日常生活の裏ワザ

食費は節約しない方がいい!削るのは固定費

食費を節約するのは一番、最後です。

食べ物をケチると栄養不足になりがちだし

安い食べ物は炭水化物が多いから太りやすい

 

 

食材を無駄にしないとか広告の安売り商品を買うくらいの節約はありだけど

食費を月2万円に抑えるとかは難しい

 

一人暮らしで自炊しても一日600円くらいで生きるのはしんどい

大切なのは固定費を削る事です。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

食費を節約するには避けるべき

食費を節約するのは避けるべきです。

単純な話、子育て世代なら育ち盛りの子供たちにたっぷりご飯を食べさせる事が一番、良いわけで

下手に食費を削って子供たちが栄養不足にでもなったら大変。

 

 

栄養バランスが取れた食事を取る事で免疫力もつくから医療費は少なくて済む。

大人でも食事は重要で美味しいご飯やお酒は活力になる。

 

 

 

栄養不足の頭で仕事をしても効率が落ちるだけ全然、稼げない。

 

 

 

 

 

固定費を削る

毎月、必要なお金を少なくする。

食費で1円~2円を意識するよりも大きな節約になる。

 

節約できるものとして

  • スマホ代
  • 家賃
  • 電気代
  • ガス代
  • インターネット回線代
  • 保険料
  • 定期購入しているもの
  • 定期課金しているもの

などなど削れるところはトコトンを削った方がいい

 

 

基本的にプランを見直すだけでかなり節約ができる。

いらないものを解約し、必要なものでも安いプランに切り替える。

快適に生活できてそれで固定費が安くなるように設定するのがポイント

 

 

スマホ代

スマホはキャリアを変更して格安simに変えるだけでかなり節約できます。

スマホ代って月に1万円以上、必要だったりしますが

 

 

楽天モバイルの基本料金を見ると月々2980円とか破格の安さだったりします。

ちなみにソフトバンクが月々3980円とかです。

auの月々1980円ですがデータ通信をすれば最大4480円みたいなプランだったりします。

 

 

基本パケット定額じゃない料金プランはうんこなので要注意です。

パケット定額のないスマホプランなんて青天井だから怖くて使えない。

 

 

家賃の安い家に住む

家賃の高い家に住むよりも家賃の安い家に住む。

通勤のメリットを考える必要はあるだろうけど

テレワークで在宅勤務ができるなら会社から遠くても大丈夫です、

 

 

たまに通勤するくらいなら多少、遠くても問題ありません。

それよりも家賃7万円が家賃3万円になったらかなり生活が楽になると思いませんか?

 

 

引っ越し代は高いかもしれないけど、それでも長期的に見ればかなり安く済む。

 

 

 

電気代・ガス代

電気代やガス代も電力会社、ガス会社を買えたり電気・ガスをセット料金で提供する会社もある。

食費を節約するよりも電気代、ガス代の基本料金を見直す方が節約になる。

定期的に使うものだし、節約もしやすい

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

インターネット回線代

インターネット回線なども月々かかる。

スマホだけなら無線LANルーターを取り付けて使えばいい

正直な話、家でしかスマホで動画を見ないなら最低限のスマホプランで無線LANルーターのwifiに接続すれば格安になる。

 

 

インターネット回線も月々5000円くらい。

パソコンを何台接続しても値段は変わらないし、simのないスマホも使える。

 

 

 

保険料

保険料の見直しは節約には必要不可欠。

備えあれば憂いなしとはいうけど、それが家計の負担になってはいけない

できるなら安いプランでもいい

 

 

 

 

定期購入しているもの

定期購入しているコンタクトレンズとかサプリメント。

いらないものはドンドン解約しましょう。

 

地味に家計を圧迫する原因になります。

子供の習い事とか本当に必要なものだけを残して解約するのがベスト

 

 

サプリメントとかも効果が実感できなかったりするだろうし、コンタクトレンズもメガネを使えばいらない

ケースバイケースで選んだ方がいい

 

 

 

定期課金しているもの

スポーツジムとか月額課金が必要なサービスなどですね。

ジムは行かないなら解約した方がいいし

月額課金しているもので全く使わないサービスは即解約しましょう。

 

 

例え、月額1000円程度でも塵も積もれば山となると言います。

ネット配信動画サービスとかも見たい動画が配信されている時だけ加入すればいいくらいの感じ

 

 

そういう意味じゃ、NHKの受信料は最悪なんだけど

 

 

変動費は節約しづらい

食費などは変動費し毎月、金額が変わるものです。

野菜が高くなったりするし季節の食べ物なら安いけど安くない食べ物もある。

服だって季節によって買い替える必要があったりするし

 

 

節約しても誤差の範囲になりかねない。

もちろん、外食中心から自炊に切り替えたらそれなりに食費に変化は出るだろうけど

毎月、同じ金額にはならない。

 

 

食費を2万円に抑える労力を考えるよりも固定費を削った方が楽で金額が大きい

節約して貯めたお金をどうするかで将来の不安も解消されるだろう。

 

 

まとめ

食費を節約するというのは悪い事じゃないけど

それはおやつ代とかお茶代を節約するとか

無駄に買い込んで駄目にする食品を減らすとか

 

 

大飯食らいの食料を減らす程度の話で

必要な栄養が不足しそうなレベルで節約するべきじゃない。

 

 

1日600円くらいで月に食費2万円とか難しいしやるべきじゃない

それよりも固定費を削る方が大事、固定費というのは負債だから

負債を減らしていけば家計は楽になるのが必然

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

この記事もおすすめ

一人暮らしの学生がジュース代を節約して貯金できるか?コツは?真空断熱ケータイマグの出番だ!

 

スマホの通話料を節約できるアプリ これでかなり節約できる!

 

節約ができない貯金 0 円の理由がTwitterで判明!

 

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

-日常生活の裏ワザ
-

© 2020 トリビアとノウハウノート