面白いトリビア

日本刀は引き切るの?実際は違う?

日本刀は引かないと切れないと良く言われますが

日本刀の構造上、振り回すだけで斬る事ができます。

日本刀は反りがありその反りが有ることで両手で振り下ろすフォームであれば自然と円を描く動きになり

 

 

自然と引く動作が加わる。

 

 

 

更に手の動きが回転エネルギー、慣性モーメントも働いている。

高速で回転する刃物がよく切れるように効率よく斬れる。

 

 

 

 

 

 

意識して引く必要はない

意識して腕を引く必要はない。

日本刀の機能、そのものに引く機能がついている。

 

 

仮に真っ直ぐなロングソードであれば意識して引かない斬れないかもしれないが

日本刀は反りがあるため両手で持ち腕を振り下ろす事で引く動作になるから斬れる。

 

 

刃物は基本的に刃を滑らせないと斬れないが日本刀は刃を滑らせやすい作りになっている。

なので斬る動作に腕を引く動作はない。

基本的に反りがある部分で斬りつければ斬れる。

 

 

もちろん意識して刀を引いて斬る技もあるだろうけど基本的に刀を腕の操作で引く必要はない。

 

 

 

 

 

 

基本的に他の刃物と同じ

基本的には他の刃物と同じです。

包丁だって刃を前か後ろに引かないと切りにくい

だからと言ってしっかりお手入れされた包丁を上から押しつぶすように使ってもある程度は切れる。

 

 

斧のように振り下ろしても切れるし強度の問題がクリア出来ているなら

斧と同じ使い方もできる。

 

 

鑿(ノミ)のように強い力をかけて切り込みを入れる事もできる。

素肌に日本刀を思い切り振り抜いてたけど、全く斬れないという事はあり得ない。

攻撃力が低いと言われる根本の部分であろうと素肌であれば多少は切れる。

 

 

これは包丁の刃で思い切り指を叩いたら絶対に切れるだろうというのと同じ事です。

ただ、刃物の性能をフルに引き出すには刃を滑らせる必要がある。

 

 

 

 

垂直に刃筋を立てれば斬れるように出来ている

日本刀というのは真っ直ぐ振り上げて真っ直ぐ振り下ろすだけである程度、斬れるように出来ている。

ただ、上手に使いこなすのに技術がいるという。

直剣と違って斬る事に特化しているが叩き斬る事は出来ないというわけじゃない。

 

 

仮に同じ重さで刃幅が同じの日本刀であれば重さで叩き斬る事も可能だろう。

斬る物体に対して刃筋を立てて振り下ろせば理屈の上では斬れる。

斬る物体の硬さの問題もあるけど

 

 

日本刀よりも柔らかいものであれば確実に斬れる。

必要なのは物体に刃を押し付けつつ刃を滑らせる事で向きはあんまり関係がない。

 

 

 

日本刀の斬り方

真剣は、鍔もとからおよそ5cm位のところに重心があります。

そこに穴を開けて紐を通してヘリコプターのプロペラのように回転させると仮定してください。

 

回転する刃に大根とかスイカでも当てたら綺麗に斬れる。

日本刀は重心を回転させるように使う事で押したり引いたりする必要がなく斬れる。

 

日本刀は重心を中心に回転させるのが基本で、その重心をどこに移動させるかで刀の使い方が変わる。

頭上に持ち上げて振り下ろす面打ち、これは刀の重心を相手の顔面を打つ位置に体を一直線に重心移動させつつ刀を回転させるように打つ

 

 

刀は円を描きながら相手に重心をぶつける事で斬れるようになる。

 

 

 

 

まとめ

日本刀は引く斬れるではなく反りがあるから腕を振り下ろすだけで引き切る形になる。

何故そうなるかと言えば、振り下ろす動作だけで円を描く動作になるからだ、刃を回転させるような使い方になるため斬れる。

実際、普通によく切れる刃物なので刃を前後に引けば斬れる。

 

 

いつからか分からないけど日本刀は引き切るという話が変な感じで定着してしまっていると思ったしだい。

実際は斬りつけた時に刃筋が立っていれば刀の反りがあるため自然と刀が円の動きになるため斬れる。

まるで腕で引かないといけないみたいな感じで語られているからそれは誤解だと言いたくて記事を書いてしまいました。

 

 

剣というのは宗教的な意味がなければ基本的に湾曲するものみたいです。

そっちの方が斬りやすい

 

ではでは(^ω^)ノシ

 

この記事もおすすめ

縮地法のやり方を独自の理論で解説、ポイントは後ろ足!

 

ナンバ歩きのやり方?手と足を同じように振るのは嘘!

 

日本刀の雑学記事まとめ、記事にしてほしい事がありましたらコメント欄に書いてください。

 

 

 

-面白いトリビア
-

© 2021 トリビアとノウハウノート