社会問題 時事

2020年のアメリカ大統領選は不正があったのか?

アメリカ大統領選が2020年11月4日に始まったけど
共和党のトランプさんがバイデンさんの不正選挙を訴えています。

不正があったのか?なかったのか?同盟国の日本としても気になるというよりも民主主義国家同士で付き合う時に選挙で不正をした疑惑がある大統領というのはまず、信用が出来ない。

 

 

 

なので白黒は、はっきりさせてもらいたい。

この記事は現在、分かっている事で考察しておかしな部分を指摘していこうと思う。

本当にバイデンさんは不正をしたのか?

 

疑惑として

  1. ウィスコンシン州とミシンガン州で1時間に10万票以上がバイデンさんにカウントされた。逆にトランプは0票。
  2. 開票の時、共和党の選挙管理委員を追い出した。
  3. 開票作業を見せないように板で隠した。
  4. 既に故人である人の名義も使われている。
  5. 更に郵便投票でトランプさんの票だけ捨てたなんて画像もある。

ランダムに開票して10万票以上が同じ人ってあり得るのでしょうか?

確率論的な話です。

 

日本人の名義で投票されていたとかいないとか

 

 

 

 

 


 

票の水増し

ウィスコンシンでは12万票が1時間で増えた。
ミシガン州では13万8000票が1時間で増えた。

票のカウントを表すグラフが垂直に動いていた。
そんなグラフの動きがあるのだろうか?

選挙は統計と確立で言えば【正規分布】します。
80%が開票された時、10ポイントの差があったら趨勢(すうせい)は持続されます。

ですが、突然、バイデンさんに12万票、13万票という票が追加され

更にトランプさんはその間0票でした。
はっきり言っておかしい。

統計学を習っていなくても怪しいと思える票の動きをしています。

更に投票率と得票率が合っていないというのはおかしな話。

 

 

 

 

 


 

郵便投票が捨てられる。

本当なのか?郵便投票の投票用紙が捨てられているというのがTwitterで投稿されていました。

 

 

 

 

 

これは酷い、バイデンさんがやったのかトランプさんがやったのか分からないが票のカウントを見る限りバイデン側がやったんだと思う。(個人の意見)

投票用紙の遺棄やなりすましの投票はどの国でも犯罪になるんじゃなかろうか?

 

 

 

あの手この手でバイデンが有利に

アメリカの投票用紙はマークシート方式で機械が読み込めない油性ペンを共和党支持者に配っていたなんて疑惑もある。

投票所で開票作業が見えないように板で窓を塞いだ州もある。

ペンシルベニアでは許可証を持った投票監視員が投票所に入れない。

 

 

深夜に投票監視員を帰宅させてから開票作業をしたジョージア州

民主党支持者の家に12年前に死んだ飼い猫の有権者投票用紙が送られるなんて事もあったとか?

他にも故人の名義で投票、明らかに年齢がおかしい人物が投票していたりとかなり面白い事になっている。

 

 

 

トランプ大統領はこれをどう巻き返すのか?

不自然な票の動きがあるのだが、事前に見破っていたのではないかと思われる。

その根拠がこれ

トランプ大統領は不正投票を防止する仕掛けを作っていた。

それがこれ

トランプさんが仕掛けた6Dチェスの罠にバイデンがハマってしまったという海外のブロガーさんもいます。

これが本当なら大逆転どころかバイデンさんの政治的失脚どころかアメリカの選挙法違反にもなるだろうしかなり重い罪が確定するのでは?

まとめ

あり合わせの情報をパッチワークしてみましたが
かなり愉快な事になっています。

明らかに票の動きがおかしかった時点で不正を疑われてもおかしくないだろうし

いろいろな妨害工作がされたというのは本当だろう。

 

 

 

日本でもあからさまな不正ではないのか?
という事が話題になっていました。

 

 

日本のリベラル(反日)な方々が日本の選挙も同じように不正がある〜と言い始めていましたがアホだと思う。

日本の選挙で票が怪しい動きをしたり、票を捨てたりとか開票作業を隠そうとしたりしてない。

 

 

あれだけ、おかしな動きをすれば不正とか数え間違いを指摘されても仕方ないよな

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

この記事もおすすめ

 

生卵を飲むシーンが映画【ロッキー】にあったけど当時のアメリカ人の反応が日本人と違う件

 

2020年、アメリカの暴動は差別が原因じゃないだろうか?

 

 

ブラックフェイスは黒人への人種差別なのか?⇒アメリカの歴史なんて知らねぇしむしろ白人に問題あり

 

 


 

 

-社会問題 時事
-

© 2020 トリビアとノウハウノート