日記

ゴキブリの発生する時期は夏!対策は大丈夫?

更新日:

ゴキブリの活動が活発になるのは

気温が25℃以上になった時です。

夏は注意しないと我が家をゴキブリに乗っ取られてしまうかも。

 

 

気温が高くなればゴキブリの活動も活発になります

気温が30℃以上になると飛べる種類のゴキブリは頻繁に飛ぶようになります。

 



 

 

ゴキブリ駆除依頼が多いのは東京

害虫・害獣駆除の会社マイスタースタジオの調べで

依頼が多い県は

1位東京

2位大阪

3位京都

4位神奈川

5位福岡

ついでに最下位は北海道

この結果からみると
ゴキブリは都市の方が暮らしやすいのだろう。

 

 

ゴキブリ対策

ゴキブリの対策はとにかく家にいれないこと

ゴキブリが家に入ってこなければ
増えることもない。

ゴキブリは玄関や窓だけではなく
エアコンの室外機のスキマなどからも入ってきます。

 

 

床下なんかも要注意!

他にもカバンの中に入っていることも(−_−;)

庭やベランダにある鉢植えもゴキブリの隠れ家になっていることがあるので

室内にいれない方がいい。

 

庭やベランダに市販の毒餌をおいて置くとゴキブリがいなくなるのでおすすめ。

 

「水と食料があり、外敵から身を守る隠れ場所がたくさんある家が、ゴキブリの生息に適している」

つまり散らかっている家はゴキブリが住みやすい環境

 

 

ゴキブリはかなりの雑食で、野菜などの食べ物はもちろん、床に落ちた人間の髪の毛やせっけんなどまで食べてしまう。調味料も含め餌になるようなものは、密閉された空間に置いておくことも大切だ。

 

 

 

繁殖力もすごい!
家庭で見かけるのは、
ほとんどがチャバネゴキブリとクロゴキブリといわれるが、

チャバネゴキブリは約1カ月に1回30~40個の卵を、

クロゴキブリは5~6日間隔で約25個の卵を産む。

 

 

しかも、1回の交尾だけで何度も産卵することができるというから恐ろしい。

何匹も見るようならゴキブリの巣ができている可能性大!

ゴキブリを駆除するなら数の少ない4〜5月がオススメ。

 

侵入経路を潰す

ゴキブリの侵入経路は

  1. 玄関・郵便受け
  2. ベランダ・網戸
  3. 排水口・排水溝(風呂場、洗面台、台所、トイレ)
  4. 小さな隙間(換気扇、給気口、ドレンホース)
  5. ものにくっついてくる(ダンボールや観葉植物、プランター)

 

 

玄関・郵便受け

玄関のわずかな隙間から侵入してきます。

玄関が気圧でわずかに隙間があく事がありそういう隙間から侵入します。

 

新聞などを入れる郵便受け、郵便に差し込まれた新聞紙などはみ出ている紙や回覧板などで開けられた

隙間から侵入してくる。

 

玄関にある靴箱や傘立ての隙間など湿気の多い場所に巣を作る事があるので靴箱の下ベイト剤(毒餌)を仕掛けておきましょう。

郵便受けはなるべく新聞紙などを差し込まれた状況にしない。

 

 

ベランダ・網戸

ベランダや庭先はゴキブリが隠れるのにぴったりだったりします。

扉の隙間から侵入してします。

網戸が破れているとその隙間から入ってきます。

 

 

@kesuikemayakuもベランダにゴキブリを見かけたので外にベイト剤を置いたら撃退できました。

ゴキブリは意外と高く飛べるらしく4~5階くらいなら飛んで来れる

そこから歩いて窓から入ってくるというわけです。

 

なのでマンションの高層に住んでいるからと言って安心しないようにしましょう。

ベランダの排水溝をたどってきたという可能性もあります。

 

 



 

排水口・排水溝(風呂場、洗面台、台所、トイレ)

排水口や排水溝はいつも水で満たされているわけじゃない

なので水につかっていない部分をつたって這い上がってきます。

例え、大量の水が襲いかかってきても壁面にしがみついて短時間なら耐える事ができる。

 

 

なので風呂場の近くや洗面台、台所、トイレの近くにベイト剤をおきましょう

洗面台、トイレ、風呂場は近くに作られる事が多いのでそこにおきましょう

 

 

台所は換気扇からもやってくるので気をつけて

 

 

 

小さな隙間(換気扇、給気口、ドレンホース)

給気口や換気扇の隙間、エアコンのドレンホースなどが侵入経路になります。

ドレンホースに関してエバーガードなどのホースに虫が入らないように対策できます。

 

 

換気扇なども虫除けフィルターを貼り付ける事で侵入を防ぎましょう。

給気口フィルターを使って塞ぎましょう。

 

フィルターはこまめに交換して掃除は必須です。

 

ものにくっついてくる(ダンボールや観葉植物、プランター)

ダンボールや観葉植物など、他の場所から持ってきたものにくっついてくる事があります。

特別汚い場所でなければ大丈夫なのですが

 

工場などで働いていると水を使ったり油を使ったりするので意外といる

食品系の工場なら駆除されるし虫が入り込めないようにしているから問題ないけど

 

それ以外の工場はゴキブリとか虫が結構いるからカバンに入り込んだりする場合がある。

 

 

なのでカバンのチャックはしっかり閉める事が大事

そこまで気にする事はないと思います。

 

市販されている土に卵が産んでいる場合もあるのでホームセンターで買った土には要注意です。

 

ベイトを置く場所

  1. 玄関、靴箱の下
  2. ベランダ、庭
  3. 風呂場、洗面所、トイレの近く
  4. 台所
  5. 給気口の近く
  6. 家電製品の下(冷蔵庫)など

 

その他にもくん煙剤(バルサン)など使って駆除します。

 

 

布団はこまめに干す

布団についたホコリやダニ、人の髪の毛や垢はゴキブリの好物

なのでこまめに干してダニを駆除して最後に掃除機をかけてきれいにする。

そうするとゴキブリが好きな餌がなくなるので増える事がない

 

 

 

ビールやジュースの空き缶に注意

ビールから漂うアルコールの臭いやジュースが発酵した臭いはゴキブリが好きな臭い

なので臭いにつられて侵入することがあります。

侵入されないためにもビールやジュースの空き缶はしっかりゴミ袋にまとめて臭いが漏れないようにしましょう。

 

水で軽くすすぐのがベスト。

 

 

 

まとめ

バルサンなどのくん煙剤がオススメ
ふすまなどをちゃんと密閉しておくことがポイント。

他にも殺虫スプレーなどを駆除してゴキブリを駆除しましょう。

ただ、繁殖期の夏にゴキブリが大量発生してしまった場合は駆除業者に頼んだ方が確実です。

 

 

正直な話、僕はゴキブリを見るだけでも嫌です。

体が緊張しちゃいますね

快適に夏を過ごすなら早めの対策をしてみては?

ではでは(^○^)ノシ

 

 






-日記
-