当サイトはアフィリエイト広告を使用しています スポーツ知識

【考察】難場歩きが消えた理由とは?

難場歩きは明治時代以降に消えてしまったと言われています。

江戸時代はみんな難場歩きをしていたという説もあります。

西洋化が原因なのではないかという説もあります。

 

筆者は武術が衰退した中で失伝したものがあるとか口伝が消失した可能性も考えています。

 

 

今回は考察まじりで解説していきます。

あくまでも考察です。

絶対に正しいものではない事は頭に入れておいてください。

 

 

 

江戸時代はみんな難場歩きだった?

これは違うと思います。

 

半分は本当で半分はデマという感じ

というのも普通の歩き方に名前をつけたりしません。

 

江戸時代の人々は特殊な訓練をしていない人は走れなかったなんて説もありますがこれも極端な話です。

 

 

だって歩き始めた赤ちゃんだって走り出そうとします。

 

人は本能で歩くことや走る事ができるからです。

 

 

なんば歩きは漢字で難場歩きと書くという説もあります。

 

つまり、険しい道などを歩くために使われていた技法とも言えます。

 

 

江戸の人々は1日に30km〜40kmを歩いたそうです。

 

現代人よりも長距離を歩けるのは間違いない

 

ではどのように歩いていたかと言うと

手は意識して振りません

ブラブラさせてるだけでしょう。

 

 

着物や剣道着を着た事がある人なら共感してくれると思いますが腕をウォーキングみたいに振れば袖がバサバサしてうっとうしいからです。

 

 

そして小股で歩いていたそうです。

大股に名人(達人)なしなんて言われるくらいです。

 

着物で大股に歩くとこれまたバサバサとみっともない

 

 

どちらかと言えば腰を落として小股で歩くのが昔の人の歩き方でした。

 

内転筋や骨盤底筋群がめちゃくちゃ強かったのではないかと考えられます。

 

 

難場歩きはこれらの動きに腕の動きを追加したもの

 

体幹の動きを補助して歩きやすくする技術

 

 

江戸の人々は体幹の動きが現代人よりも上手い

 

着物は西洋的な捻る動きだとはだける

温泉旅館で浴衣を着た事がある人なら分かるだろうけど

 

少し動いただけではだける。

 

 

 

 

これを防ぐには捻らずに体幹を動かす必要がある。

 

体幹を複雑に動かす事で早く歩けていた。

 

つまり手の動きはないが難場歩きと同じような効果を得ていた

 

もちろんナンバ歩きの方が山道などを快適に歩けただろう。

 

 

順序が逆で普通の歩き方を工夫して難場歩きになったと考えた方がいいかもしれませんね。

 

西洋文化の流入でナンバ歩きが消えた?

西洋文化をいち早く学ぶために何でもかんでも西洋化した時代が明治時代です。

洋服を着たり、西洋的な文化や軍隊の教練方法などなど

 

 

その結果、難場歩きが消えてしまったという説です。

当時の日本は西洋かぶれというか何でもかんでも西洋化した

警官も日本刀ではなくサーベルを持っていた時代です。

 

 

きちんと性能比較したら日本刀のままだった可能性は高い

 

 

つまり歩き方から何から西洋人の真似をした結果、優れた技術が失伝してしまったという可能性です。

 

 

 


 

明治時代の廃仏毀釈

もう一つ注目したいのが廃仏毀釈

何をしたのかと言うとお寺にあった経典などを焼き払った

 

 

仏具や鐘を溶かして大砲にしたり

寺に火をつけたりという騒動があった。

 

 

その中には武術書みたいな物も含まれていたのでは?という考察です。

 

つまり難場歩きのような特殊な技術を記した書物はたくさんあったけど

それを収めるお寺が焼かれて灰になったから失伝してしまった。

 

 

口伝が途絶えた

難場歩きという名前じゃなくていろいろな名前で伝わっていた

明治時代と言えばいろいろな武術が廃業していった

 

柔術は柔道に統合されたりする中でこぼれ落ちた技術にナンバ歩きがあったのではなかろうか?

 

 

武術の技術は秘伝扱いで書物にまとまっていない事もある。

 

そのデメリットがモロに出た感じですね。

 

 

 

まとめ

難場歩きが消えた理由

 

考察すると

  • 一般的な歩き方ではなく特殊技能であった
  • 西洋の技術を何も考えずに輸入したため廃れた技術があった
  • 廃仏毀釈で消失した技術書が存在した。

 

難場歩き自体、着物を着て歩く方法を改良したもので険しい道を歩く時に開発されたもの

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

この記事もおすすめ

難場歩きのやり方?手と足を同じように振るのは

 

 

 

 


 

 


管理人の著書

 

-スポーツ知識
-