身だしなみ

スーツの防寒対策とは?あんまり着ぶくれたくない!寒さも防ぎたい!

冬にスーツを着ているとやはり気になるのが寒さ

トレンチコートなどを羽織ればある程度は寒さを防げますが

 

 

如何せん着ぶくれすぎるとかっこ悪い

更に言えばアルバイト中、意外と冷えるんだけどスーツ以外は認めないという場合

 

 

スーツの中にいろいろ着こむようにして着ぶくれしないようにする方法を考えました

 

主に

  • インナーダウンを着る
  • ワイシャツの下にヒートテック
  • ジャケットの内側、腰のあたりにカイロを貼る
  • アンダーウェアを着る
  • マフラーを使う

 

 

 

 

 

空気を逃がさない事が防寒対策になる。

外気温と体温の間の熱交換は、空気分子を通して行われます。

ある程度の空気層を保ったうえでそこから空気が出入りできない状態を作り

尚且つそれが断熱素材であれは言うことなしだろうと思います。

 

 

 

但し、人は発汗があるので、蒸し風呂状態になります。

それを防ぐ素材として、ゴアテックスやエントラントというものが古くから存在します。

スキーや登山用の防寒具には使われています。

 

 

そこまでやらなくとも、ネクタイは首元から空気が抜けるのを防いでくれます。

昔から、ネクタイ一本=シャツ一枚と言われるくらい断熱効果があります。

 

 

マフラーなどで、首筋などの素肌と外気を直接触れないようにすると効果があります。

つまり、体の熱を逃がさないようにする事が防寒対策になるが

やりすぎると蒸し風呂状態になるのでいろいろ調節する必要がある。

 

 

インナーダウンを着る

インナーダウンとはベストになっていて薄いダウンベスト

ワイシャツの上から羽織その上からジャケットを着る。

 

 

ダウンジャンパーのベストだからものすごく暖かい。

見た目でインナーダウンを着ている事がわかってしまうが服装を限定されていなけば都内ならこれで十分

 

 

薄くてスーツの上からでも目立たないので着ぶくれる心配はない

 

 

 

 

 

ワイシャツの下にヒートテック

保温性のインナーを着れば都内なら十分でしょう。

首元が寒ければマフラーをして。稀に強風で体感温度が下がる時だけ薄手のコートで防風すれば良いと思います

 

 

ワイシャツの下にヒートテックを着る。

ヒートテックは熱を逃がしにくいのが特徴。

インナーの上もしくはインナーの代わりにヒートテックを着ると暖かい

 

 

ワイシャツの下に着るので他人から見て防寒対策をしていると思われない。

 

 

 

 

ジャケットの内側、腰のあたりにカイロを貼る

ジャケットの内側にカイロを貼るのも有効です。

腰のあたりに当たるようにカイロを貼ったり

 

 

 

もしくは丹田、おへそから指3~4本下を温めましょう。

丹田に貼る場合はインナーやアンダーウェアに貼ると目立ちにくい。

 

 

 

太い血管がある場所を暖めると体は冷えにくくなります。

 

 

 

肌に直接当てないようにしましょう。

肌に直接当てると低温火傷の危険性もあるので布に貼る。

 

 

 

 

 

 

アンダーウェアを着る

 

 

暖かいインナーを着る。

薄くて暖かいアンダーウェアを着る。

ズボンの下にレギンスやステテコなどを身に着けると寒くない

 

 

下半身が冷えるとトイレに行きたくなったりする。

上半身の防寒はバッチリだけど下半身の防寒はおろそかって場合もあるのでボトムスも重ね着しよう。

 

 

ショーツにもお腹までカバーするタイプがあるのでお腹が冷えるのを防げる。

もしくはインナーの上から腹巻をつけてワイシャツを着る。

見た目も着ぶくれず暖かく過ごせます。

 

 

人によってはお腹だけを暖めたいという人もいるのでアンダーウェアで調節すると快適です。

 

 

クライミングやスノーボードやバイク用などのインナーを上下で着ると暖かいと思いますが、暑すぎる場合は5分丈にするなど調節してみてください。

ユニクロやワークマンやスーパーの防寒インナーでも全然良いと思います。

 

 

マフラーを使う

マフラーやネクタイなどで暖かい空気を逃がさないようにする

ネクタイをつける事でシャツの中にある空気を逃がさず暖かい

 

マフラーにも同じ効果がある。

 

更に首を暖めことで暖かい血液が全身を巡るので暖かくなる。

 

 

手袋などで体の末端を冷やさないようにすると体が冷えにくくなる。

首周りや耳に当てものをすると効果的でしょう

 

 

 

まとめ

スーツの防寒対策としてコートやジャンパーを着る以外に

  • インナーダウンを着る
  • ワイシャツの下にヒートテック
  • ジャケットの内側、腰のあたりにカイロを貼る
  • アンダーウェアを着る
  • マフラーを使う

 

とにかく体の熱を逃がさないように重ね着する。

最近は薄手で目立たないようなインナーが多いから

スーツの下に着こむ事でかなり暖かい。

 

スーツや制服の下に着て防寒対策しましょう。

 

重ね着に関してもこれがベストというのはなかなか決めづらい。

なので個々人でそれぞれ、調節していくしかない。

 

重ね着しすぎて汗をかいたら本末転倒だし、薄着になっても寒い

バランスを考えて防寒しましょう。

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

この記事もおすすめ

ビジネスマンの身なりを極める!スーツ・ネクタイ・革靴に関する記事まとめ

 

ズボンの重ね着は冬のバイクには必須!

 

靴下の重ね履きは逆効果!?足の冷えを取るにはどうすればいいの?

 

 

 

 

 

 

 

 

-身だしなみ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2022 トリビアとノウハウノート