ブログ検索

ブログ検索

社会問題 時事

ヘイトスピーチの問題点!ありとあらゆる演説が・・・

更新日:

ヘイトスピーチは何が問題なのか?
うっかりヘイトスピーチ規制法なんていう物を作ってしまったがために

ヘイトスピーチ規制法を盾に言論弾圧をするやからが現れた事です。

 

 

この規制法はとんだ欠陥があります。

 

 

「ヘイトスピーチ規制法」の正式名称は

 

本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律

本邦外出身者に対する、つまり日本に住んでいる外国人を差別してはいけないという法律です。

 

 

何が問題ってこの規制法には日本人が含まれていない。

だから日本人は差別されても法律は守ってくれないわけです。

 

 

 

これは大問題で日本では

  • 日本人が不当に侮蔑され、攻撃的、脅迫的な言動をしても許されるけれど、
  • 外国人に対して不当に侮蔑され、攻撃的、脅迫的な言動に対してはやってはいけない

民事裁判で不利になる事は免れない感じ

 

 

ヘイトスピーチ規制法は刑事罰がないのが救いではある。

 

 

 

 

ヘイトスピーチ規制法を盾に大暴れする人たち

 

ヘイトスピーチ規制法を盾にデモを妨害したり
街頭演説をしようとする人たちの妨害をする組織がある。

はっきり言って彼らは負け犬だと思っています。

 

 

以前も別の記事で書いたけれど
不当な差別というの理由がない。
だから、反論して論破する事は簡単。

 

 

街頭演説やデモを妨害する人々は反論できないから妨害をしている負け犬である。

その負け犬に妨害の口実というか大義名分を与えてしまっているのがヘイトスピーチ規制法であると考えています。

そもそも、ヘイトスピーチというのは喋ってみなきゃ分からない!

 

 

何せ、相手が口から音を出さなきゃ何を喋っているのか分からないからです。

とにかく喋らせないようにするという行為が言論弾圧というわけです。

 

 

少しでも特定の外国人、例えば在日朝鮮人の方々に対する違法行為や特権的な行為について言及すれば妨害行為をしてくる団体がいる。

 

 

これは危険な行為であり言論を封殺しようとする悪意に満ちています。

ヘイトスピーチは言論弾圧するものではなく対決するもの

ヘイトスピーチに対して妨害をするというのは言論弾圧そのものであり愚かな行為。

 

 

どんなテーマであれスピーチを妨害するというのは民主主義国家にあるまじき行為だと思います。

 

 

  • 喋らせないのではなくきちんと反論する!
  • カウンターヘイトスピーチを推奨します!

 

 

特定の人種、民族、宗教に対して差別を促すようなスピーチをする人がいるなら

 

  • 即座に反論を行い論破する。

 

これが正しいと思う。

言論には言論でスピーチにはスピーチで対抗するのが健全なあり方。

ヘイトスピーチを許さない!と叫ぶのは構わないけど

喋る前からヘイトスピーチは帰れ!と叫ぶのは言論弾圧ではなかろうか?

 

 

あまりにも物事の本質からは遠いし、スピーチを妨害する事が普通になってしまうというのは危険。

 

 

ありとあらゆるスピーチに適応できるからです。

 

 

喋る前からヘイトスピーチだと決めつけて妨害する行為がありになると

ありとあらゆるスピーチが妨害できる事になります。

 

 

まとめ

 

ヘイトスピーチの問題点は規制法を盾に妨害をしてくる。

スピーチをする前にスピーチをやめさせる事が問題

 

 

川崎駅でヘイトスピーチは帰れ!と騒いでいる人たちをみかけたのがこの記事を書くきっかけになりました。

ヘイトスピーチは許さないというのはわかります。

 

 

しかし、スピーチする前からヘイトスピーチは帰れ!と叫んでいる人たちがいる事は危険な兆候だと思っています。

ヘイトスピーチは帰れが!成立してしまうとありとあらゆるスピーチが妨害される可能性があります。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
ではでは(^ω^)ノシ

関連記事

ヘイトスピーチとは?わかりやすく解説!

 

【二度目の人生を異世界で】 アニメ化中止Twitter反応まとめ

 

【2018/8/14】言論の自由を語りたい日本第一党!ヘイトスピーチ規制の最前線!川崎での出来事

 

 

 

 

-社会問題 時事
-, ,