スポーツ知識

剣道と古流剣術【示現流】を比べてどっちが優れているのか?

剣道で古流剣術【示現流】の技術で剣道の試合が勝てるのかという疑問について書いていこうと思います。

結論から言ってしまえば強い方が勝つわけです。

どんなルールであろうと剣道というか剣術、日本刀という武器を振るうために作られた技術であります。

 

 

なので基本的な体の使い方にそこまで違いはないと思っています。

これは剣道実践者で示現流も習っている人からすれば違う意見もあろうかと思いますが

剣道の本質は斬る事にあります。

 

 

早くて強い攻撃を加えるか相手より先に斬ってしまう事が目的。

型稽古にした所でこういう場合は乞ういう風にして斬るという集大成なわけです。

 

 

 
 

 

示現流の稽古は剣道に使える。

示現流の稽古というのは立木打ちや横に寝かした流木の束を木刀で如何に早く、如何に強く打ち込むかという稽古

つまり、素振りです、剣道で言えば基本動作です。

それしか稽古しません、複雑な型や動きはなく早く強い打込をして勝つという流派です。

 

 

居合抜きなんかもやっていますが基本、蜻蛉の構えから打ち込む。

剣道に置き換えれば如何に早く竹刀を振るうかという話になります。

 

 

竹刀が軽いとか真剣は重いとかではなく取り回しの違いなどは殆どないはずです。

早い打込を極めるために示現流の稽古をしてみるのもいいかもしれません。

 

けいすけ
示現流は刀の振りに重きをおいているから剣道の稽古としても効果的
まちゃこ
トンボの構えってあるじゃないあれってどういう意味があるの?

 

 

けいすけ
走りやすい、走っている速度をそのまま攻撃力に変えてるんじゃないかな
まちゃこ
斜めに振り下ろしているじゃない?あれは剣道にはないわよね
けいすけ
そっちじゃなくて薬丸自顕流なら横にした木の束に真っ直ぐ打ち込んでいるからそっちならそのまま流用できるんじゃない?

 

 

 


 

剣道と示現流で想定しているシチュエーションが違う

剣道の試合は遠間から始まります。

そこから一歩、進んで一足一刀の間合いに入るような感じになると思います。

しかし、これはあくまでも決闘の場合です。

 

 

実際の実戦では相手は刀を抜いているかもしれませんし

槍をもっているかもしれません。

出会い頭や待ち伏せの場合、剣道のような中段の構えはあまり意味がない

 

 

中段の構えは攻守ともにバランスがいいでも、乱戦には適さない事もある。

示現流独自の蜻蛉の構えは非常に乱戦向き、何せ走って間合いを詰めて斬る事ができます。

サーチ&デストロイな構えと言ってもいいですね。

 

 

まちゃこ
基本的に走り込んで一撃必殺なのね

 

 

けいすけ
一太刀で仕留めないと危ないからね
まちゃこ
剣道は原則一体一だから防御とかを考えてもいいけど、実戦の複数対複数の戦いでは役に立たない技術も多いんじゃかろうか?

 

 

まちゃこ
逆に示現流が剣道の試合で負けてしまう可能性もあるわね
けいすけ
よーいドンで始めるもんでもないしな

 

まとめ

剣道と示現流どちらが優れているかという議論は全くもって無駄と言えます。

なぜなら剣道は一対一を想定しているに対して示現流は乱戦、合戦を意識しているからです。

もちろん、ちゃんと意味を理解していれば剣道の技術体系に示現流の技術を混ぜる事は可能

 

 

 

どちらが強いというものでもないと思います。

何せ思想が違うから純粋に比べられるものではないと思います。

示現流は一撃必殺というのは刀を早く強く打ち込む事が主眼であるから

 

 

剣道の竹刀を早く振るう技術であるとも言えるわけです。

なので剣道の試合でも活躍するはずですよ。

ではでは(^ω^)ノシ

関連記事

 

剣道の足さばきを練習しよう!体の使い方が分かる

 

武道の雑学8記事まとめ

 

剣道三倍段の意味とは剣道経験者的な考察

 

 




 

 

-スポーツ知識
-

© 2020 トリビアとノウハウノート