ブログ検索

スポーツ知識

あぐらがかけない人は股関節が硬い

あぐらがかけないという悩みを持つ方が意外と多い。

日本の生活スタイルではあぐらをかくことが多い。

お座敷とかではつらい思いをしてしまいます。

 

 

正座や女の子座りでも良いのですが。
あぐらの方が楽です。

飲み会などあぐらをかく機会は多いので
あぐらがかけるようになる方法を教えます。

 

 

 

あぐらがかけない原因は股関節の筋肉が硬いせいです。

あぐらがかけない程、体が硬いとふとした瞬間に怪我をする可能性が高くなります。

普通の人ならヒザをすりむいたくらいで済むケガでもあぐらのかけない人だと

大怪我になってしまうかもしれません。

 

 

 

なので股関節のストレッチが必要です。

 

あぐらがかけない原因

あぐらがかけない原因は内ももの筋肉が固くなっているのはもちろん

大腰筋が固くなっているからです。

 

大腰筋は腰から股関節の付け根についている筋肉。

大腰筋が固くなると膝が外に開かない状態になりあぐらがかけない。

 

 

大腰筋のマッサージ

 

仰向けになって寝ます。

ケアした方の足を曲げ膝を立てます。

逆の足は真っ直ぐ。

 

 

おへそから横に指3~4本分ずらした位置

そこに大腰筋があります。

両手の指で大腰筋を腰の方に押し込みます。

 

 

押し込んだらおへそ側に指で圧力をかけます。

 

イメージとして腹筋の裏側を触るようなイメージです。

指はそのままで膝を外に開いていきます。

 

膝をできるだけ外に開いたらそこから、膝を上に持ち上げます。

上というのはお腹の方に寄せる感じ?

 

この状態から指でゴリゴリと大腰筋をほぐしていきます。

 

膝が更に外に開くようになったら膝を外に開いて指で大腰筋をマッサージします。

これを繰り返しましょう。

 

 

ストレッチの基本ルール

 

  • 勢いをつけない
  • 深呼吸をしながらやる
  • 伸ばす時間は60秒くらい。
  • 無理せず毎日やる

いつやっても効果がありますが
入浴後は血行が良くなっているのでストレッチ効果がアップします。

股割りなどの股関節を柔らかくするストレッチをしましょう。

IMG_4074-0.JPG

IMG_4075-0.JPG

IMG_4073-0.JPG

左右、足の親指をくっけて前に体を倒すのが一番手軽なストレッチですね。

画像のようなストレッチを毎日やって
2〜3ヶ月効果が出ない場合は骨盤が歪んでいるかもしれません。

 

 

その場合は整体に行った方が良いです。

整体は健康保健が使える場合もあるので安く済みます。

使えるところは「各種保険取扱い」と書いてあります。

 

 

でも、会社(社会保険)市町村(国民健康保険)によっては
整体や接骨院での支払を認めないところもあるようです。

 

 

まとめ

  • まずは股関節のストレッチ
  • ストレッチのルールを守って2〜3ヶ月続ける
  • それでもあぐらがかけないなら整体へ行こう。

ではでは(^○^)ノシ

 

 

-スポーツ知識
-,

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.