食事の雑学

美味しいさつまいもの見分け方!蜜がたっぷり入っているのはこれだ!

投稿日:

秋といえばさつまいもを使った焼き芋が美味しい季節です。

しかし、中には美味しくないさつまいもがあって

 

 

 

焼いてみたけど繊維質であんまり甘くないさつまいも

最悪なのは中身がスカスカになっているようなさつまいもだとがっかりしてしまいますね。

 

 

 

この前、御近所さんからおすそ分けでもらったさつまいもがあまりにも美味しくなくて調べてみたら

さつまいもの事がいろいろ分かったのでシェアしていきます。

 

 

スーパーマーケットで買ったさつまいもとおすそ分けでもらったさつまいもを比べてみました。

 

 

美味しくないさつまいもは煮物にしたり潰して砂糖を加えてお菓子にする

間違っても焼き芋として食べるべきじゃないですね。

 

 


スポンサーリンク

 

美味しいさつまいもの見分け方

美味しいさつまいもを見分けるポイントは

  1. 重さ
  2. 切った断面

 

 

皮に張りがあって紫色が鮮やかに出ているもの

皮の色は鮮やかな紫色のものを選びましょう。

 

色がくすんでいたり、表面に黒い模様が出ているのはNG

黒い模様は低温障害と言って保存していた温度が適切じゃなかった可能性があります。

 

 

 

ヤラピンというのはさつまいもに含まれている灰汁というか甘味の元ですね。

ヤラピンが抜けていると甘みがなくなって美味しくないです。

 

 

 

カットした部分からヤラピンが出て科学反応を起こすと黒くなります。

 

 

表面にシワや凹凸がないものを選ぶべし。

 

 

 

デコボコしていないもの、ひげ根が少ないもの

形がデコボコしているさつまいもは繊維質で美味しくないです。

形が良くてもくぼみが深いさつまいもは美味しくないです。

 

 

凹みが深い場所は繊維質なのはもうその部分から芽が出てしまっているからです。

芽はさつまいものデンプンをエネルギーにして成長するから

凹みが深いさつまいもはデンプンが抜けてしまっている。

 

 

 

だから美味しくない。

ひげ根が多いものや大きな凹みがあるものは避けよう。

 

 

 

ひげ根や凹みの大きいものは栄養が抜けている。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

同じくらい大きさでも美味しいさつまいもは重い

同じさつまいもでもデンプンが詰まっている方が美味しい。

デンプンが詰まっている方が重いから同じ大きさでも重い方を選ぶべし

 

 

 

きれいな紡錘形(ぼうすいけい)ラグビーボールのような形になっている

きれいな紡錘形、葉っぱやラグビーボールのような形に近いものを選びましょう。

細長い形よりも真ん中が膨らんだラグビーボールのような形のさつまいもは甘くて美味しい。

 

売っているさつまいもはきれいな形だけどはじっこを切ってあるからラグビーボールの形をしているかは微妙。

 

おすそ分けしてもらった方はラグビーボールの形しているけど、小さいような印象。

 

切った断面から蜜が溢れる、飴色になっている

切った断面から白い蜜、ヤラピンが溢れるさつまいもは新鮮です。

断面が飴色、黄色くなっているものが蜜をたっぷり持っていて美味しいさつまいもです。

 

 

スーパーマーケットで買った方は断面が黄色

 

 

 

 

おすそ分けでもらった方は断面が白いけどヤラピンがじわり。

 

 

 

 

切った断面がヤラピンで固まっているものは分からないけど

包丁で切ったばかりの部分が白いというのはあまり美味しくない。

 

 

新鮮なさつまいもは切った後にヤラピン、白い汁が溢れてくる。

白い汁をじっくり低温で加熱すると甘くなるのでヤラピンがたっぷり入っているものを選ぶ。

 

 

切った断面が黒くなっているものは蜜(ヤラピン)が固まっているからです。

スーパーマーケットで買う時はさつまいもの茎とつながっていた部分にヤラピンが固まっています。

 

 

 

その断面についたヤラピンが白い方が鮮度がいいフレッシュなさつまいもになります。

 

 

スーパーマーケットで買ったさつまいもは断面が黄色で貰い物のさつまいもは切った断面からヤラピンがじわりと滲む

 

多分、おすそ分けした方がフレッシュなんだろうな。

 

 

買ってはいけないさつまいもとは!

買ってはいけないさつまいもは

  • 芽が出ている、ひげ根が多いもの
  • 表面に黒い斑点があるもの

 

 

 

芽が出ているもの

芽が出ている部分から養分が失われてしまうから美味しくない

じゃがいもみたいに芽の部分に毒があるわけじゃないけど

 

養分が抜けて繊維質がのこってしまうのでおすすめしない。

 

 

 

表面に黒い斑点がある

表面に黒い斑点がある場合は適切な温度で管理されていなかった可能性があります。

黒い斑点が出るのは低温障害が原因、さつまいもの適切な保存温度は13~16℃

それよりも低い温度だと斑点ができやすい。

 

 

まとめ

美味しいさつまいもの見分け方

 

美味しいさつまいも

  1. 皮に張りがあって紫色が鮮やかに出ているもの
  2. デコボコしていないもの(芽が出ていない、ひげ根が少ない)
  3. 同じくらい大きさでも美味しいさつまいもは重い
  4. きれいな紡錘形(ぼうすいけい)ラグビーボールのような形になっている
  5. 切った断面から蜜が溢れる、飴色になっている

 

 

 

 

美味しくないさつまいも

  • 皮に張りがない
  • デコボコしていてひげ根がある
  • 形が紡錘形じゃない
  • 切った断面が白い

 

 

 

美味しいさつまいもを楽しみましょう!

個人的な結論として多少、形が悪くても蜜がたっぷり入っている方が美味い。

同じさつまいもでもヤラピンがたっぷり入ってる方は焼き芋にするとねっとりとした感じになるし

 

甘くて美味い。

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

スポンサーリンク

-食事の雑学
-, ,