仕事のやり方を変えるヒント

寝てない自慢をする奴の心理とか関係なく俺らがやるべき事

ぶっちゃけ寝てない自慢をする奴がウザいってのは共通見解だ。
別の職場の人なら軽く聞き流せばいいんだけど同じ職場なら仮眠室とかに叩き込む必要がある。
寝てないなら仕事するなの精神。

 

 

寝てなくても文句言わずに仕事するならいいけど、グチグチと寝てない自慢するならいい迷惑。
問題なのは同僚が睡眠時間を削られているという事実だ。
これを放置してはいけない。

 

 

人間寝ないでいると思ってる以上に消耗する。

 

 

睡眠時間を削ると思考能力がガンガン下がるから寝てない自慢は悪い文明


 

 

寝てない自慢は旧世代の自慰行為である。

高度成長期であれば寝ずに働いてがっつり稼ぐ、そういう時代だったのかもしれません。

しかし、長年の不景気から脱しつつある日本では寝ずに仕事をした事を自慢するなんてのは古臭い

 

 

昔よりもはるかに生産性が上がっている現代と昔を比べても仕方ない事ですが

2019年現在、寝ないで仕事をするなんてのは生産性が悪過ぎる証拠でしかない。

 

年寄りが俺たちの時代はもっと働いてたという話は鵜呑みにしなくてもいい

その時代にはパソコンはなかったり、面倒な計算を電卓で行っていた時代の話だから

 

 

 

 

業務改善が急務

寝てない自慢から始める業務改善が必要。
睡眠時間を仕事に削られるような業務というのは完全に働き過ぎ
何が原因か調べて改善しないといけない。

 

というのも寝ないで仕事が普通になると他の社員さんも被害にあうからだ
体の弱い人ならすぐに体を壊してしまうかもしれない、それは技術と経験を持った社員が少なくなる予兆だ。
そうなると企業としては現状維持か衰退するしか無くなる。
そんな訳で仕事で寝てない自慢をする奴がいたら原因を改善するべきだ。

 

人が足りないのかそれとも業務内容にムダが多すぎるのか?

どちらにしろ改善する必要がある。

 

もしかしたら大量注文があったのかもしれません。

 

 

 


 

ムダな仕事を削る

意外とムダな仕事は多い、ムダな会議とかムダな書類とか
とにかく必要のない業務を削る事が大事。
寝てない自慢をする奴が仕事できない

 

 

この場合は徹底的に仕事を教えて鍛えるしかない。
一定の水準に達してない人を一定の水準にしないと被害があるのは他の人だ。
寝てない自慢をする奴は褒められたい欲求があるからなのかもしれないけど。
仕事で寝てないのならそれは明日は我が身と受け止めた方がいいだろう。

 

 

徹夜しないためにはスケジュール管理が必須

徹夜する程、追い込まれるなんてのは

 

  • スケジュール管理が雑
  • 突然の納期変更
  • 不具合が発見された

 

他の二つはしょうがない部分がありますが

スケジュール管理が雑なのは管理者の責任。

 

最初から間に合わない納期では予定を組まないので

どこかでミスしている。

 

ではでは(^○^)ノシ

 


 

トップページ

-仕事のやり方を変えるヒント

Copyright© トリビアとノウハウノート , 2020 All Rights Reserved.