スポーツ知識

ナンバ歩きのやり方?手と足を同じように振るのは嘘!

ナンバ歩きと言えば右手と右足を前に出し、左手と左足を同時に出すような動きと誤解されていますが

これは嘘です。

 

というのもやってみた人がいると思うけど歩きにくいし、これに合理的な利点を感じられないと思うんですよ。

これ、やりにくいし別に早く歩けたり早く走れたりはしないと思った方が多いと思うんですよ。

 

 

先日You Tubeで正しいナンバ歩きのやり方を紹介する動画を見ましたが手と足を同じ方向に振るのではなく

肩とか胸郭、もしくは肩甲骨なんかを使って足を前に出すスピードを早くしたり階段で足を持ち上げるサポートを上半身がしているような形になるし

 

 

走る時もめっちゃ早くなる、腕をどんなに早く振っても足が早くなる感じはあまりしないけど

ナンバ歩きのやり方だと上半身が足のサポートをしてくれている感じで非常に早くなる。

 

 

 

 

 
 

 

ナンバ歩きのやり方

ナンバ歩きは右半身と左半身を上下に使う。

西洋式の歩き方は腰を起点に体を捻るから負担が大きい

 

 

しかしナンバ歩きは右半身と左半身を上下に使う事で効率よく歩く事ができる。

肩と骨盤を平行に使うのがポイント

体が半身になったりはしない。

 

 

ナンバ歩きのポイントは

 

  • 右足を前に出す時は右肩(もしくは肩甲骨)を下げる
  • 左足を前に出す時は左肩を下げる
  • 交互に繰り返す

 

これだけです。

右手、右足を同時に前に出すという誤解はこの右足を前に出す時に右肩を下げるという練習。

初心者向けの練習を見て何をやっているのか分からない人が誤解したという感じ。

 

 

棒人間で正面から表現するとこんな感じ。

ポイントは骨盤と肩を平行に使うだから足を前に出した時の骨盤と肩を平行にする事です。

つまり、肩と骨盤が連動した動きになる。

 

 

 

肩が上がる時に軸足になっている足が上半身のサポートで素早く持ち上がり、肩が下がる時に足が素早く着地するというわけです。

 

ただし、速歩きや走るようになると右肩と右足が一緒には動かなくなり右肩が下がる時に左足が前に出るようになる。

やって見ると分かるけど左足を前に出す時、右肩を下げると左足でより強く地面を押す事ができる。

取り消し線のやり方は強く地面を押す事ができるがバランスが崩れてしまう。

 

 

早く走る時は肩の上下は大きくなる、足を持ち上げるサポートをするために肩を持ち上げるからだ。

 

 

 

 

ちなみに階段などの段差を登る時は右足を前に出す時、右肩を上げる。

そうする事で足を持ち上げやすくなる。

 

 

 

 


実際にやってみて

やってみた感想としてはウォーキングの歩き方と違って手を大きく振ったりしなくても早く動ける。

慣れてくれば肩の動きも本当にほんの少し上下するだけになるから気にならない。

 

走る時も強い力で地面を押す間隔があり、短距離30mくらいなら短距離走の速さで走っても息切れしなかった。

後、スピードを出しているけど、頑張ってる感がない。

 

 

腕を早く振って体を早くしようという頑張る感じじゃなくて

自然と速度が出る、思ったよりも疲れない。

 

 

ナンバ歩きで2~3kmくらい歩くと速歩きしていないつもりでもかなり早く歩いていた。

速歩きだといつも疲れてしまうんだけど、ナンバ歩きは疲れない。

体の一部分が疲労するというよりも体全体を使うから疲れにくい。

 

 

練習方法

練習方法はまず足を肩幅に広げて、手をだらんと横に垂らす。

両腕を軽く曲げておき、右足を前に出す時に右腕を下に伸ばす。

左足を前に出す時は右腕を曲げて左腕を下に伸ばす。

これを交互に繰り返す

 

 

慣れてくれば肩や肩甲骨を使って同じ事ができる。

要は肩と骨盤が並行して動く事で足を持ち上げたり下ろしたりが楽になる歩き方なので。

 

 

街中で練習する時はズボンのポケットに手を入れておけば練習している事が周り悟られない

後、竹馬とか缶ぽっくりで歩く間隔と同じなのでお子さんと遊びながら練習できますよ。

 

 

まとめ

ナンバ歩きは右手、右足が同じ方向に動くというのではなく

骨盤と肩が並行に動く事で足がスムーズに動かせるというものです。

実際にやってみると自然な感じで歩いているのに早く歩けるし、疲れずに長く歩けます。

 

 

走る時も手を振って走るよりも疲れない。

肩と骨盤を並行に使うという発想は中々面白い

何より傍から見ると普通に歩いているように見えるのも面白い。

 

 

元々、剣道をやってた影響下重心移動で歩いていて手はあまり振らない筆者なんだけど

それでも効果が実感できたから、ウォーキングのフォームで歩いている人は世界が変わるんじゃないだろうか?

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

この記事もおすすめ

縮地法のやり方を独自の理論で解説、ポイントは後ろ足!

 

 

ヨモツヘグリの元ネタとは?仮面ライダー鎧武に出てきたやつ

 

マナー講師が害悪な理由!お金儲けのためにやりたい放題

 

 

 




 

 

-スポーツ知識
-

© 2021 トリビアとノウハウノート