ブログ検索

政治の仕組みを分かりやすく解説

令和元年!特定野党がいらないと言われてしまう理由

令和元年というおめでたい年ですが政治はぐだぐだ、その理由は野党にあります。

Twitterで情報を集める中で浮かび上がってくるのが野党は反対ばかりで対案を出さない。

 

 

パフォーマンスしかしていないという事です。
11月現在、桜を見る会で倒閣運動をしていますが政治の素人ながら見ていて難癖をつけているだけ。

指摘する箇所が二転三転していてとっくに終わった話を続けている感じがします。

 

 

インターネット、SNSが発達したおかげで野党のくだらないパフォーマンスやマスコミの偏向報道が分かってしまう現代だから

今の野党はいらないみたいな話になる。

 




 

倒閣運動にしか興味がない

野党は倒閣運動にしか興味がないのです。
本来、野党は与党が提案する法案に対して問題点を洗い出し、対案を作ったり法律運用するにあたり盲点になる部分を探すのが仕事。

もしくは法案を与党に提案するのも仕事ではないでしょうか?

 

 

 

安保法案やTPPなどに反対していたり
民主党時代に賛成した法案でさえ反対する。

 

 

まさにパフォーマンス

 

 

もちろん、全てに反対しているわけではなく。
国のあり方を左右するような法案に対しては全て反対しているという感じ。

国民の注目が集まる法案だけ反対している。

 

 

憲法改正議論は絶対にしない

特定野党は絶対に憲法改正議論に参加しない姿勢を見せている。

国の根幹を揺るがすような憲法改正は絶対にしたくないから議論を深めないという。

 

 

政治家としてあるまじき行為。

彼ら彼女らは何故、憲法改正議論をしないのか
反対を表明する事すら放棄している。

 

 

 

憲法改正は絶対にやらないとダメ。
自衛隊の足枷を外してもっと積極的に日本を防衛してもらいたい。

 

 

 

スキがあればサボる。

特定野党はとにかく審議拒否が大好き。

GW前に18日間の審議拒否をしてみたり。

桜を見る会をダシにして審議拒否をするそうです。

 

 

 

世界を見ても今は世の中が揺れている時期。

香港はデモというか内紛状態だし、中国とアメリカの貿易戦争。

日本の近くにミサイル(飛翔体)を打ち込む北朝鮮

 

 

 

本来なら憲法改正議論や香港、中国にどう対応するか?

話し合う必要がある。

 

 

 

消費増税したばかりだけど、景気が悪くなった時の対応はどうすべきか?

野党は国会をサボっている場合じゃない。

 



 

ダブルスタンダード

野党は与党が答弁している時にヤジを飛ばしまくり

野党が答弁している時に安倍総理がヤジを飛ばしたら大騒ぎする。

与党はダメだけど野党はOKみたいなダブスタが目に余る。

 

 

 

身内に甘く他人には冷たいとかそういうレベルじゃなくて

身内はどんな無礼を働いても注意しないけど他人に対しては些細なミスすら許さないレベルなんです。

 

 

 

身内は路上にゴミを捨てたり放尿する事に何も言わないけれど

他人がうっかりレシートを路上に捨ててしまったら鬼の首を取ったかのように騒ぐ

特定野党の振る舞いというのは比喩ですがこれに近い。

 

 

 

身内のトラブルはうやむやにして揉み消すけど
与党が少しでもミスをしたらスッポンのように噛みついて離さない。

 

 

 

これがいやらしい。

 

 

 

自分たちに甘く、他人に対してはドライアイスのような冷たさ

そのような態度だから自分たちが過去に起こした言動がブーメランとなって突き刺さっている。

棚上げして喋るにしても限度がある。

 

 

 

まとめ

野党がいらないと言われてしまう理由は

  • 倒閣運動、アベガーにしか興味がない
  • 国を左右するような法案には絶対に反対。
  • 憲法改正議論は絶対にしない
  • 隙があれば審議拒否
  • ダブルスタンダードが過ぎる。

与党、野党の仕組みはいるけど今の野党は捨ててしまいたい。

本当に一部しかまともに議論していない。

 

 

少なくとも国民からはそう見える。

昔からそうだったのか民主党政権が倒れた後からこうなったのかいまいち分からないけど。

 

 

今の野党が日本のために政治をしているようには見えない。

与党は国防と経済を変えたいと思っているけど、野党が無能というかわざと足を引っ張るから上手くいかない。

 

左翼と右翼、本来は愛国心を持っているものなんだけど、左翼である野党が反日だからな~

 

ではでは(^ω^)ノシ

 






-政治の仕組みを分かりやすく解説
-

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2019 All Rights Reserved.