政治の仕組みを分かりやすく解説

税金の無駄遣いとは?やたらと緊縮を叫ぶ人がいるけどお金の流れを考えてる?新型コロナウイルスの影響で見えてくるデフレの病

一般的に税金の無駄遣いと言われる行為にもきちんと意味があったりします。

税金の無駄遣い!っと騒げば騒ぐほど緊縮が進みデフレは加速してしまうと思います。

税金として集めたお金は市場に還元しないとデフレになりやすくなる。

 

 

税金の無駄遣いというのは投資ではなく消費していて、お金(税収)を増やさない。

国民を生かさない使い方を言います。

 

 

割と勘違いしているというか地方自治体が税金の無駄遣いをしている事もあれば税金を活用している事もある。

その違いというのは国民の役に立っているかどうかです。

 

 

目に見えるメリットがある、より多くの税金が取れるようになるのが有益な使い方です。

 

 

 


 

税金は大体が回収できる。

公共事業なんかは分かりやすいですが税金を使って工事を依頼し、道を作ったり橋を作ったりするわけです。

支払われた税金は企業の利益になり、従業員のお給料になるわけです。

そして所得税や法人税として何割か戻ってきます。

 

 

更に言えば道路や橋、建物は定期的にメンテナンスが必要。

大きな道路ができれば車や人がたくさん通り物流が活発になる。

物流が活発になれば人が集まるわけです。

 

そうなると全体の税収が上がる。

 

このように税金を使った結果、より多くの税収が取れるようになる事が良い税金の使い方です。

 

 

地方自治体が作る箱物、墓標は税金の無駄遣い

地方自治体が地方復興として作る施設は人が入らず、墓標と揶揄されます。

これは税金の無駄遣いです。

公共事業で一時的にお金の循環は生まれますが建てた施設が利益を上げられない時点で投資としては失敗です。

 

 

人が集まらず、スタッフのお給料や建物の維持費はかかるけど

大きな税収にはならない

 

 

ずっと自治体の補助金で運営し続けるようなもの

利益を上げて自立できない施設なんてあるだけ無駄です。

 

 

税金を維持費として消費するような、大きなリターンがない使い方が無駄。

 

 

分かりやすい税金の無駄遣い例、豊洲市場開場延期

豊洲市場を小池都知事が開場延期させていました。

現在は豊洲市場でみんな元気に働いているようですが

 

 

豊洲市場の開場延期したというのは税金の無駄遣い。

すぐに豊洲が使えるように仲卸業者のみなさんは冷蔵庫や冷凍庫の電源を入れっぱなしにする必要がある。

その膨大な電力を東京都が肩代わりしていたわけです。

 

 

この件に関しては全く問題ない豊洲市場の地下水が原因だったわけですが

結局のところ科学的に問題ないので豊洲市場は開場できる状態なのに使えなかった。

豊洲市場で働く人たちの邪魔をし、東京都の税金を維持費に使って結果的になんのリターンも生み出さない

 

 

豊洲市場が開場すれば最新のテクノロジーで魚を管理し、観光客も増えるし東京オリンピックの選手村が作られたりと

新たな投資ができるし、豊洲市場に人が集まるから景気も良くなる。

 

 

つまり、税金を使って都民の経済活動を不当に邪魔をした。

だから税金の無駄遣いの最たる例としてあげさせてもらいました。

 

分かりやすい税金の無駄遣い例、あいちトリエンナーレ

反日的な作品が多く展示されたあいちトリエンナーレ、表現の不自由展ですが

あれは税金の無駄ですね、日本で日本国民に自虐史観を与えるようなものを税金で作るべきじゃない

天皇陛下の御真影を焼いて踏みにじるようなものなど

 

 

反日的な思想を税金で垂れ流す行為は日本国民のメリットにならない。

利益がうんぬんではなく、税金で日本人に危害を加えるような行為。

だから、税金の無駄遣いです。

 

 

正直、自治体が補助金を出しているのに国民、県民に良い影響を与えていないからです。

現金収入だって見込めないし、日本人に悪影響を与える。

 

 

 


 

新型コロナウイルスへの経済的な補填

新型コロナウイルスの経済的な補填に関してはとにかくやるべき

ちょっとYou Tubeの動画を見て勉強しただけの@kesuikemayakuですが

中小企業だったりイベントを開催しないと企業が倒産してしまうような企業に対しての補填

 

 

働けない国民に対して現金給付は税金の無駄遣いじゃない。

一見、お金のバラマキに見えるかもしれないけど、現状、放置していると中小企業からドンドン倒産してしまう。

 

通常の社会状況ではなく、病気の蔓延を防ぐために仕事を自粛しろという現状での現金給付は国民の命を救う行為になります。

 

Twitterではこんな意見があります。

政府がK -1中止にし補償せよ、と言うヤツいるがそれって税金。 国民に見たくもないK1のチケット代を負担させよってこと。 あらゆる業界で損害が出てるのにイベントだけ特別扱いって許されるか?

 

これは緊縮脳バリバリでデフレまっしぐら

それに対して@kesuikemayakuはこうリプしました。

 

 

 

自粛させたいなら自治体や政府がチケット代を補填すればいい

単純に言ってそれだけで国民の命を救えるなら安い。

企業や個人が死ななければいくらでもリターンはあるわけだし。

 

怖いのは税金を使わない事で社会が縮小してしまう事です。

 

 

オスプレイを購入するのは無駄じゃない

オスプレイを購入するのは税金の無駄!っと主張する人がいるが防衛のために兵器をアップデートするのは当然。

いざ、防衛戦争になった時に20年前の兵器では話にならないという事態もあるし

最新の兵器と練度の高い自衛隊がいる事はそれだけで防衛になる。

 

 

憲法9条を守る人たちには理解できないだろうけど、国家間は弱肉強食の世界

強くないと話もできない。

 

 

オスプレイなどの最新兵器を購入する事は国民の命を守る事に直結する。

大量に兵器を買い替えたり、使えない旧型を大量購入したりしなければ税金の無駄ではない。

 

 

 

 

まとめ

税金の使い道というのは基本的に投資であると考えると正確に無駄かそうでないかが分かります。

誰にお金が渡り、どうやって税収アップにつながるか

それをシュミレーションすれば、無駄遣いかそうじゃないか明確になる。

 

 

あれもこれも無駄遣いというのは早計で変に無駄遣いは止めようと思って節約するような自治体はダメダメ

大切なのは税収アップや国民の財産、生命を守る事につながるか?

 

これが重要になる。

個人で考えれば無駄遣いになると思いがちな行為も自治体や政府は税収として回収できる。

それを頭に入れておけば正確な判断ができると思います。

 

ではでは(^ω^)ノシ

こちらの記事もおすすめ

消費増税のメリットとデメリットって?今のデフレ日本には必要ない理由

 

 


 

 

トップページ

-政治の仕組みを分かりやすく解説
-

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.