使える事が早く走るよりも重要になる。

マラソン選手で腕を伸ばした状態で走る安藤友香選手なんかもいますが

陸上競技の走り方とは違う。

 

 

早く走るよりも疲れないような走り方を目指している感じ

実際、狭い路地を走る時、手を使って壁にぶつからないようにしたりするし

人混みをかき分けるような時に手を使う。

 

 

実際にナルト走りをしてみたというという外国のイベントとかの写真を見ると

つま先で地面を蹴るような動きだからかなり不自然な走り方になる。

 

 

陸上競技の走り方ではなく日本の古来から伝わる体の使い方をマスターする必要がある。

 

 

 

アニメは大げさに表現しているだけ

手を下げた状態で走る描写というのは絵的に地味になるから

わざとらしく腕を後方に流しているけど

実際は脱力しているせいで少し後方に流れるだけ

 

 

気をつけの姿勢から手のひら一つ、二つ分、ズレたくらいで見た目としては分からないくらいだと思う。

極端に腕を後ろに流すと関節がキマってしまってしまう。

 

不自然に前傾姿勢で地面をつま先で蹴るような動きだから、かなりカッコ悪い。

 

 

まとめ

ナルト走りというか忍者の走り方は基本的に道具を使ったり悪路を走る事を前提にしているので

手は振らず脱力している。

 

腕を振ったりすると武器や道具は使いづらいだろうし、道具を持ちながら走る事もあると思う。

単純に早く走るなら陸上競技のような走り方になるのだろうけど

 

悪路を走る、道具や武器を持ちながら走る。

的に見つからないように音をなるべく出さないなど

 

いろいろ考えると腕を振らないのは合理的。

ただ、アニメだと絵面が地味になりすぎるからああいう風に極端に腕を後ろに流している。

 

実際の忍者走りは顔を片手でガードしつつ武器が体に当たらないように後ろへ退避させるという感じになる。

ちょうど体で武器が隠れるようになるのもポイント

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

この記事もおすすめ

縮地法のやり方を独自の理論で解説、ポイントは後ろ足!

 

剣道の足さばきを練習しよう!体の使い方が分かる

 

五輪書で「踵(きびす)を強くふむべし」とある理由とは?小学生にも分かる解説

 

 

-面白いトリビア

© 2021 トリビアとノウハウノート