哲学的思考と人生

命が平等なんて嘘?→誰目線の話だ

更新日:

よく命の価値は平等!

みんな平等に生きて平等に死ぬ

確かにそうです。

それが摂理です。

 

 

生きている命は必ず終わる。

そういう意味では命は平等です。

ですが、それは神様の視点に立った時の話。

 

 

人間にとって人間と動物の命が平等なわけがない。

もっと深掘りしていうなら家族や恋人と他人の命が平等、という事はあり得ない。

ヴィーガン過激派な人たちは命は平等!熊さんを殺すなんてひどい

 

 

 

なんて事を言いますがそれは神様目線。
自分は絶対に傷つかない立場での批判しています。

 

 




 

恋人と強姦魔の命が平等か?

仮に崖から母親と恋人が落ちそうになっていて1人しか助けられないというシュチュエーションが例え話であると思います。

あれって母親と恋人のどちらかを選ぶから悩むわけです。

じゃあ、恋人と犯罪者だったら?
母親と野生動物だったら?

 

 

 

かなり選ぶのが楽になると思いませんか?
こうやって考えると人間にとって命の価値は平等ではありません。

もし仮に恋人と強姦魔が崖から落ちそうになっていてその選択肢で強姦魔を助けたり悩んだりするのはサイコパスなんじゃないでしょうか?

この選択肢なら@kesuikemayakuは悩む事なく恋人を助けます。

 

 

 

見殺しにした罪悪感はあるだろうけど

100回、やり直しても同じ選択をすると思います。

 

 

 

神様目線になってはいけない。

命の価値は平等というのは半分は正しくて半分は間違っている。

命は産まれて死ぬ、このサイクルは平等で同じ価値がある。

 

 

 

しかし、人間が自分や大切な人の命とそれ以外の命を比較した時に

絶対に平等にはならない。
率先して害をなす事はしなくとも

災害救助みたいな場面で自分の大切な人とそれ以外なら絶対に大切な人を助けようとする。

 

 

 

それは揺るぎようのない真理だと思います。

神様のような目線で「命の価値は平等だ!」

とか言っちゃうのは無責任だと思います。

 

 

 

そういう目線で命を語る人はやっぱりネット上でボコボコにされている気がします。

命は平等というのは神様の理屈で人間には難しい。

 



 

 

命の付加価値

例えば、近所で友達もおらず独り身の高齢者が孤独死したとして

みんな可愛そうにと思うくらいです。

 

 

ですが有名な俳優が亡くなった場合、ファンが悲しみ、俳優さんの出演作品を見たりして死を悼むわけです。

誰かの特別になれる事が命の価値を上げる事なんだと思います。

 

 

命は平等に産まれそして死ぬその中で多くの人に涙されて

時がたっても語られる人物、孤独に無縁仏に入る人物。

 

 

大切なのは人と人との縁であり誰かに愛される事。

命は平等じゃないと言われるけど、誰かに愛される事で命は特別になる。

 

 

まとめ

命は平等か?

端的に言えば神様にとって平等。

自然の摂理にとっては平等

しかし、人間にとって命の価値は平等ではない。

 

 

 

虫ケラを殺したり、家に入ってくるゴキブリを殺したりする。

スーパーで買ったお肉も誰かが締めてくれたもの。

 

 

 

一部のヴィーガン過激派はこの事実から目を背けていると思います。

命の価値は平等だ!と主張する団体はいろいろありますが、カルト宗教に入信しなければ悪影響はありません。

 

 

こちらの記事もおすすめ

 

アニマルライツセンターのデマが頭がおかしいレベル「牛乳のひみつ」という漫画で炎上

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 






-哲学的思考と人生