食事の雑学

お酒を飲むと性格が変わるのは何故?が必死すぎて笑える件について

更新日:

お酒を飲むと性格がガラリと変わってしまう人がいます。

お酒の席であの人お酒飲むあんなのかよとドン引きしてしまいます。

 

逆にあいつ(あの子)お酒飲むと性格が可愛くなるな。

とお酒を飲むことで性格が変わってしまう人は何故変わってしまうのか。

 

 

 

お酒には人格を変えるいかがわしい成分でも入っているのだろうか?

 

お酒が性格を変えるのかそれとも何か別の要素があるのか?

 

スポンサーリンク




 

お酒は体のいろんな機能を麻痺させます

麻痺というかいろんな所でお酒を飲んで酔っ払うと飲んでない時よりも機能が低下します。

もちろん、脳だって例外じゃない。

お酒を飲む事で理性が少し緩くなります。

 

 

 

言うなれば車のブレーキが少し効かなくなるのです。

だから感情を抑えられずに泣いたり、とにかく人に絡んだり、思わず暴れちゃったりするんです。

 

 

 

酔った時の性格が本性であり本質だと言う人もいますが、どちらかと言うと本性というよりもストレスとかいろんな要素が組み合わさって

感情が高ぶりやすいだけとも言える。

本性とかではないけどブレーキが効かないから過剰反応しているだけとも言えます。

 

 

アクセルを回しすぎるから感情が制御できなくて泣き上戸とか笑い上戸になる。

酔っ払うと暴言を吐きやすかったり暴力を振るういわゆる酒癖の悪い人間もいる。

 

 

 

お酒は理性のブレーキが緩くなるのだから酔ってる時に評価を聞くと面白いかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク



 

TPOに合わせた振る舞いができなくなる

お酒の席とはそこには人間関係や会社の上下関係があるのですがお酒が回るとそういう事が判断できなくなってしまいます。

本来は気を遣うような相手だったり、ビジネスパートナーという割とドライな関係であってもおかまいなしで馴れ馴れしく振舞ってしまう事もあります。

 

 

アルコールが脳に回ると理性が緩くなって本能が強く出てしまうから好き嫌いがはっきり表に出てしまったり

ストレスが爆発してしまうなんて事もあります。

なので普段は理知的で面倒見がよくて誰からも好かれる感じの人でもお酒が入ると驚く程に変わってしまうなんて事もあります。

 

 

冷静な判断力が麻痺するため甘えていい人なのかそれなりに距離がある人なのかの判断もできなくなっているため

性格が変わったように見えてしまうのでしょう。

 

 

思った事がそのまま口に出てしまう

普段は心の中で思っている事をそのまま口に出してしまう。

だからお酒が入ると性格が変わってしまう人というのは普段は抑えている。

 

 

心の声がダダ漏れになっているだけなのかもしれません。

お酒が強い人は冷静にコントロールできるのかもしれないけど

 

 

お酒が弱い人はそのまま口に出しているのかもしれません。

もしかしたら、感じた事をそのまま口に出しているだけという事もあります。

 

 

深く物事を考えずに受け答えするため普段とは違う性格になってしまったように感じてしまうという可能性もあります。

 

 

恋人と一回はお酒を飲んでみるべき

結婚を考えているなら一回はパートナーとお酒を飲んでみるべき。

相手がお酒を飲まない人なら自分の酔っている姿を見せた方がいいと思う。

悩みを相談するサイトなどではお酒を飲んで暴れてしまう、旦那さんに困っているなんて書き込みをよくみます

 

 

 

結婚してしまうと離婚に時間がかかる、ならば結婚する前に見極めた方がいい

お酒に酔う事でいろんな面が見えてくると思いますよ。

 

 

 

厳つい顔して酔っ払うと甘えん坊とか普段は隠しているんだと思うと必死すぎて笑えてきますよ

 

まとめ

お酒を飲むと理性のブレーキが緩くなるから普段我慢している事をやってしまう

別に性格が変わるわけじゃなくて我慢しているのを止めただけです。

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

スポンサーリンク




関連記事

 

お酒の雑学15記事まとめ

 

 



 

 

-食事の雑学
-