社会問題 時事

平和主義者なのに暴力的なのは何故?

更新日:

平和を主張してデモに参加しする人たちや護憲派と呼ばれる人たち。

彼らの主義主張は平和で幸せな生活を営みたいというごくごく一般的なもののはず

しかし、左翼活動家と呼ばれる人々は非常に暴力的

 

 

 

沖縄県で反基地運動をしている人たちは法律違反をして走ってる車を検問し、時にはガシャガシャとゲートをゆする。

動物愛護団体である捕鯨反対運動をしているシーシェパードなどはアメリカから海賊認定を受けています。

また、ヴィーガン過激派、もしくは動物愛護団体であるアニマルライツセンターなど

過激で時に暴力的だ。

 

 

 

世界を良くしようという目標を掲げつつもやってる事は犯罪行為であったり

迷惑行為であったりする。

 

 

 

2019年7月、参議院選挙活動が行われていますが自民党の和田政宗議員が暴行を受ける事件がありました。

何故、こんなにも平和を目指す人、間違いを正してより良い世界を作る事を目的にしている人が暴力的なのか?

 




 

 

 

自分が正義である。

自分たちの主張こそが正義であると思い込んでいる人ほど危険。

完全な正義というのは存在しないという前提がすっぽり抜けている。

 

 

だから傲慢な主張をしても厚顔無恥な振る舞いができる。

自分が絶対に正しいなんて思ったら人は堕落するものです。

 

 

 

正義であると信じる事で思考停止状態におちいるなんて事は良くある。

 

 

 

正義なのに王道な手法では勝てない

自分たちは正義だ!と思い込んでいるから自分たちは勝たないといけない。

けど、王道な手法では勝てない。

 

 

 

例えば、安倍政権を倒せ!とシュプレヒコールを上げる。

「こんな人たち」

本来なら選挙によって戦えばいいのに野次や候補者を妨害する行為が行われています。

 

 

 

 

他にも街宣を妨害する人たちを見たことがありますが

野次を飛ばし大声で怒鳴りちらし街宣の邪魔をする。

 

 

 

 

こんなにも醜い事を平気で行える事にまともな神経の持ち主である一般人、というか私@kesuikemayakuは理解できません。

議論や選挙、正しい手続きに則って戦っても勝てないから、暴力、妨害、どんちゃん騒ぎで戦うしかない。

議論をすれば負けてしまうから議論せずに暴力行為や暴言にはしる。

何故、そんな事ができるのか?それは自分たちが正義だと思ってるから。

 

 

 

そして、そういった悪あがきとも言える行いを見てネットを見てる保守、または中道な人たちは笑っている。

 



 

弱者に寄り添うフリをする

左翼系の人にありがちな事だけど弱者と呼ばれるような人の味方をするフリをして

実際にやってるのは火のないところに煙を立てるような行為。

LGBTの問題で杉田水脈議員が攻撃されたけど

 

 

 

LGBTという事は子供を産まない人たち、
生産性がないという事は当たり前の事

本人たちが一番、知っている。
弱者に寄り添うとかいいながら彼らをネタに問題提起する。

 

 

在日外国人を擁護するような活動をしているけど、実際のところ真面目に生活している

外国人からした邪魔者でしかなかったり

 

 

沖縄の反基地運動で言えば基地移転反対派や米軍関係者はものすごい迷惑していたりするそうです。

マイノリティの味方をするように見せかけるのが非常に汚い

 

 

まさにゲス。

まとめ

自称平和活動家が暴力的なのは

自分たちは正義の側にいて、絶対に勝たないといけないのに王道的な手法、議論、選挙、裁判などでは勝てない。

だから暴力的な手段に訴える。
議論しない、ツイッターなら反対意見をブロックしてしまう。

 

 

思考停止状態だから自分の行いを顧みる事もない。

だから、質が悪いですね。

 

憲法を守れ!と主張しながら法律違反をするような共産党など

平和、人権などをうたう人たちは自己矛盾に気づくべきです。

平和を目指し活動している人が王道的な手法で戦えないのなら止めた方がいいと思いますよ。

 

 

こちらの記事もおすすめ

 

アニマルライツセンターのデマが頭がおかしいレベル「牛乳のひみつ」という漫画で炎上

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

 




 



-社会問題 時事