Translate:

当サイトはアフィリエイト広告を使用しています コンピューター (スマホ・パソコン・ゲーム)

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法!意外とムダが多い?

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法はいろいろある

きちんと設定しておかないとバッテリーがすぐに減ってしまう。

 

 

長持ちさせる方法を紹介します。

 

 

 

 

 

バッテリーを長持ちさせる使い方がある!

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法があります。

バッテリーの交換時期は2年と言われていますが交換している人は少ないと思います。

 

充電の減りが早く、モバイルバッテリーが必須という人もいるでしょう。

ソシャゲのヘビーユーザーなんかはずっとゲームをしていたりもするから

 

バッテリーを長持ちさせる方法は必須と言えます。

 

 

 

充電しながら操作しない

iPhoneを充電しながら操作しない

ソシャゲで遊びながらコンセントにつないで充電というのはやりがちですが

iPhoneを操作しながら充電するのは電池に負荷がかかります。

 

 

だから、充電する時はスマホをいじらない

スマホに使われるリチウムイオン電池は充電しながらの操作に弱い

充電しながら操作するとバッテリーが劣化してしまうので止めましょう。

 

充電中はパソコンや古いスマホなんかを使うと良いでしょう。

 

 

過充電しない

スマホを充電しっぱなしというのはバッテリーを劣化させる原因です。

基本的にスマホは80%くらいまで充電しておくと良いでしょう。

 

バッテリー切れ(0%)や充電100%にはせず、その手前で止めるとバッテリーの劣化を抑える事ができます。

 

iPhoneはフル充電サイクルを500回を繰り返しても蓄電容量の最大80%を維持するように設計されています。

 

100%の充電を何日かで消費する事でワンサイクルとされています。

それを繰り返していても2年は80%を持続してくれます。

 

 

充電ケーブルは正規品かApple認定品を使いましょう

iPhoneに使われるライトニングケーブルって壊れやすくてそれなら100円ショップの安いケーブルでいいやと思う人も多い

筆者もその一人です。

しかし、多少高くても正規品かもしくはApple認定品を使った方がいい

 

格安ケーブルは

  • 充電が遅い
  • ケーブルの耐久力が低い
  • データの転送や同期ができない

 

正規品は

  • 充電が速い
  • 壊れにくい
  • ケーブルと端子の厚みが正確なため安定する

 

いろいろな利点がある。

 

アプリを終了させる

アプリを終了させましょう。

iPhoneの画面を下から上にスワイプ(スライド)させるとバックグラウンドで動いているアプリの一覧が表示されます。

 

アプリの一覧を下から上にスワイプするとアプリを終了させる事ができます。

人によってはアプリを終了させずに何個も起動させたままという人もいます。

そういう人はアプリをこまめに終了させると長持ちします。

 

 

 

低電力モードにする

充電が20%になると低電力モードに設定しますか?

という表示が出る

低電力モードにすると充電が80%になるまでダウンロードやメールの通知などを抑えてくれます。

 

充電が80%になると解除されます。

 

 

 

1週間に一度は電源をOFFにする

スマホは電源が入っている限り毎日、フル稼働しています。

つまりそれだけ負荷をかけているという事です。

iPhoneの電源を切る事でバッテリーを休ませる事ができます。

 

 

週に1回、短時間でもバッテリーを休ませるとバッテリーの寿命は伸びます。

古いスマホと併用すると今、メインで使っているiPhoneを休ませて守る事ができます。

 

 

safariのタブを消去

公式ブラウザSafariを使っている人で何十個もタブを開いている人がいたりします。

筆者の母は機械オンチなせいかSafariのタブを100個近く開いたままにしていたのでびっくりしたのを覚えています。

タブが開いたままというのはもちろんバッテリーに負荷がかかるので適度に消去して使いましょう。

 

 

Safariに限らずブラウザアプリのタブはこまめに消去しましょう

 

 

不要な通知はOFF

たくさんアプリを入れているといろいろな通知がきます

不要な通知はなるべく切っておくとバッテリーの消耗を防ぐ事ができます。

不必要だと思う通知はオフにすると快適ですよ

 

