政治の仕組みを分かりやすく解説

最低賃金の引き上げに反対!分かりやすく考察してみた。

更新日:

最低賃金の引き上げというのが話題になりますがはっきり言って時給を底上げするために最低賃金の引き上げをするのは反対です。

最低賃金というのは結局のところ、消費税と同じように経営者全員に負担がある事だからです。

 

 

 

急激な引き上げをして失敗した韓国を他山の石とするなら。

日本でも中小企業が社員をリストラしたりして経済は悪化する可能性は高い。

 

 

 

スポンサーリンク

 

考え方は消費税と同じ

最低賃金が引き上げられたら労働者はウハウハかと思いきや、そうでもない。

人件費が全体的に多くなるから物価は上昇する。

しかも、雇用主の目線でみると

 

 

コンビニで「消費税が10%になったからおにぎりは2個から1個にしよう」

支払うお給料が爆上がりするため人件費を減らす必要がある。

 

 

こんな感じで雇用主が人を雇うのを止めてしまうから就職難民が出たりする。

 

 

最低賃金が上昇すれば賃金はもっと上がる

最低賃金が引き上げられたら賃金はかなり上がる。

例えば最低賃金が時給1000円になったら

今まで時給950円で仕事をしていた人のお給料は時給1000円ではなく時給1200円になるかもしれない。

 

 

 

時給1300円で働いていれば時給1800円になるかもしれません。

そうしないと人材が確保できないからです。

しかし、雇用主からすれば負担が、かなり大きくなるから人を雇わなくなるというわけです。

 

 

最低賃金すら払えないのか~というのは間違い、労働者が満足できる賃金が払えなくなる。

 

最低賃金は必要

最低賃金というのは雇用主が労働者を搾取しないためのシステム。

クソ安い時給で働かせるとお金を使う事ができないから景気が悪くなる。

 

 

最低賃金というのはどんなに困窮していてもこれくらいは払えよというボーダーライン

賃金が安すぎ、8時間働いて2500円みたいな感じにならないように存在しています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

アメリカは最低賃金の引き上げ成功

最低賃金の引き上げ賛成の人はアメリカは景気が悪くなってないと主張しますが

ただ、アメリカの平均時給を調べたらここ10年くらい右肩上がり

2018年3月には22.46ドルでこのまま順調に景気が伸びれば2036年には36.38ドルになるかめしれないそうです。

 

 

 

アメリカは広いからざっくり調べただけなのですが時給は日本円で大体2200円くらい?

1ドル100円で計算したらそんな感じになります。

アメリカの最低賃金引き上げは1.5ドルだそうです。

 

 

 

これもネットでちょっと調べただけなので正確ではないかもしれませんが

アメリカの場合、最低賃金が上昇しても時給に変化がなかったという話です。

 

 

基本的に賃金の底上げという意味では正しいんだけど、本当に弱者救済って側面が大きい

本当にクソ安い賃金で働いてる人を救うための引き上げなんですね。

 

 

平均的な時給よりもはるかに少ない賃金で働いてるみたいな。

平均的なアルバイトの時給が1500円なのに低いところは時給800円で働いていたみたいな。

 

 

最低賃金を引き上げても良い場合

最低賃金の引き上げというのボーダーラインを決めているに過ぎないので

基本的に現在、支払われている平均時給を超えてはいけないわけです。

 

 

例えば日本のコンビニに勤める高校生アルバイトの時給が都道府県どこでも1800円だったとして

最低賃金を1300円に引き上げても問題はないという話です。

現在、議論されているような最低賃金1000円とかは最低賃金ではない。

 

 

まとめ

最低賃金はあくまでも最低賃金。

引き上げる事で時給が変わってしまうというのはやり過ぎ。

最低賃金を引き上げるよりもそもそもの景気が良くなって、賃上げが行われて

 

 

最低賃金が低すぎると判断された場合だけ引き上げるべき。

賃上げして平均時給が1500〜2000円くらいにならないとやる意味がない。

経済の素人でもこのくらいは考察できました。

ではでは(^ω^)ノシ

 

 

スポンサーリンク

 

-政治の仕組みを分かりやすく解説
-