哲学的思考と人生

【武士道とは死ぬことと見つけたり】 続きを読むと意味が分かって役に立つ

更新日:

武士道とは云うは死ぬ事と見付けたりなんて言葉がありますが

意味がきちんと伝わってなくて玉砕を賛美するような使い方をしてしまいがち

 

 

自らの信じるもののために死ぬ事が正義

みたいに使われる事が多いですが間違い

まちゃこ
サムライスピリッツで武士道とは死ぬことと見つけたり  修羅道とは倒すことと見つけたりとか言ってるわよね。
けいすけ
格ゲーとかで使われてるよねwww
まちゃこ
ガンダム00のブシドーことグラハムさんの名台詞としても有名ね
けいすけ
銀魂のタイトルはどうかと思うけどwww

 

しかし、本来の意味は佐賀藩士 山本常朝が、「葉隠聞書」にこう書いてる。

原文

「武士道と云うは死ぬ事と見付けたり」として、続きは
【原文】
『二つ二つの場にて、早く死方に片付ばかり也。別に子細なし。胸すわって進む也、図に当らず、犬死などいふ事は、上方風の打ち上りたる武道なるべし。
二 つ二つの場にて、図に当るやうにする事は及ばざる事なり。我人、生る方がすき也。多分すきの方に理が付べし。もし図に外れて、生たらば、腰ぬけ也。此境危 き也。図に外れて死にたらば、気遣いにて恥にはならず。是が武道の丈夫也。毎朝毎夕、改めては死々、常住死身に成て居る時は、武道に自由を得、一生落度な く家職を仕課すべき也。』

 

まちゃこ
原文の言い回しが難しいわ!
けいすけ
意訳するとこうなります。

 




 

意訳

二つのうち一つを選ぶ時、例えば生きるか死ぬかと言った、選択肢があったら死ぬ方を選んだ方がいい。

難しい事ではなく、腹を括って進めばいい
上手くいかない事を考えたり、それでは犬死、失敗を考えるのは上方風の武士道。

自分も他の人も生きるのが好きだ、おそらく好きな方、楽な方にいろいろな理屈をつけて進むだろう。

 

 

 

もし、選択を誤って生き延びる、本当にやるべき事から逃げて生き延びるのは腰抜けである。

 

 

思ったように生きるのと思ったようにいかないで生きるのは紙一重の差でしかない。

うまく行かず死んでも「気違い」と言われるだけで恥にはならない、これが武士道の一番大切な事

 

 

毎日、朝と夕方に死ぬ覚悟を固めると武士として自在の境地に達して、一生失敗する事がない、家職を全うできる

 

 

 

感想

この言葉が刺さる人はいるんじゃないだろうか?

山本常朝は生きるか死ぬかの選択肢で死ぬ方を選ぶといい葉隠聞書に書いた。

思ったとおりに生きるには死ぬ覚悟が必要
その覚悟さえ決まれば自由に生きられるみたいな事じゃないかと思っています。

 

 

 

現代で当てはまれば明日の不安を理由に転職ができないだとか

思い切った挑戦ができない。

 

 

人からバカだキチガイだと言われようとやりたい事に挑戦するには死ぬ気で取り組むしかない。

 

 

 

細かいニュアンスだけど

「死にたい」と「死ぬ気」は違うもの

死にたいという言葉の本質ってゆっくり眠りたいに近い

逆に死ぬ気というのはがむしゃらに頑張る事。

 

 

 

 

挑戦する事、挑戦する人を上から目線で批判するのは逃げであり

自由に生きたいと思う心に枷をつける事になる。

 

まちゃこ
人間ってついつい、やらない理由を考えちゃうし現状維持や保身を考えちゃうのよね
けいすけ
でもさ、この考え方って基本的に心身を鍛えて気力が充実している事が前提だよね
まちゃこ
心身が摩耗している人がこれやると本当に死ぬわね
けいすけ
心身が摩耗してしまう人というのは大事な選択で死ぬ気になれなかったんだろうね
まちゃこ
例えるなら、敵に追いかけられている時に目の前に全力でジャンプすれば飛び越えられる溝があったらどうするみたいな話
けいすけ
ミスれば死んじゃうからといって敵と戦っているうちに心身が摩耗したと?
まちゃこ
サラリーマンとかでさブラック企業に勤めていて辞めたいけど辞めたらどうなるか不安で辞められないとか典型じゃない?
けいすけ
自由に生きるには覚悟がいるって話なんだね~

 

まとめ

 

やりたい事、やるべき事があるなら覚悟を固める必要がある。

そういう意味をこめて佐賀藩士 山本常朝は、「葉隠聞書」で

「武士道と云うは死ぬ事と見付けたり」

と書いてるというわけです。

 

 

覚悟を決めれば自由に生きられる!
・・・それが一番難しいと思う今日この頃です。

ではでは(^ω^)ノシ

 




 

武道の雑学8記事まとめ

 



 

-哲学的思考と人生
-,