社会問題 時事

ファクトチェックの信憑性ってあるの?新聞、テレビが都合の良い事を主張してない?

新聞やテレビでファクトチェックする!
なんて言っていますがこのファクトチェックに信憑性はあるのだろうか?

ファクトチェックというのは情報の正確性や妥当性を検証する行為。

 

 

新聞やテレビがきちんと取材して思わぬ真実を突き止める!なんて事はない。

そもそも一回のファクトチェックでそれが正しいのかどうかを決めるのは危険。

 

 

テレビのファクトチェックって一方的で信憑性が薄いと感じる理由についても考察してみました。

 

ファクトチェックというのは砂の中から砂金を取るような作業であり、何回も水に晒す事が重要になる。

 

 

 

 


 

 

ファクトチェックは何回もして初めて意味がある。

一つの情報に対してそれが正確であるのか?
きちんと検証するという行為をファクトチェックと言いますが

テレビや新聞は、はっきり言って全然できてない。

 

 

例えば最近のニュースであれば櫻井よしこさんが自衛官の大学院入学が拒否された事もあると主張した。

この発言が物議を醸していてテレビ、新聞のファクトチェックが始まっているそうです。

この発言を@kesuikemayakuがファクトチェックするとします。

 

 

 

どういう風にやるか?という思考実験的なもので実際は何もしていないのはご了承ください。

まず、有名な大学院にそのような事があったのか取材をします。

もちろん、ここで答えが出るとは限りません。

 

 

 

入学者の名簿なんかをゲットできるなら手に入れたい。

 

 

 

次に自衛官を取材して実際に入学を拒否された人を探し取材。

大学院に入学できた自衛官を確認していき
自衛官の入学者がいない年度をピックアップ。

 

 

 

ここで拒否された人物が登場する場合もあれば登場しない場合もある。

拒否されたという人物が見つかったら可能な限り物的証拠を探す事と。

 

 

 

その人が実際に受験をしたり願書を提出したかを確認します。

もしかしたら願書を拒否された可能性もあるし合格したけど入学、出来なかった人もいるかもしれせん。

出来ればテスト結果を確認出来れば完璧です。

 

 

拒否された人物の試験結果が明らかに合格ライン、平均が95点の答案が見つかったりすれば真実味は増す。

 

 

 

最低でも同じような事を同じ大学で2人以上。
大学を変えて5回くらい繰り返して初めてファクトチェックになる。

 

 

 

外堀をきっちり埋めてこそのファクトチェック

 

 


 

別の角度から二回目のファクトチェック

一回目のファクトチェックで出てきた証拠の物品に対してそれが本物であるのかを検証したり。

大学院への入学を妨害した人物、組織を調べるなど全く別の角度からファクトチェックをする。

 

 

特定の政治思想(イデオロギー)に基づいての行動なのか反社が関わっているのか?

取材した人物の身元は確かなのか?

 

 

自衛隊の公文書や大学の文書などを入手し分析したり。

自衛隊の偉い人に取材をしたり、過去の発言を調査したりする事が大事になる。

 

 

 

 

複数回、複数の団体からチェックを受けて初めて意味を持つ。

ファクトチェックはテレビ、新聞がやっておしまいではない。

複数の組織や個人によって検証され真実が明かされる。

間違っているのもや誇張を取り去り何度も検証して初めて真実が見えてくる。

 

 

 

そうした事実がファクトチェックの結果であり
真実にかなり近いニュースになる。

 

 

 

切り取り報道やテレビ、新聞がファクトチェックしたから完璧と思っていてはダメ。

TwitterなどSNSで個人が持ってるデータを公開するのもファクトチェックの一種であり有効。

 

 

 

キャッチボールのように情報を受けては検証し、別の誰かに投げる。

これがファクトチェックになる。

 

 

 

 

テレビのファクトチェックは浅い

テレビ局のニュースってみんな横並びというか独自取材をして他局じゃ放送できないような事をニュースにするなんてのはやってない。

ファクトチェックを行うならフジテレビの調査結果をTBSが別の角度から調査したり日テレの取材した情報の検証をして初めてファクトチェックと言える。

新たな真実が見えてくる。

 

 

 

そういう事が出来ないから同じような情報を垂れ流す事になる。

ネットでは厳しくチェックされている情報がノーチェックだったり。

 

 

 

チェックしたけど、何もなかったニュースをいつまでもファクトチェックしていたりする。

テレビ局自体が横並びだから仕方ないのかも知れません。

 

 

 

 

まとめ

ファクトチェックは何回もいろいろな角度で検証して初めて信憑性が産まれる。

工場で製品のダブルチェックをして更に検品してから出荷するように

情報もダブルチェック、トリプルチェックが必要。

 

 

 

最近は動画が出回る事が多いからファクトチェックも楽。

テレビ、新聞のファクトチェックは完璧ではなく、有識者や個人、企業などのチェックを複数回受けた情報が完璧に近いファクトチェックになる。

 

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

この記事もおすすめ

【ひどい】偽情報や偏向報道に踊らされないために知っておくべき事。

 

朝日新聞は嘘ばかり書くのか?反日新聞だと言われる理由はこれだ。

 

 

ニュースの見方には4つコツがある?情報リテラシーを磨きましょう!

 

 


 

-社会問題 時事
-

© 2020 トリビアとノウハウノート