日記

日本国憲法改正の雑学

日本の憲法は侵略戦争を禁止すると明言されている憲法なのですが

その弊害できちんとした国防ができていない。

 

 

なので日本国憲法は必須である。

ですが一向に憲法改正できない理由と反対派の意見などを解説しています。

 

 

憲法改正はなぜやらないといけないのか?分かりやすく言うと自衛できないから

憲法改正、具体的に言うと憲法9条の改正は日本の課題です。

今まで通りの憲法では日本という国を守れなくなると思うからです。

 

 

アメリカと軍事同盟を結んでいるから攻め込まれていないだけで下手すると日本は他国から侵略されている可能性がある。

今の憲法では自衛隊をちゃんと運用できない。

 

 

具体的に言うと兵器が使えない状態。

例えば、中国が尖閣諸島にちょっかいを出していても自衛隊は銃を使えないし

領空侵犯された時も戦闘機に対して威嚇射撃しかできない。

 

 

 

専守防衛なんて言われていますが専守防衛すらままならない。

 

きちんと自衛隊が兵器を運用できるようにしないといけない

 

 

続きを読む→憲法改正はなぜやらないといけないのか?分かりやすく言うと自衛できないから

 

 

憲法改正をすると戦争になる理論は根本的におかしい

憲法改正議論の中で憲法9条に自衛隊が盛り込まれるといずれ戦争になる!

という主張があるのですが首を傾げざるおえない。

何故なら9条の1項には侵略戦争の禁止をうたっているからです。

 

 

 

自衛隊の存在を書き加えただけ、憲法9条第2項を削除しても戦争は起きない。

いずれ戦争になるかもしれないという危機感は憲法がドンドン変わってしまう事を懸念してだと思います。

 

 

 

 

続きを読む→憲法改正をすると戦争になる理論は根本的におかしい

 

 

 

立憲主義とは何か?わかりやすく説明してみよう!憲法違反を決めるのは国民

立憲主義とは何か?安保法案の時に立憲主義の破壊なんて言っている

共産党の議員とかよくテレビで見かけますが結局のところ

立憲主義があいまいだと肯定も否定もできない

 

 

なので今回は立憲主義について調べてみようと思います。

 

 

続きを読む→立憲主義とは何か?わかりやすく説明してみよう!憲法違反を決めるのは国民

 

 

 

日本は絶対に侵略戦争はしない!憲法9条は関係ない

日本は絶対に侵略戦争はしません。
これは憲法9条とか関係なく国益にならないからです。

現在の日本で戦争が起きるとしたら北方領土や竹島を奪還するために戦争が起きる可能性があるくらいです。

 

 

侵略戦争というよりも防衛戦争的な意味合いが大きい。

第二次世界大戦(大東亜戦争)の頃とは違い侵略戦争にメリットがない。

 

 

続きを読む→日本は絶対に侵略戦争はしない!憲法9条は関係ない

-日記
-

© 2021 トリビアとノウハウノート