ブログ検索

ブログ検索

面白いネタ

流行語大賞が意味ないものになっている件2019!

投稿日:

ユーキャンの流行語大賞ですが毎年見ていると
そんな言葉、聞いた事ない!という言葉がノミネートされている反面。

あんなにSNSとかで目についた言葉がノミネートされない。

 

 

 

これでは流行語大賞ではない
と思ってしまう。

政治的な言葉は極端な偏りがある。

 

 

2019年で言えばNHKをぶっ壊す!がノミネートされていてもおかしくないがノミネートされていない。

れいわ新撰組があったのにと首を傾げる。

 

 

2019年流行語大賞ノミネート

  1. あな番(あなたの番です)
  2. 命を守る行動を
  3. おむすびころりんクレーター
  4. キャッシュレス/ポイント還元
  5. #KuToo
  6. 計画運休
  7. 軽減税率
  8. 後悔などあろうはずがありません
  9. サブスク(サブスクリプション)
  10. ジャッカル
  11. 上級国民
  12. スマイリングシンデレラ/しぶこ
  13. タピる
  14. ドラクエウォーク
  15. 翔んで埼玉
  16. 肉肉しい
  17. にわかファン
  18. パプリカ
  19. ハンディファン(携帯扇風機)
  20. ポエム/セクシー発言
  21. ホワイト国
  22. MGC(マラソン グランド チャンピオンシップ)
  23. ○○ペイ
  24. 免許返納
  25. 闇営業
  26. 4年に一度じゃない。一生に一度だ。
  27. 令和
  28. れいわ新選組/れいわ旋風
  29. 笑わない男
  30. ONE TEAM(ワンチーム)

どれも聞いた事がある言葉ばかりですが
一部、知らん言葉もある。

全く流行ってない言葉もノミネート!

おむすびころりんクレーターって何よ!
全く流行ってない。

どうやらJAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに作った。

人工クレーターの名前らしい

 

 

・・・・なるほど

 

 

 

 

 

知らん!!!!

 

 

 

 

 

これが流行ってたら絶対にみんなネタで使ってたはず

怒られた超おむすびころりんクレーター

・・・(бoб)。o 0センスないなー俺

 

 

審査員の偏見と独断

流行語大賞ノミネートはデータを元に作られているわけですが

たまに流行してるのか分からない言葉もノミネートされます。

これは審査員の独断と偏見でノミネートされるからです。

 

 

機械的に言葉をピックアップするのではなく審査員が決めているから流行語としての入るべき言葉が入ってない事も。

2016年の流行語大賞ノミネートで「保育園落ちた日本死ね」がノミネートされていたり

左派の好みそうな言葉ばかりがノミネートします。

 

 

もっと機械的にTwitterやInstagram、Facebookを調査して流行っている言葉をリサーチして機械的に処理してほしい

トレンドのワードを調べるツールはあるわけだし。

 

 

ある程度、調べて絞っていくみたいな感じだろうけどおむすびころりんクレーターは流行っていないやろ(偏見)

 

更に言えば政治的な流行語でリベラル系の流行語ばかりがノミネートされるのはおかしな話。

毎年の事ですが保守系の流行語は絶対にノミネートされていない。

 

審査員の年齢も偏りがある。

ユーキャンの新語・流行語大賞の選考委員の年齢

  • 姜尚中(69歳)
  • 金田一秀穂(66歳)
  • 辛酸なめ子(45歳)
  • 俵万智(56歳)
  • 室井滋(59歳)
  • 大塚陽子(不明)

 

20代や30代の審査員も必要。

 

 

テレビとネットの乖離

テレビ番組が流行らせたい言葉とネット上で流行っている言葉は違う。

テレビは配慮や自主規制によって踏み込めない領域があるのではないか?

NHKをぶっ壊す!は明らかに流行語大賞ノミネートするとテレビ局的に不都合がある。

 

 

テレビばかり見ている人向けの流行語大賞なのかもしれません。

 

 

テレビが流行らせたい流行語とネットの言論空間で流行っている言葉は違う。

ネットが普及する前は流行語はテレビからしか産まれなかった。

しかしネットが普及した今ではテレビで流行った言葉以外にもSNSで著名人が投稿した言葉が流行ったり

 

 

 

著名人が投稿した言葉を面白おかしく言い換えたのが流行ったり、明確に違う流れが出来ています。

 

 

今まではテレビの情報を家族や友人に話すだけだったのがネットの普及によって母数がとんでもなくデカくなった。

その中には天才的な一言があったり、賢者がいたりするわけです。

情報収集能力がとんでもなく向上している現在

 

 

ユーキャンの流行語大賞はテレビ的な側面しかなくて物足りない。

 

まとめ

ユーキャンの流行語大賞ってもう意味がないというか一部、偏っているから面白味にかける。

 

  1. 全く知らない言葉もノミネートされる(一部で有名どころか誰も知らない)
  2. 審査員の独断と偏見も入る
  3. 政治系のワードはリベラル系、テレビ受けするワードしか載らない
  4. テレビとネットで流行している言葉が違う

 

意味ないというか一部、ノミネートを操作している感じが見え隠れしているから

本当に流行したのか分からない

 

 

そういうのが見えてしまうとトタンに意義を失うイベントなんだよな~

 

ではでは(^ω^)ノシ

-面白いネタ