 

 

画面を下向きに置く

iPhone5S以降の機種にはFaceダウン機能があり

画面に顔を向けると画面がつくという機能

画面を上にしておくとその機能が起動するので使わないのに画面がついてしまう

 

大した電力を使うわけではないですが回数が多くなると負担になる。

通知が来た時も画面が光らず音だけで知らせるのでバッテリーの消耗は少ない

 

 

 

ダークモードに設定すべし

iOS13から実装されたダークモードですが

ダークモードは黒を基調としたデザインになり

ダークモードには設定アプリの【画面表示と明るさ】から設定できます。

 

 

ダークモードは目の負担を和らげバッテリーの消費を抑える

 

 

 

 

余計な機能をオフ

iPhoneにはいろいろな機能があります。

 

  • 自分の移動距離、歩数などを計測してくれるモーションとフィットネス
  • siriの音声認識機能
  • 位置情報サービス
  • wifiの検知機能

 

これらの機能を使わないならオフ

外出中にフリーwifiを見つけるのもバッテリーを減らす原因

歩数計の役割を果たしてくれるモーションとフィットネスは興味がなければいらない機能

位置情報サービスはポケモンGOなどのゲームをしていたり地図アプリを使わなければいらない

 

 

これらの機能をOFFにするとバッテリーの消費を減らせます。

 

ストレージ容量を圧迫させない

スマホのストレージは写真、動画、ゲームデータなどを保存しておくばしょ

最新のiPhoneなら256GBとか1TBの容量がありますが

 

 

ストレージの圧迫はバッテリーを消耗するのでパソコンを持っている人は

こまめに同期してデータを移動させておくと良いですよ。

 

 

パソコンもそうですがこういうデータがいっぱいになると動作が重くなります。

 

 

自動ロック設定をする

操作していないiPhoneを自動でロックしてくれる機能

うっかり画面を消し忘れていても30秒とか1分で画面が消える便利機能

 

 

設定アプリの【画面表示と明るさ】で自動ロックの設定ができます。

30秒から5分まで設定できます。

バッテリーを意識するなら30秒に設定しましょう。

 

 

 

暑さに注意して使う

iPhoneは精密機械でありバッテリーも熱に弱い

リチウムイオンバッテリーは0~35℃の温度範囲内での使用が推奨されており、 16~25℃が最も理想的な使用温度範囲です。

また、電池の保存温度範囲は、-20~45℃です。

 

 

日本の夏はとても暑く車の中においていたりダッシュボードに乗せておくとあっという間にアツアツです。

45℃なんてあっさり超える。

また、古くなったスマホは熱を持ちやすいためゲームをしているだけで熱くなるのでバッテリーの負担も大きくなる。

 

また、熱いからと言ってiPhoneを急冷する事もできない

精密機械なので温度変化に敏感、故障の原因になるので止めましょう。

 

 

まとめ

一つ一つは大した事ないですが

積み重なるとバッテリーの消耗につながります。

すぐにバッテリー切れになりモバイルバッテリーが手放せないという状態にならないためにも

 

 

 

  • 充電しながら操作しない
  • 過充電しない
  • 充電ケーブルは正規品かApple認定品を使いましょう
  • アプリを終了させる
  • 低電力モードにする
  • 1週間に一度は電源をOFFにする
  • safariのタブを消去
  • 不要な通知はOFF
  • 画面を下向きに置く
  • ダークモードに設定すべし
  • 余計な機能をオフ
  • ストレージ容量を圧迫させない
  • 自動ロック設定をする
  • 暑さに注意して使う

 

小さな事ですがこれらを守る事でiPhoneのバッテリーが長持ちします。

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

この記事もおすすめ

古いipodは使えない?⇒バッテリーが寿命だけど・・・何とかなる

 

 

iPhone用のモバイルバッテリー使い方とは?見るべきところと選び方

 

 

 

 

 

管理人の著書

-コンピューター (スマホ・パソコン・ゲーム)
-,